お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

櫻井翔と滝沢秀明は不仲?夜会で13年振りの共演!真相が明らかに!?

      2016/10/13

7月14日に放送された櫻井有吉ザ夜会で
嵐の櫻井さんとタッキーこと滝沢秀明さんが
13年振りにテレビで共演を果たしました。
ファンの間では不仲説すら流れていた二人ですが、
その真相が明らかになりました。

スポンサーリンク

ほぼ同期の二人

タッキーさんはジャニーズ事務所に入ると
1995年に放送された木曜の怪談でいきなり
主演の大役に抜擢されました。

一方、櫻井さんの主な仕事は
バックダンサーでした。

櫻井さんが嵐としてCDデビューした頃、
タッキーさんはまだCDデビューはできずにいました。

やがてタッキーさんもCDデビューを果たし、
タッキーさんは演技の場で、
櫻井さんはニュースキャスターなどの場で
それぞれ活躍してきました。

しかし、長い間共演のない2人に、
いつしかファンの間では不仲説が流れるようになりました。

13年間テレビの共演はなく、
20年間プライベートでの交流もありませんでした。

USOジャパン

櫻井さんとタッキーさんが最後の共演となった
番組が「USOジャパン」です。

USOジャパンはTOKIOの国分太一さんと
タッキーさんがMCを務め、
嵐は2人の後ろに甘んじていました。

櫻井は滝沢が嫌い?

そんな状況が気にくわなかったのか、
櫻井さんは咳払いでタッキーさんの進行を妨害していました。

また、2002年にタッキーさんがCDデビューした時は
他の嵐メンバーが大きな拍手で祝福する中、
櫻井さんは音が出ないように小さな拍手をしていました。

滝沢も櫻井が嫌い?

櫻井さんのロケVTRが流れているときは
頬杖をついてつまらなそうに
VTRを見ていたタッキーさんが
何度もワイプに映っていました。

また、スタジオでも櫻井さんのトークには
クスリともしない滝沢さんの姿がありました。

2人きりのロケ

不仲説を払拭すべく、
夜会では2人きりのロケが敢行されました。

恵比寿横丁牛酒場

櫻井さんと滝沢さんの2人は
レトロな雰囲気のお店が所狭しと並ぶ飲食街、
恵比寿横丁に行き、
滝沢さんの行きつけのお店、
牛酒場、牛○に入りました。

ラビットトレイン

櫻井さんは滝沢さんと今井翼さんと3人で
光GENJIのヒット曲、「Rabbit Train」を
テレビで歌ったエピソードを明らかにしました。

その共演で滝沢さんが櫻井さんがいらないと
思ったのではないかと
スタッフが指摘すると、
それは違うと滝沢さんは否定ていました。

言の葉で対談

恵比寿横丁では周りがうるさく、
込み入った話ができないと判断され、
2人は別のお店を探して移動しました。

最近タッキーと呼び始めた

滝沢さんがお店に撮影交渉している間、
櫻井さんはタッキーと呼び始めたのが
去年の10月からであることを明かしてくれました。

それまでは20年の間、
ずっと滝沢くんと呼んでいたそうです。

滝沢さんの撮影交渉でOKが出た
「言の葉」に入り、2人は個室で語り合いました。

風間俊介からの質問

2人が共演すると聞き、
風間さんから手紙が届いていました。

2人の不仲説はジャニーズ事務所の中でも
有名だったようです。

いくら思い返しても2人が談笑している
景色が記憶にありません。
当時、滝沢くんは同世代のジュニアではなく
多くの後輩と行動を共にする兄貴的な存在でした。
対して、翔くんは同世代のジュニアと仲良くしていて、
あまり面識がない後輩のジュニアとは話さない
「一見さんお断り」スタイルだった記憶があります。
なので、接点はあまりなかったのではないかと思いますが
実際はどうだったの?

