お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

[バイキング]夏の毛髪ケア!白髪は戻る?プロがすすめるヘアケアは?

   

夏の紫外線や汗で夏は髪もダメージをうける時期です。
6月15日のバイキングでは夏本番になる前に正しいヘアケアを専門家に直聞きします。
髪は毎日洗ったほうが良いの?正しい髪の洗い方は?

スポンサーリンク

専門家

  • 馬渕知子先生
  • マブチメディカルクリニック院長

  • 井上哲夫先生
  • 国際毛髪皮膚科学研究所所長

髪の紫外線対策は?

帽子を被ったほうが良いそうです。
汗で蒸れて良くないのではと思いがちですが
頭皮や髪の毛を紫外線から守りましょう。

紫外線によってダメージを受けると頭皮はボロボロ
キューティクルもガタガタになってしまいます。

それでも蒸れが気になるならば
ムレにくい麦わら帽子や日傘などがおすすめです。

また、頭皮に日焼け止めを塗るという方法もあります。
サラッとしたタイプのものや、スプレータイプのものであれば
使いやすいと思います。

正しい髪の洗い方

髪の毛で泡立てず、手で泡を立ててから
頭皮を洗います。

洗顔用の泡たてネットなどを使用すると泡立ちやすくなります。

髪と頭皮は一緒に洗えませんので別々に洗います。
まず頭皮は
こすらずに”揉み出す”ということに気をつけます。

髪の毛は手ぐしを通す容量で泡をつけるだけでも大丈夫です。
髪の毛はこすってしまうとキューティクルが傷ついてしまいます。

髪は毎日洗うの?

基本的には毎日洗ったほうが良いです。
頭皮は額の倍の量の脂を出します。

朝シャンは良いの?

朝シャンは良くありません。

髪の毛は寝ている時に伸びます。
その前に頭皮を清潔にしておいた方が良いので
シャンプーしないで寝るという行為は良くありません。

白髪は黒に戻らない?

白髪は黒に戻る可能性があります。
白髪についてはまだまだ解明されていない部分が多いですが
髪はもともと白い色です。
そこにメラニンという黒い色素が入り黒い色になります。
メラニンが入らないと、白いまま生えて行くので白髪になってしまうのです。

なのでメラニンが髪に入るようなメカニズムを解明出来ると
白髪が黒髪に戻る可能性があります。

髪を黒くするためのメラニン工場は
貧血などが原因で働きが止まってしまいます。
貧血の人は髪が白くなりやすいという事がわかっているので
鉄分や葉酸、ビタミンBなどをとり、貧血を改善することが大切です。

ほかにも血行不良などが原因の場合もあるので
マッサージや運動なども大切です。

白髪は抜くと増える?

増えることはありません。
しかし髪の毛を抜いてしまうと毛根にダメージが残るので
そこから髪の毛が生えてこなくなってしまう可能性があります。

白髪はぬかずに、根本で切ってしまう方が良いです。

抜け毛は一日何本?

1日あたり50〜100本ほどの抜け毛は問題ありません。
抜け毛を気にし過ぎるとストレスで余計に抜けてしまいますので
あまり気にし過ぎないことが大切です。

しかし抜けた毛をいちいち数える人は少ないと思いますので
抜け毛のチェックポイントをご紹介します。

  • 枕に細い毛
  • 髪の毛は数年かけて成長をするので、
    成長しきった太い毛が抜けることは問題ありません。
    ですが成長段階の細い毛が抜けている場合は要注意です。

  • 毛穴に毛が1本
  • 髪は1つの毛穴から2〜3本ほど生えています。
    毛穴から1本しか毛が生えていない場合、
    栄養が行き届かず、薄毛抜け毛の原因になっています。

  • 抜け毛の毛根が細い
  • 栄養が行き渡っていない証拠です。

  • 頭皮が動かない
  • 硬くこってしまって血流が悪くなっています。

髪に良い食べ物は?

豚の角煮です。

わかめを食べると良いというのは実は嘘です。
髪はケラチンというタンパク質で出来ているので
肉や魚などを食べながらバランスの良い食事を心がけて下さい。

豚の角煮(とくに皮付き)には
コラーゲンが含まれ、皮膚の生成に役立ちます。

傷んだ髪にツヤは戻る?

完全に復活させるのは難しいですが
傷んだ髪でもケア次第である程度復活します。

おすすめはヘアオイルを使用することです。
濡れた状態でオイルを使用するとオイルが髪全体に広がりやすく
ベタつきが残りにくくなります。

その後ドライヤーで乾かすときも
熱から髪を守ってくれます。

プロおすすめヘアケア

プロがおすすめするヘアケアが紹介されました。

頭皮マッサージ

動きにくい頭頂部からほぐそうとしても痛いので
頭皮の動く場所から、頭皮を動かしていきます。

頭皮を動かすように側頭部から頭頂部に向かってもみます。

ブラシは洗う

ブラシで叩いたり、ブラッシングも良いのですが
ブラシはきちんと洗わなければ汚れがたまります。
そのせいで炎症をおこすことも考えられるので
衛生的な状態を保てるのならば、ブラッシングも良いでしょう。

頭皮に化粧水

顔用でも良いので、頭皮に化粧水をつけます。
そうすることで頭皮の乾燥も防げます。

 - バイキング