お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

真田幸村上田城の秘密や城下町で蕎麦や日本酒の絶品グルメ!

   

3月21日のバイキングでは
今「真田丸」で話題の上田城を訪れ真田幸村(秘)ミステリーを徹底調査しました。
徳川家が攻め落とせなかった理由とは?本郷和人さんが同行し教えてくれました。
明治時代に売りに出されていた?
城下町「柳町」で絶品そば&酒蔵で地酒も!

スポンサーリンク

ゲスト

  • 音無美紀子
  • ラブリ

上田城のミステリー

長野県上田市にやってきました。

真田幸村は徳川家康を2度も追い詰めたことで有名です。
第一次上田合戦では真田軍2000人VS徳川軍7000人
第二次上田合戦では真田軍3500人VS3万8000人
という大差にも関わらず、徳川の大軍勢を撃破しました。

城の周りにはお堀があります。
今は水ははられておらずから堀となっている場所がありますが
真田の時代には水が張ってはったのではないかと考えられています。

真田石

正門には大きな石がおいてあります。
当時権力者は大きな石を持ってくることで
自身の力を誇示していたと考えられます。

それを一番最初にやり始めたのが織田信長です。
上田城の正門を入ったところにも同じように
真田石と呼ばれる大きな石が壁に埋め込まれています。

売られて遊郭にされた櫓

南櫓は明治時代には売られて、遊郭として使用されていました。
数奇な運命をたどりました。

梁には当時使用したと考えられるふすまの後が残っています。

しかも遊郭の頃は2つの櫓をくっつけて
一つの建物として使用していました。

それを昭和24年に上田市民が買い戻し現在の場所に戻りました。

幸村の心に秘められた家族愛

真田の家紋は六文銭です。
三途の川の渡し賃が由来だと言われていますが
幸村は大阪夏の陣ではその六文銭を使用していないのだと言います。

六文銭は徳川についた自分の兄・信幸の立場を思いやり
自分は豊臣方で六文銭を使用しませんでした。

金箔瓦

上田城には天守閣は存在していません。
上田城は戦いのための城であったため
最初から存在していなかったのではというのが通説なのですが
最近上田城の堀の中から金箔のついた瓦が発見されました。
ちょっとした城であれば金箔を使用しないので
上田城にはもしかしたら天守閣があったのではと言われ始めました。

削られた土塁

城の周りを見てみると
北東の鬼門にある土塁の角が削れています。
以前はその場所に櫓が2つあったそうですが
鬼門を避けるように建てられたため土塁が削られた珍しい造りだそうです。

地形を活かした野球場

広大な敷地内に野球場があります。
以前は堀だったその場所ですが
堀の斜面をそのまま利用し、観客席にしたりと
地形を利用して作った珍しい野球場です。

南の石垣の防御

南側の石垣の前には昔は川がありました。
自然の力を利用して南の防御を完璧にしていました。

遊歩道

遊歩道は歴史と共に変化を遂げています。
以前は堀であったというその場所ですが
昭和3年〜47年くらいまで真田傍陽線の鉄道として再利用されていました。
上田駅と真田の郷を繋ぐ足として活躍していました。

遊歩道には当時の駅のプラットホームが残っています。

長谷寺

上田駅から車で30分の場所にある長谷寺に来ました。
幸村の祖父が開いた寺で、真田3代が眠る真田の聖地です。
真田の墓へと行くと
真ん中に祖父幸隆の墓、向かって左に幸隆の婦人の墓、反対に父昌幸の墓があります。
その脇に幸村の墓(供養塔)がこじんまりと供養されています。

なぜかというと、幸村は大阪夏の陣で亡くなったため
お墓は大阪の安居神社にあります。
平成24年に安居神社の土を貰い受け上田市民が建てたのがこの供養塔だというのです。

六文銭風に置かれた小銭

墓には六文銭風に置かれた小銭があります。
お参りに来た人たちが、幸村を偲んでそのように置いているそうです。

真田神社

上田城内にある真田神社は、
上田城が2度の徳川攻めでも落ちなかったことから
受験の合格祈願の神社としても有名です。

真田兄弟は兄と弟が逆だった?

真田の兄弟にはある噂があります。

弟・幸村の幼名は「源次郎」
兄・信之の幼名は「源三郎」
であったため兄弟が本当は逆だったのではないかと言われています。

サナダムシの語源

寄生虫のサナダムシは、幸村が幽閉中に編んでいたという真田紐が語源だそうです。
当時の虫のイメージは
「全身のみで後に絶対下がらない」という前向きなもので
真田のイメージと一致したためです。

バーチャル上田城

VR上田城という無料アプリを使用しスマホをかざすと
江戸時代の上田城がバーチャル再現され
当時の様子をスマホを介して楽しむことができます。

城下町の柳町

全国お取り寄せ蕎麦第1位

蕎麦の町上田NO1の絶品蕎麦が紹介されました。
上田駅から徒歩10分のやなぎ町にある「手打百芸おお西」の
発芽そば1620円です。

水や素材にこだわった十割蕎麦で、香り高くとても美味しいそうです。

老舗酒屋の日本酒

創業350年の老舗酒屋「岡崎酒造」を訪れました。
上田市の歴史を持っています。
お店の日本酒はすべて試飲が可能です。

信州亀齢

 - 真田丸