お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

SMAP解散を希望した数名のメンバーとは?森君のコメントは?

      2016/08/14

2016年8月14日、ついにSMAPが解散することが明らかになりました。
メンバー全員が事務所を通じてコメントを発表すると、
テレビでは一斉に速報が流れ、
14日のスポーツ紙では各紙が一面で報道しました。
活動期間は2016年12月31日まで。
メンバーは全員事務所に残留するということです。

スポンサーリンク

2016年12月31日SMAP解散

SMAPは2020年の東京オリンピックにも協賛していることから、
当面解散はないものと思われていました。

しかし、8月13日になって事態は急変。
一部メディアが14日に活動休止を発表すると報じました。

それから間もなくして、
今度はサイゾーウーマンが活動休止ではなく、
8月14日にSMAPが解散を発表すると報じたのです。

そして8月14日になるとSMAP全員のコメントと共に、
ジャニーズ事務所からSMAP解散が正式に発表されました。

サイゾーウーマンの報道は真実でした。

メンバーコメント全文

メンバー全員のコメントは以下です。

中居正広さん

「ファンの皆様、関係各位の皆様、
我々SMAPが解散する事をご報告させて頂きます。
ご迷惑をお掛けしました。ご心配をお掛けしました。お世話にもなりました。
このような結果に至った事をお許しください。
申し訳…ありませんでした…」

木村拓哉さん

「この度の『グループ解散』に関して、正直なところ本当に無念です。
でも、25周年のライブもグループ活動も5人揃わなければ何も出来ないので、
呑み込むしかないのが現状です。
沢山の気持ちで支えて下さったファンの方々、
スタッフの皆さんを無視して『解散』と言う本当に情け無い結果になってしまいました。
今は言葉が上手く見つかりません」

稲垣吾郎さん

「ファンの皆様、スタッフ関係者の皆様、
この度はご心配ご迷惑をお掛けして本当に申し訳ございません。
今の状況で五人での活動は難しいと思い、
辛い決断ではありますが『解散』という形を取らせて頂く事になりました。
どうか僕達の意思をご理解頂けたらと思います。
28年間本当にありがとうございました」

草彅剛さん

「この度僕たちSMAPは解散する道を選びました。
いつも応援してくれたファンの皆様、支えてくれた関係者の皆様、
グループ結成から28年間本当にありがとうございました。
今後も精進して参りますので引き続き、
温かく見守って頂けると嬉しく思います」

香取慎吾さん

「ファンの皆様、そしてスタッフ関係者の皆様。
僕らSMAPは解散いたします。
応援して下さった沢山の方々に心より感謝申し上げます。
そして突然のお知らせとなりましたこと、深くお詫び申し上げます」

コメントから垣間見えるメンバーの真意とは

メンバーから発表されたコメントは
何れもそれぞれのキャラクターが反映された
印象的なコメントでした。

中居さんは自我を抑えたリーダーらしいコメントです。

木村さんはSMAP解散を「情け無い結果」と表現しており、
SMAP活動継続を願っていたことが分かります。

稲垣さん、草彅さんは「ありがとう」という言葉を使い、
香取さんは「感謝」という言葉を使っています。
これは解散に肯定的だったことを示すと共に、
今後のソロ活動に対する危機感の現れのようにも思えます。

休むより解散したいと主張した数名のメンバーとは

報道では当初は解散ではなく、
活動休止の方向で協議されていたといいます。

しかし、数名のメンバーがこれを固辞し、
解散という道が選択されました。

ここで気になるのはこの「数名のメンバー」とは一体誰なのか、
ということです。

報道では木村さん以外の4人と報じるメディアもありますが、
これまでの経緯やコメントを見ると、
中居さんは微妙な気もします。

稲垣さん、草彅さん、香取さんは
「数名のメンバー」の中に入っていそうですね。

森且行のコメントは?

2016年現在はただ一人の「元」SMAPメンバーである森さん。
SMAP解散決定を受けて何を思うのか
大いに気になるところです。

2014年の27時間テレビでは
森さんからの手紙が朗読され、
メンバーが涙を流す場面もありましたが、
あれからたったの2年で
SMAPは解散することになってしまいました。

