お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

[バイキング]健康美肌味噌汁の作り方!出がらしの茶葉を浸かってデトックス!?

   

3月28日放送のバイキングでは
健康長寿味噌汁を特集しました。
長寿全国1位の長野県では味噌の消費量が多いのです。
さらに味噌汁とより健康的に摂取する方法を
栄養士の足立香代子先生が教えてくれました。

スポンサーリンク

大豆イソフラボン

味噌に含まれる大豆にはイソフラボンがあり
女性ホルモンに似た作用が期待できます。
美と健康に良い食材なのです。

にんじんジュース味噌汁

  • 1、水に煮干しを入れ熱します
  • 2、ブロッコリーを加えます
  • 3、にんじんジュースを加えます(だしとにんじんジュースは1:1)
  • 4、器に盛ったら生卵を加えます
  • 5、焼き海苔を添えます

煮干しにはカルシウム
ブロッコリーにはビタミンCやスルフォラファン
にんじんにはβカロテン
生卵はタンパク質が豊富で
海苔は認知症予防にも良いと言われています。

若返りマイナス5歳味噌汁

  • 1、カツオ節で出汁をとります
  • 2、トマトに十字の切り込みを入れたらまるごと鍋へ入れます
  • 3、オクラを輪切りにして鍋に入れます
  • 4、白味噌を加えます
  • 5、レモンをスライスしたものを食べる食前に入れます

カツオ節には必須アミノ酸が含まれ、肌の元になります。
トマトにはリコピンが含まれ抗酸化力に優れています。
オクラの食物繊維が腸内環境を整え
白味噌は塩分が赤味噌の半分と言われています。
レモンには美肌に良いビタミンCが含まれています。

余り物で腸内デトックス味噌汁

冷蔵庫で余りがちな物を使用したデトックス味噌汁です。

  • 1、水に昆布をハサミで小さく切ったものを入れ熱します
  • 2、しいたけの軸を細かく切って鍋に入れます
  • 3、大根の葉を入れます。
  • 4、出がらしのお茶っ葉を加えます
  • 出がらしは4人前で大さじ1ほどで良いそうです。
    お茶の味が出てしまわないように2回ほどは飲んだ出がらしが良いということでした。

昆布には食物繊維があるのでそのまま食すのが良いそうです。
しいたけの軸には栄養がたっぷり入っています。
煮こむことでしいたけの軸も食べやすくなります。
大根の葉にはほうれん草の1.5倍の鉄分と5.5倍のビタミンCが含まれています。
出がらしお茶の葉にはカテキンがまだいっぱい残っていて
抗酸化作用が期待できます。

他にも
・魚のアラ(EPA・DHA)
・サンマの骨(カルシウム)
・ごぼうの皮(食物繊維)
・エビの殻(アスタキサンチン)
などを入れても良いそうです。

魚の骨は焼いてから入れたほうが良いということでした。

味噌の保存方法

ラップに包み、空気に振れないように冷蔵庫で保存します。
また冷凍庫での保存も可能ですが
風味が落ちるので、なるべく早く消費するのがオススメです。

 - バイキング