お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

真田丸11話「祝言」ネタバレ感想!梅キリの女のバトルと室賀の最期!

   

真田丸第11話「祝言」のストーリーネタバレ・感想です。
本多正信に呼びだされた室賀は、家康と密談をしました。
なにやら不穏な動きです。

スポンサーリンク

室賀の裏切り

家康は沼田城を明け渡さない真田に苛立っていました。

そこで室賀に、真田が上田城を一人で預かるという約束を交わした事を告げます。
室賀の名も他の小県衆の名も書かれてはいないことに
室賀は国衆で信濃を納めようと言った昌幸の言葉に疑いを抱きます。

そして本多正信からは
昌幸を亡き者にし、長男信幸に真田の家督を継がせるように言われます。

梅を側室に

正室とは家と家を繋ぐもの。
よって梅は側室にしかなれません。
しかし、信繁は梅以外に嫁は娶らないと言います。

側室とは普通祝言を挙げぬものですが
信繁は梅と祝言を挙げたいと言いました。

父や兄は結婚にも祝言にも賛成してくれましたが、母は反対でした。
信繁にはいずれ京の由緒ある家から嫁を貰うつもりでいたのです。
(母薫は京の公家出身です)

薫の説得

三十郎や佐助が薫を納得させるために暗躍します。
三十郎は薫に百合を持ってきました。
佐助は良い香りの香を密かに薫の部屋の屋根裏で焚きます。
少しでも薫の気分を良くして話を聞いてもらおうと思ったのです。

その効果か、少し態度が軟化した薫でしたが
途中でバレてしまいました。

好きだから一緒になりたいのだとストレートに言えば良い物を
小細工ばかりして、と逆に怒らせてしまいます。

昌幸が説得を

信繁は薫の説得に失敗したので昌幸に相談しました。
昌幸はそれを受けて薫の元へ行くのですが、
結局側室としては認めてもらえたものの
祝言は認めてもらえませんでした。

キリの秘めた想い

キリは梅の懐妊を知り、内心動揺していましたが
梅に祝いを渡しに行きました。
祝いを述べるも
二人の仲睦まじい様子を見て影で泣いていました。
そこに信幸がやってきます。

ひっそりと祝言を

信幸は昌幸も薫の説得に失敗して
祝言が挙げられないことを告げにきました。

梅と信繁の祝言は仲間内のみでひっそりと行われました。
梅の家で皆で飲んで祝言としました。

室賀に探りを

上田城の完成祝いに室賀がやって来ました。
上田城は誰の城だ、という室賀の質問に対して
昌幸は勿論我ら国衆の為の城だと応えますが
室賀は納得していないようでした。

徳川と室賀が通じている事を疑っていた昌幸は
室賀に浜松(家康の領地)のうなぎの話しをしますが
室賀は浜松など行っていないとシラを切ります。

室賀の動き

室賀は再び家康を訪ねました。
最初こそ、幼馴染である昌幸を討つことなどやはり出来ないと言いましたが
もしも昌幸を討てたのなら家康からの信頼も得られる、
と本多にそそのかされます。

祝言を口実に

昌幸を裏切り討とうとする室賀の動きは昌幸にも伝わりました。

なのでこちらから迎え撃つ策を打つことにしました。
おびき寄せる餌として、信繁と梅の祝言を利用することにしました。

祝言を挙げられないと思っていた信繁と梅は
そうとは知らずに喜びます。

祝言の日

祝言の日、キリはいつものように信繁を茶化しちょっかいを出します。
それを見た梅はキリを呼び出し、
信繁は自分の夫となったのだ。私達に構わないでと言います。
キリは「妻になった途端偉そう…」と言いますが。
梅は言いづらそうに「だってキリちゃんの気持ちも分かるから」と。

キリは梅に、まだ信繁の事が好きなのでしょうと言われます。
その言葉にキリは「何言ってるの」とはぐらかしながらも
動揺を隠せませんでした。

祝言の裏で

祝言が始まりました。
信幸は妻のこうに、信繁を祝言の席の広間から出してはならぬと言いつけます。
こうは訳が分からないながら、なにかを察し頷きます。

祝言の席では信幸が室賀を
「久しぶりに囲碁勝負でもどうかと」誘い出しました。
室賀の方は室賀で、絶好のチャンスと思い誘いに乗ります。

しかし潜んでいた室賀の手下は出浦に成敗されていました。

キリが出て行く

祝言の席では楽しい宴会が続いています。
キリにもこちらで飲もうと声をかける信繁と梅ですが
キリは「遠慮しておく」と言って席を外しました。
「なんだあいつと不審に思いながらも信繁はあまり気にしませんでした。」

その後、兄信幸が祝言の席にいないことに気づいた信繁は
探しに部屋を出ようとしますが、すかさず兄嫁のこうが足止めをします。

室賀の最後

囲碁勝負を続ける室賀と昌幸。
昌幸は、室賀の裏切りを知っていることを告げました。
懐に隠し持っている小刀も指摘し、
刺客もすべて片付けた。お前の負けだ。と告げました。

室賀と昌幸は幼馴染でもあります。
近くで産まれ、同じような人生を歩んできました。
昌幸の家来になれと言われた室賀でしたが
それを拒否し、懐にあった短刀を昌幸に渡し去ろうとしました。

しかし昌幸の背後に回った瞬間に、
さらに隠し持っていた刃物で襲いかかります。
すかさず部屋の外で見張っていた出浦がそれを阻止し
信幸と高梨内記(キリの父)で室賀を仕留めました。

居合わせたキリ

信繁と梅を見ていられなくなったキリは
祝言の広間から出てきていました。
散々、信幸にあっちへ行けと言われたにも関わらず
言うことを聞かなかったキリは
室賀の一見を目撃してしまい、
叫び声を上げながら走り去り信繁の元へ向います。

全てを理解した信繁

キリは祝言を行っている信繁の元へ行き
信繁を室賀の亡骸の元へ連れてきました。

状況を飲み込んだ信繁は呆然とします。
突然の祝言の許しも全てこの計画のためだったのだと知ります。

キリは「梅の祝言なのに酷すぎる」と泣き崩れました。

11話終わり

感想

始めて少しキリが可愛そうに見えましたね。
気持ちを隠して二人を祝う姿が少しいじらしく見えました。
そして物語中のナレーションによって
信繁は生涯4人の妻を娶るという話しがありました。
信繁は梅一人しか娶らないと宣言していましたが
おやおや?という感じですね(笑)

そして室賀の最期。
登場当時、憎まれ役というか「なんだこいつ」という出方をした室賀でしたが
最近はなんだか愛すべき奴だと思っていたのに残念ですね。

 - 真田丸