お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

[しくじり先生]吉村明宏が登壇!ピーク時の年収月収は!?

      2016/02/09

2月8日のしくじり先生は
和田アキ子さんのモノマネでおなじみの吉村明宏さんが登場しました。
アッコにおまかせしすぎちゃった吉村先生が
「虎の威を借る狐」にならないための授業をしました。

スポンサーリンク

アッコにおまかせしすぎちゃった先生

  • 生年月日:1957年12月22日
  • MAX月収:1000万円
  • 和田アキ子のモノマネが得意
  • アッコにおまかせ!レギュラー13年、担当した中継コーナーが大人気
  • 番組最高視聴率:20.2%

アッコにおまかせを降板

アッコにおまかせを降板し、
それまで11本あったレギュラー番組が0本になりました。

吉村さんはアッコさんの隣にいるからみんながよくしてくれるのに
それを自分の実力だと勘違いして威張ってしまいました。

吉村さんはアッコさんの腰巾着でした。

吉村さんが腰巾着になるまで

MCを目指すも全く売れなかった

デビュー当時、吉村さんは
ぎんざNOW!という大人気素人参加型バラエティ番組で
アッコさんのモノマネをしました。

そこからMCを目指した吉村さんでしたが、
10年間も鳴かず飛ばずで
イベントの司会などをして生計を立てていました。

吉村さんは自分の器のサイズを知り、
挫折してしまいました。

手段を選ばずに売れたい

たまたま司会を見てくれたホリプロのマネージャが
ホリプロに来ないかと誘ってきました。

ホリプロに入った吉村さんは
アッコにおまかせの中継リポーターに大抜擢されます。

ここで吉村さんは芸能界の女番長アッコさんを
イジって笑いをとる作戦に出ました。

  • 呼び捨てにする
  • バケモノ扱いする
  • アッコさんのモノマネをかなり誇張する

この作戦でアッコさんは大笑いし、
吉村さんはアッコさんのお気に入りになりました。
番組内で一目置かれる存在になっていきました。

人気者になった吉村さんは30歳で年収1億円になりました。

ありえない勘違い行動

誰の目から見ても売れたのはアッコさんのお陰ですが
当時の吉村さんは「俺の実力超スゲー」と思っていたそうです。

冠番組がスタート

クイズを出題する生放送番組がスタートしました。
アッコさんからも「お前も一人前になったな」と言われます。

そして俺も和田アキ子になれるかもと、勘違いをしてしまいます。

  • 「この台本なにが面白いの?」とダメ出し
  • 番組の内容を説明されて「お前がやれ!}とキレて帰る
  • 「もう撮れ高、十分だろ!」と勝手にロケを切り上げる

アッコさんが言うと「ありがたい」と思われても
吉村さんが言うと「お前が言うな」と思われます。

アッコの忠告

そんな態度で仕事をしていた時、アッコさんから
「お前、スタッフに嫌われてるで!」と注意されました。

しかし、しくじりに気づいていなかった吉村さんは
「おっと、アッコさん嫉妬ですか?」と思ったそうです。

番組が終了

スタッフとの仲が最悪な状態だったため
面白い番組など作れる訳なく、その冠番組は1年で終了しました。
その時も吉村さんは反省するどころか
「スタッフが全部悪い」と決めつけていました。
自分は人気リポーターなので、低視聴率な訳がない。

しかし周りには、「吉村はアッコさんがいないとなにも出来ない」という
レッテルが貼られてしまいました。
それでもまだ吉村さんは、反省をしていませんでした。

アッコにおまかせ降板

次は良いスタッフと番組をやれば大丈夫と思っていた矢先
アッコにおまかせの降板が決まりました。
今思うとアッコにおまかせの中継でも横柄な態度をとっていました。

アッコにおまかせが終わると一気に仕事が激減してしまいました。
幼い2人の娘がいるのに仕事が減っていく中で吉村さんは
更なるしくじりを犯します。

和田アキ子ありき

家族を養わなければならない中で吉村さんは奮闘しました。
しかし何をやってもあまりウケません。
なぜなら吉村さんの芸は全て和田アキ子ありきの芸だったからです。

アッコさんに失礼なことを言う

アッコさんが怒る

笑いが起きる

MCをやったプライド

アッコさんがダメなら他の大物をいじれば良いのですが
一度はMCまで登りつめたプライドが邪魔をします。

そんな中、二時間ドラマの開始15秒で出番の終わる仕事が来ます。
吉村さんの事務所には船越栄一郎さんや片平なぎささんなど
2時間ドラマの帝王と呼ばれる2人がいました。
結局事務所バーターとしてテレビ出演をするという
出たての頃のようなことを17年間続けました。

それでも良いこともあった

仕事がなかったため、
家族のと過ごす時間を多くとることができました。
そして思ったのです。

俺は仕事が減ったんじゃない
家族のために仕事をセーブしているんだ!

娘との距離

しかし上手くいっていると思っていた娘との距離は開いていってしまいました。
今大学1年生と高校2年生ですが、父が吉村明宏だということを隠していました。

テレビで生意気なことを言っている吉村の娘だといじめられたこともあったそうです。
もう学校行事に参加しないで、と娘に言われ
吉村さんは娘にタレントとしてのカッコイイ姿を見せられず
タレントの娘のしんどい部分しか与えてやれなかったことに気が付きました。

妻からも

「あの人は今」などの番組へ出演し
ヒマである恥ずかしいエピソード等を話していた吉村さんですが
妻からも、
「出来れば娘のために恥ずかしい出方はしないで欲しい」と言われてしました。
なので実は今回のしくじり先生のオファーも躊躇しました。

アッコからの言葉

アッコにおまかせの最終日、アッコさんから
「本当のスタートはここからやで」と声をかけられました。
要所要所で本当に良いことを言ってくれたアッコさんに感謝をしていましたが
実はまだ、「いつかまたアッコさんが助けてくれるのではないか」とも思っていました。

なので現実を見ないで、
奥さんや娘さん達を苦しませる
しくじり人生を17年も送ってしまったのだと語ります。

メッセージ

最後に自分の力だけで大きくなったと勘違いしている人へのメッセージをくれました。
「人は必ず誰かに頼って生きていくもの」

吉村さんはそれを認めないで、
自分一人の力だと勘違いしてしくじってしまったのです。
そして今は
「人から頼られる人間になりたい」
こう決意して生きています。

 - しくじり先生