お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

真田丸4話「挑戦」ネタバレと感想!ついに信長登場

   

真田丸第四話「挑戦」のストーリーネタバレと感想です。
織田信長に呼び出された真田は一体どうなってしまうのでしょう。

スポンサーリンク

諏訪へ

織田信長と対面するため、幸昌と信繁は諏訪を訪れます。
そこで先に到着していた室賀に会いました。
「あの密書のことを信長は知っている。
信長にひたすら頭を下げて詫びよ」と室賀は助言してきました。
自分で信長に真田の密書を届けておいて今更…、と
昌幸は「小さき男よ」と呆れてしまいます。

穴山梅雪の恐れ

同じ頃、元武田の家臣・穴山梅雪は小山田の一件で
自分も罰せられるのではと怯えていました。
家康はそんな穴山に「同じ裏切りでも格が違うので大丈夫だ」と言います。

家康と昌幸

昌幸は昔、家康を手痛い目に合わせたことがあり
家康はそれを心の奥で根に持っています。
そんな因縁の2人はこの時初めて相見えました。
しかし、昌幸は家康を追い詰めたのは自分ではないと白を切ります。

信長への献上品

昌幸は信長への献上品を家康に相談しました。
家康は信州は良い馬が多いので馬が良いのではないかと提案します。
昌幸はそれは良いと言って馬を用意することに決めました。

小山田茂誠と梅

真田の郷では、父と弟を心配する信幸がいました。
そんな折、信幸は怪しい行動をする姉の松と梅、そしてきりを見かけます。
松は、梅の兄・作兵衛に匿われた夫の茂誠と密会していました。
信幸は茂誠に遠くへ逃げろと言ったにも関わらず
まだこのような所にいた事を咎めようと乗り込みます。
が、一足先に気がついたきりの機転で、なんとか信幸をやりすごします。

しかし信幸は気が付きながらも今回も2人を見逃したのでした。

上杉への密書

諏訪では、昌幸は織田信忠に上杉へ送った例の密書について言及されていました。
それをひょうひょうと交わす昌幸。
信忠を納得させかけたとき、家康が
「これは偽の書状では?本当に上杉から誘いがあったのか?」と
痛い所を突っ込んで聞かれてしまいます。
本当は全て昌幸の策略で、真田を重要視させるための工作です。
家康は昌幸の行動を読んでいました。
しかし昌幸は動じることなく
「誠のことだ。上杉に尋ねてみるが良い」と堂々と言ってのけました。
とうとう家康が折れて、真田を認めざるを得ませんでした。

織田信長

ついに織田信長と対面しました。
そして織田に身を寄せるかわりに沼田城と岩櫃城を
織田に差し出すことになってしまいました

信長との対面が終わったその日
信繁は織田信長が明智光秀を
酷く罰している姿を偶然目にしてしまいました。

松を人質に

無事真田の郷へ戻った昌幸と信繁は
皆に織田と無事交渉が済んだことを報告しました。
しかし、安土に人質を出さなければいけないと言います。
信繁は姉の松を推薦しました。
安土へ行く使用人の中に夫の茂誠を密かに混ぜて
2人で昌幸の目の届かないところで暮らしてもらうためです。
夫婦だということはもちろん隠さねばなりませんが
1〜2年すれば昌幸も許してくれるかもしれないと考えてのことでした。

安土城

松を送り届けることになった信繁は安土の繁栄ぶりに度肝を抜かれます。
そこは異国人が行き交う、今までの日本とは違う空気が漂っていました。
その空気に信繁は、これはこれからの日本の姿だと感動します。

本能寺の変

これで真田も安泰だと思った矢先、
本能寺の変が起こりました。
再び従う主君を失い、真田は生き残りの道を模索することになりました。

4話終わり

感想

信長、やっと出てきたと思ったらあっというまに出番が終わりましたね。
真田のことをメインとして描く限りしかたのないことですが
そのあたりが意外とあっさり終了してしまったことに
なんとなく物足りなさを感じてしまいました。

まだまだ主人公の信繁の活躍もさしてありませんし先は長いですね。

 - 真田丸