お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

真田丸10話「妙手」ネタバレ感想!梅と信繁はいつの間に…

   

真田丸10話「妙手」のストーリーネタバレ・感想です。
北条と徳川が手を結び、危うい立場となってしまった真田。
信濃の領地も取られる形となってしまいます。
昌幸はどうするのでしょうか。

スポンサーリンク

城を築く約束

徳川は真田に約束した領地を北条と分ることにしてしまいました。

徳川を尋ねた真田の一行(昌幸は不在)は
上杉の虚空蔵山城に接する海士淵に城を築き
それを真田に守らせて貰えるように頼みます。
後の上田城です。

上杉はそこを足がかりに、信濃の支配を狙っているのだと家康に伝えます。
表向きは対上杉、いずれは対徳川用の城となる城です。

家康は城の建築を了承しました。
その代わりに沼田城は徳川が貰い受けると言いました。
北条との和睦の際に
北条への引き渡しが決まってしまったのです。

父昌幸の代わりに名代として徳川と対峙していた
信幸はそれでは話しが違うと反論します。
「無礼者!」と本多忠勝に切りかかられそうになったのを
信繁が身を挺してかばいます。
本多忠勝は家康に諭されて身を引きました。

ばばさま

徳川には木曽義昌から貰い受けていた人質の中に
真田のばばさまがいました。
ばば様を返す代わりに、沼田を徳川に渡すことになりました。

しかし沼田城は今、昌幸の父の弟・矢沢頼綱(叔父)が管理しています。
矢沢は沼田を渡すことには了承しませんでした。

対北条

北条は沼田城を抑えるために矢沢に使者を出しますが
矢沢頼綱はそれを跳ね除け、北条との戦となってしまいました。

ですが真田は今徳川についています。
その為表立って矢沢に加勢することは不可能でした。
矢沢の息子、矢沢三十郎頼幸が沼田へ向かうことに。
信繁は昌幸の言いつけで上杉に向かうことになりました。

沼田の戦を終わらせるために、
もう一度上杉と手を結ぶことにします。

梅が懐妊

上杉へ行く前に梅の元を訪れた信繁は
「ご無事を3人(梅・兄・お腹の子)でお待ちしております」と言われます。
そこで梅の懐妊を知りました。
信繁との子のようです。

裏切った上杉へ

上杉は家臣の柴田の反乱を未だに鎮圧できずにいました。
隣国越中との睨み合いも続いていました。

そんな上杉へ再び赴いた信繁。
当時は信尹の息子と偽っていましたが、
自分は昌幸の次男であるであることを告白します。

あわや切り捨てられそうになりますが
上杉景勝が「まぁ待て」と話しを聞いてくれました。

今、海士淵築いている城は徳川と戦うための城なのだと言います。
真田は決して徳川の家臣となることはない。
信濃の小県と沼田は真田の正当な領地であるはずなのに
北条と徳川は勝手にそこを分けてしまった。
到底真田は納得できるはずがない。
真田は武士としての誇りを守りたい。
そのために
上杉に芝居をして欲しいのだと言います。

戦の芝居

信繁は真田と上杉が戦をしている芝居をして欲しいと頼みます。
真田を倒した上杉が
次は上野にいる北条を攻めるという噂を流すことで
北条は沼田どころではなくなります。

その案を聞いた上杉景勝は面白い、と芝居をすることを飲みます。

上杉の力

虚空蔵山城で上杉と真田が対峙しました。
約束通り、真田が敗れたという噂がまた佐助の暗躍により流れました。

それを聞いた北条は沼田を一旦諦め退きました。
真田は無駄な犠牲を出さずに沼田を取り戻すことに成功しました。

秀吉への心配

徳川は西の秀吉の進行し頭が一杯でした。
「西に備えるために
東の憂いを取り除いて置いた方が良いのでは?」
という本多正信の言葉に
家康は真田を攻めることを考え始めたようでした。

プロポーズ

敵を追いやったと喜ぶ信繁は梅の元にやって来ました。
「全てそなたのお陰だ」と梅を抱きしめプロポーズをしました。

室賀が裏切る?

本多正信に呼びだされた室賀。
なにやら不穏な動きです。

10話「妙手」終わり

感想

梅と信繁はいつの間に恋仲にまで進展していたのでしょうか。
先週までまだまだ全然だと思っていたのですが
あの、キリが待っていた夜に恋人になっていたのでしょうか。
あっという間に子供まで出来ていました。

そしてようやく信繁が主人公っぽくなって来ましたね。
(昌幸は影が薄い回でした)
結婚も決まり、子供も出来ていよいよ一人前の男となってきたのでしょうか。
ぽんぽんと物語が進んでしまうので
どれほど時が経っているのか全く分かりません。

気になるのは室賀の動きですね。
せっかく先週分かり合えた感が出てたのに
また昌幸とは敵対する間柄になってしまうのでしょうか。

逆に上杉景勝は、あんな手ひどい裏切りをされた真田を
また受け入れてしまうほどのお人好しで大丈夫なのでしょうか。
また裏切られないか心配になってしまいます。

 - 真田丸