解散決定報道があった14日、
森さんはオートレースを統括するJKA広報を通じて、

「この度のSMAP解散報道の件については、
私自身も今朝初めて知ったことですので、
コメントは差し控えさせていただきます」

とコメントを発表しました。

様々な大人の事情があり難しいのかもしれませんが、
解散前にもう一度だけで良いので、
6人のSMAPが見たいですね。

note

SMAP解散騒動

2016年1月に突如勃発したSMAP解散騒動。

SMAPをデビュー当時から支えてきたチーフマネージャが
SMAP5人を引き連れてジャニーズ事務所を退社し、
独立しようとしたことに端を発しました。

木村が残留の意志を表明

これにNOを突き付けたのが木村さんでした。

結果として、チーフマネージャはジャニーズ事務所を退社し、
木村さんを含むSMAPメンバー全員が
ジャニーズ事務所に残留しました。

しかし、デビュー当時からお世話になった
チーフマネージャを裏切る恰好となってしまった
木村さんと残りの4人のメンバーが対立。

解散報道直後の1月18日に放送された
SMAP×SMAPの生放送での謝罪は
視聴率30%を超える大きな注目を集め、
中居さんを始めとする木村さん以外のメンバーの
沈痛な面持ちが話題となりました。

一旦は解散を回避

SMAP×SMAPでの生放送で活動を継続する意思を示したことで、
一旦は解散は回避されたものと思われていました。

しかし、その後もビストロSMAPでの
木村さんと香取さんの微妙な距離感や
勝利してもハイタッチしないことなどが
その度ネットなどで大きな話題になっていました。

ビストロSMAPはかつては観客を入れて収録が行われていましたが、
あまりの不穏な雰囲気のためか、
解散騒動以降は観客を入れずに
収録が行われていたといいます。

明日へコンサート2016に出演

3月12日に収録されたNHKの明日へコンサート2016に
SMAPは全員そろって出演しました。

解散騒動後、初めて5人揃って
ファンの前でパフォーマンスを行ったステージで

  • オリジナルスマイル
  • この瞬間、きっと夢じゃない
  • 世界に一つだけの花

を披露しました。

夏の大型音楽特番への出演を辞退

「明日へコンサート2016」に出演し
ファンを安堵させたSMAPでしたが、
7月16日放送のTBS「音楽の日」と
7月18日報道のフジテレビ「2016 FNSうたの夏まつり~海の日スペシャル~」への
出演を相次いで辞退し、
ファンの脳裏にはまたしても解散の2文字がよぎりました。

両番組には毎年出演しており、
特に「音楽の日」は中居さんが司会を務めていたことからも
やはり事態が深刻であることがうかがい知れました。

メディアの取材に対し、ジャニーズ事務所は

「今年は新曲のリリースをしておらず、
十分なパフォーマンスができない」

と答えましたが、
当然ファンは納得することなどできませんでした。

27時間テレビで解散騒動に言及

7月23日深夜に27時間テレビの中で放送された
「さんま中居の今夜も眠れない」では
さんまさんがSMAP解散騒動について
中居さんに鋭く詰め寄る一幕がありました。

冒頭でこの話題に触れたさんまさんは

「頼むからファンのために歌だけは歌ってくれ」

とファンの気持ちを代弁してくれましたが、
中居さんは終始苦笑いすることしかできませんでした。

また、番組中さんまさんは2015年の年末特番、
「さんま&SMAP!美女と野獣のクリスマススペシャル 」で
SMAPがジャニーズ事務所から独立しようとしているというウワサを聞いていて、
現場が大変であった他、
放送自体も見送られる可能性があったことを明かしています。

自身のラジオ番組「ヤングタウン土曜日」でも話していましたが、
メンバーのトークに誰も被せてこようとはせず、
CM中も終始暗い雰囲気だったそうです。

コンサート開催不可

SMAPは今年9月には活動25周年を迎えることになっていました。
ファンとしては当然25周年記念コンサートを心待ちにしていましたが、
これを良しとしなかったのが香取さんです。

SMAPの中で一番年下である香取さんは
特にチーフマネージャに可愛がられていたといわれ、
チーフマネージャの退社に相当なショックを受けたといわれています。

これまでのコンサートの演出において、
大きな役割を果たしていたのが香取さんであるため、
香取さんがやる気を起こさない限り
コンサートの開催は不可能でした。

社長を交え何度も交渉を重ねてきましたが、
香取さんは長時間木村さんと仕事をするのは無理という理由で、
ついにコンサートが開かれることはありませんでした。

kaidan

今後はソロ活動へ

収束したかに思われていたSMAP解散騒動は
内部ではくすぶり続けており、
結局は解散という結果になってしまいました。

しかし、SMAPは解散してもメンバーのソロ活動は続き、
全員がジャニーズ事務所に残留するということであれば
もしかしたら再結成という可能性もゼロではありません。

わずかな希望を残しながらも
世界に一つだけの花や夜空ノムコウなどの
数々の名曲が聴けなくなると思うと残念でなりません。

2016年8月14日は日本の芸能史にとって
大きな節目の日となりました。

 - SMAP