お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

雪にお湯をかけてはいけない!家庭にある塩で凍結防止も

      2016/01/26

寒波の到来で先日まで暖冬暖冬と騒がれていたのがウソのような寒さが訪れ
場所によっては雪が積もりましたね。
雪かきをしていて思ったことはありませんか?
お湯をかけたら溶けるのではないかと。
今回は何故皆お湯をかけないのか、その理由を調べてみました。

スポンサーリンク

お湯をかけると凍る

お湯をかければ確かに一瞬かけた場所は溶けますが
あっという間に周りの雪に急速に凍らされ大変なことになってしまいます。
舗道や玄関先の雪を溶かすためにお湯をかけることは絶対にやめましょう。

スケートリンクを作る方法

雪国では野外にスケートリンクを作る時にお湯を撒きます。
水だとすぐに凍ってしまい、がたがたの表面のリンクになってしまうのですが
お湯を撒くと少し広がって平らになって凍るためつるつるのアイスバーンが出来ます。
つまり大変滑りやすくとても危険です。絶対にお湯を撒かないで下さい。

こまめな雪かきを

雪が大量に積もってから雪かきをするのでは
下の層の雪が凍ってしまい、のちのちの除雪が大変です。
雪が少ないうちから雪かきをしましょう。
snow

塩化カルシウムや炭を撒く

範囲があまりにも広い場合は塩化カルシウムや炭を撒くのも効果的です。
ホームセンターなどで20kg2000円ほどで手に入ります。
炭は太陽光にあたると熱を発するため、天気が良くなってきたら散布するのも良いでしょう。

こちらはペットボトルに入っている塩化カルシウムです。
保管や散布も楽です。

凍結してもササッと安心 2kg【雪/融かす/溶かす/積雪/降雪/融雪剤/凍結防止剤/塩化カルシウム/凍り/氷/PET/ペットボトル/玄関/駐車場/階段/4519765881398】【RCP】【P23Jan16】

価格:798円
(2016/1/26 09:55時点)
感想(1件)

普通の塩でも良い!?

また凍る前の状態でしたら塩を撒くことで、アイスバーンが出来にくくもなります。
水に不純物が多く含まれるほど凍る温度が低くなり、凍結しくくなるためです。
雪がつもる前に玄関先などに撒いておくのも良いでしょう。
普通の塩でも良いですが、食用でなければ大量に安くホームセンターにも置いてあるそうです。

しかし植物などや錆びやすいのもの(自転車等)が近くにある場合は注意して下さいね。

雪国の常識…。でも知らなかった

雪国の人にとっては常識かもしれませんが
雪に慣れていない地域の人のなかには、
お湯をかけることを思いつく人がいるかと思い書かせていただきました。

 - お役立ち情報