お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

[しくじりアワード2015]ガラでもないことやってくれた大賞

      2016/01/15

21日のしくじり先生はしくじりアワード2015でした。
ガラでもないことやってくれた大賞の栄冠は誰に?

スポンサーリンク

ガラでもないことやってくれた大賞

以下の先生がノミネートされました。

新垣隆

人に頼み事をされると断れない新垣。
18年間ゴーストライターをやっていました。
ガレでもなく壁ドンや即興ソングをしました。

浅田舞

天才の妹を持つ姉でしたが、グレてしまいました。
親から「舞の教育は失敗だった」と言われた浅田舞は
のけ反りながら「そりゃナイワー」と
ガラにもないポーズ(イナバウワーのポーズ)で表現しました。

鈴木宗男

平成14年、ワイロを受け取った罪で逮捕された鈴木宗男。
家庭を顧みずに仕事ばかり優先していました。
子育ての教訓をガラでもない替え歌で表現しました。

クレイジーケンバンドの「タイガー&ドラゴン」に乗せて
「子どもの子どもの子どもの話を聞け〜週末だけでもいい」
と歌いました。

堀江貴文

何でもお金で買えると思っていた堀江は
大阪近鉄バファローズ30億円で買おうとしました。
当時買収に失敗し、東北楽天イーグルスが誕生しました。
2013年に初の日本一に輝いた瞬間を見ていた堀江は
「ちょっと待ってちょっと待ってお兄さん、楽天優勝って何ですの?」
(ラッスンゴレライのリズムで)と思ったそうです。

辺見マリ

洗脳されてしくじった辺見マリは
洗脳から解放されていることをガラでもないセリフで叫びました。
「安心してください、解けてますよ」
(安心してください、はいてますよのノリで)

大賞は・・・!?

大賞は堀江貴文と浅田舞でした。
2人は新作のガラでもないことを披露しました。

堀江:藤崎マーケットとコラボし、マママイ体操
浅田:ハライチ澤部とダンソン

 - しくじり先生