お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

巨人軍現金授受は敗退行為ではない!ファン離れはさらに加速へ!?

      2016/04/18

3月14日、プロ野球巨人軍の森田清司総務本部長が
1試合当たり14万円が動いていたことを明らかにしました。
げんかつぎであり、敗退行為ではないとの説明でしたが
ファンの心にはどのように響くのでしょうか。

スポンサーリンク

敗退行為ではないと説明

これは試合前の声出しと呼ばれる発声を行った選手に対して、
試合に勝てば全員から5000円ずつを受け取り、
負ければ全員に1000円ずつ支払うというものだったそうです。

チームの士気を高めるためのげんかつぎであり、
故意に敗退する意味の敗退行為ではないと
森田さんは説明しました。

連勝中は声出し担当が替わることはないそうです。
勝ち続ければ金額が増えていくとも報道されていましたが、
これについては森田さんは否定しました。

どうなる?野球人気

野球人気の低迷が叫ばれて久しいこの頃ですが、
今年に入ってからも清原容疑者の逮捕や
ジャイアンツの高木京介選手の報道などがあり、
開幕を前に野球ファンにとって、
とかくジャイアンツファンにとっては悲しい報道が続いています。

なぜもっと早くに発表しなかった?

今回発覚した金銭授受は2012年から行われていたそうです。
たとえ敗退行為とは関係がないとしても
なぜもっと早くに発表しなかったのかという疑問が浮かびます。

巨人軍にはただでさえ
お金に関するマイナスなイメージがあったのですから
もっと早く発表するべきだったと思います。

高橋新監督が謝罪

高橋由伸新監督はこの報道を受けて謝罪し、
「詳しい報道内容は知らないが申し訳ない。」
と話しました。

現金授受は公式戦に出場した
全選手の間で行われていたそうですので、
高橋監督が知らないはずはありません。

すべてを明らかに

巨人軍にまつわるネガティブな報道が続く中で
今年から監督を務める高橋由伸監督に関して
今まではいささか不憫な気がしていました。

しかし今回の現金授受問題に関しては当事者ですので
そういった思いもありません。

高橋監督はプレーで信頼回復していくしかないと話しましたが、
完全に膿を出し切ってくれないことには
素直な気持ちで応援する気持ちになれません。

致命傷にならない内に、
そして野球人気回復のためにも
早くすべてを明らかにして欲しいと願います。

 - スポーツ