2人は確かにあまり接点がなかったことを認めました。

櫻井さんは今井翼さんと仲が良く、翼翔組とも呼ばれていたそうです。
滝沢さんは松潤さんや二宮さん、相場さんらと仲が良く、
活動するグループが違っていたため
自然と接点が減っていったといいます。

嵐メジャーデビュー当時

滝沢さんは嵐がデビューした当時、
めちゃくちゃ嬉しかったと意外な事実を明らかにしました。

当時は人気がある者がメジャーデビューするケースが多く、
ジュニア内でも圧倒的な人気を誇っていた滝沢さんが
次のグループに入るのは確実視されていました。

しかし、滝沢さんを差し置いて、
後輩達が嵐としてデビューすることになりました。

櫻井さんは「当然次はタッキーが…という空気の中、俺らなの?」
と負い目を感じしたそうです。

YOUはまだデビューさせられないから

嵐デビュー当時、滝沢さんは社長のジャニーさんから直接
「YOUはまだデビューさせられないから」
と言われていました。

当時はハングリー精神が強く、
応援したいけど素直になれない
ジュニアが多かったといいます。

そんな中、嵐デビューに嫉妬していた
ジュニアのメンバーを集めて、
滝沢さんは緊急会議を開催し、
気持ちよく嵐を送り出そうと話したそうです。

生田斗真からの手紙

2人の1年後輩、
生田斗真さんからも手紙が届いていました。

お2人とは20年前からの仲ですが、
滝沢くんと櫻井くんが2人で話しているのを
ほぼ見たことがないです。
当時ジュニアのリーダーだった滝沢くんはプロ意識が本当に高く、
しっかり者でみんなのお兄さんでした。
特に少し年が下の僕ら後輩世代は
[部活の延長]くらいの軽い気持ちしか持っておらず
そこ仲で最も[部活の延長]感を出していたのは櫻井くんです。
必死にジュニアを引っ張っていく滝沢くんと
へそピアスとカラコンをしてジャージ姿でレッスンに来て、
一番後ろの方から大人たちを睨みつけている櫻井翔。
仲が良いわけがない!でしょ?

滝沢の知らない櫻井のへそピアス&カラコン時代

みんな同じような感じが
つまんねえなあと感じていた櫻井さんは
2002年頃、へそピアスにカラコンをしていました。

滝沢さんはそのことを知らず、
一番距離があってほとんどつながりがなかったのは
その頃だったといいます。

櫻井さんはファンの間で滝沢さんとの不仲説が流れていたことについて、
「俺はちょっと理解できる」と語り、
滝沢さんのことを斜めに見ていたと正直な気持ちを明かしました。

「自分から離れていったと思う」と語る櫻井さんは
滝沢さんに謝りたいと話しました。

櫻井が秘めていた滝沢への思いとは?

例えばジャニーズジュニアが勢ぞろいした「8時だJ」の番組で、
ヒロミさんと肩を並べて番組を進行する滝沢さんを横で見ながら
「これって努力する意味あるのかな?」と
櫻井さんは感じていたと言います。

大人になったその大変さが分かった櫻井さんは
滝沢さんに対して後ろめたさを感じています。

今ではトップアイドルとして活躍する櫻井さんですが、
ジュニア時代は日の目を見ることがなく、
絶大な人気を誇る滝沢さんを
自然と避けるようになったと本音をぶつけました。

滝沢さんもその思いをどこかで感じ取っており、
当時はみんなが敵に見えていたといいます。

最後に櫻井から滝沢へ質問

櫻井さんはジュニアの人と話したときに、
今でも滝沢さんは後輩を大勢連れて
ご飯に連れていくことがあるという話を聞きました。

そっちに思いを注ぎすぎて自分のことが
手薄になっている時がないのか、
櫻井さんは滝沢さんへ質問をしました。

ジャニーさんへ恩返しがしたい

正直手薄になっている時もあるかもしれない
という滝沢さんですが、
一方でジャニーさんへの恩返しもしたいと話します。

「せっかくジャニーさんが見つけてきた子たちだから、
何かしらの魅力があるだろうし、失敗しちゃったらもったいない。
ジャニーズという歴史をつないでいくという作業も
1つの恩返しかなと思っている」

と滝沢さんは語りました。

 - バラエティ番組