お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

真田丸15話「秀吉」ネタバレ感想!茶々を狙う秀吉の目が怖い…

   

真田丸15話「秀吉」ストーリーネタバレ・感想です。
上杉景勝について大阪へときた信繁。
関白秀吉との対面を果たすも、秀吉に翻弄されて…?

スポンサーリンク

秀吉と抜け出す

秀吉が信繁の待つ部屋へとやってきました。
秀吉は誰かから隠れているようでした。
屏風の後ろへ隠れ、信繁のことも隠れるように促します。
すぐに着替えを持った家臣・福島正則がやってきて
秀吉は着ていたきらびやかな装束を脱ぎ、着替え始めます。
信繁も秀吉に付き合わされ城から抜け出すことになりました。

吉野太夫

秀吉お気に入りの吉野太夫のいる店にやってきた信繁。
秀吉は太夫に会って上機嫌でした。
一緒についてきた福島も大きな升に入った酒を楽しんでいます。
秀吉は自分の升と福島の升を見て、なにか思いついたような表情をしました。

秀吉に逆らうな

信繁はこのよくわからない状況に
上杉には会わなくて良いのかと秀吉に問います。
秀吉はその問いには答えず
「お前のオヤジにはほとほと手を焼いている」と言いました。
上洛の呼び出しにも応じないのはどういうことなのか。
秀吉に逆らっても良いことはないぞ。親父にそう言っておけ、と脅します。
信繁は「はっ」と頭を下げます。
そこへ石田三成が登場しました。

濡れ衣

石田三成は秀吉脱ぎ捨てた着物を見て
秀吉が上杉景勝と会う約束を放ったらかして
城を抜けだしたことに気が付き、
秀吉お気に入りの太夫のいるこの店を訪ねて来たのでした。

秀吉は信繁がここへ来たがったから連れてきてやったのだと
城を抜けだしたのを信繁のせいにします。
信繁は秀吉の話しに合わせて濡れ衣を被りました。

悩む信幸

一方上田ではまた来た秀吉の上洛の催促に、まだだんまりを決め込んでいました。
昌幸はまだ秀吉という男を計りかねているのです。
信繁の知らせを待つ父に、信幸は前回から引き続き疎外感を感じているようでした。

父の元から帰る途中、信幸は作兵衛とすえに会います。
すえは日に日に大きくなっていました。
作兵衛は上手にすえをあやしているようでした。

その後は佐助にも会いました。
佐助は井手浦に正式に弟子入りして、忍びの道を極めていました。
「励めよ」と言って信幸は去っていきます。

やはりどことなく元気がなく
思いつめている様子の信幸の描写が続きます。

息子は信繁だけではない

昌幸は妻の薫に、近々上洛することになるかも知れないと話します。
信繁の知らせを待っている。
信繁は人を見る目がある。良き息子を持った、と信繁を褒めます。
薫は「息子は信繁だけではありませんよ」と信幸の話しをします。

信繁は昌幸に非常に似た性質を持っています。
一方信幸は真面目で慎重。昌幸いわく面白みに欠けるという評価でした。

しかし世が落ち着けば、信幸の力が真田の役に立つ、と
決して信幸を過小評価している訳ではない事を話しました。

秀吉に会えなかった景勝

大阪では秀吉に会うことが叶わなかった上杉景勝が
信繁に愚痴を言っていました。
信繁は景勝を差し置いて秀吉に会ってしまったことを言えずにいました。
景勝はそうとは知らず、明日秀吉に会ったら信繁も秀吉に会えるように
とりなしてみようと言ってくれました。

石田の態度の変化

夜、石田三成が信繁の部屋を訪ねてきました。
そして酒の席に誘われました。
そこには大谷吉継(後に信繁にとって重要な人物になります)
が来ていて3人で色々な話しをします。
信繁は今まで冷たかった石田の態度が
急に軟化したことを不思議に思っていました。

そこへ加藤清正が石田を訪ねて来たという知らせが入ります。
石田は席を外し、信繁は大谷と二人になりました。
信繁は大谷に石田の態度が変わったことを何故なのか尋ねてみました。
石田三成という人物は人を立場で推し量ってしまう所があるようで
今までそっけなかったのは、信繁を下に見ていたから。
急に素振りが変わったのは秀吉が信繁のことを気に入ったからだと教えてくれました。

それでも悪い男ではない、分かってくれと大谷に言われました。

真田と秀吉の板挟み

翌日、上杉景勝は秀吉にやっと会うことが出来ました。
そこで景勝は左近衛権少将の地位をもらいます。

しかし秀吉にこれからは真田への肩入れをやめるように言われてしまいました。
それは秀吉からすれば
真田昌幸は秀吉の呼び出しにも応じない不届き者であるためです。

景勝は信繁と秀吉の板挟みになってしまいました。
信繁に会わせる顔がないと、悩みますが
直江兼続に上杉の存亡の為には仕方がないことだと言われます。

千利休

秀吉の相談役である千利休の茶会に、景勝と信繁が呼ばれました。
秀吉は茶の席で景勝が秀吉に従うのかどうかを見極めるつもりのようでした。
信繁はその席で、秀吉と初対面ではないということを景勝に知られてしましました。
驚く景勝でしたが、
「信繁はお前より先にわしに会ってしまったことが申し訳なくて
黙っておったのだな。」という秀吉の言葉に納得したようでした。

利休のたてた茶を飲んだ景勝。
最初はなにか迷いがありました。しかしその後は心が決まったようでした。

信繁の茶の番になったのですがもう良いと、言われ茶会が終わりました。
信繁には茶の嗜みがありませんでしたので
恥をかかずに済みましたが、
千利休のお茶を飲めなかったことを残念に思いました。

茶会が終わり、秀吉は利休に景勝は自分に従うかどうか問いました。
利休は景勝の心を見抜き、従うと答えを出しました。

キリと秀次

キリは真田の屋敷とは比べものにならない
立派な秀吉の屋敷を歩き感心していました。

そこへ秀吉の甥である秀次がやってきて
秀吉の妻・寧々への土産のびわを寧々のところへ
持って行って欲しいという頼みを引き受けることになりました。

秀次は、秀吉に呼ばれた会議へ向かう途中で急いでいたのですが
キリを気に入ったようで、名を聞いて去って行きました。

全国の升のサイズを統一

秀次が出席する会議には信繁も参加していました。
秀吉に呼ばれて会議を見ていくように言われたのです。
秀次も間に合い会議が始まりました。
そこで秀吉は検地について話し始めました。
この時代、米を測る升の大きさが各地でバラバラであったために
石高がいまいちしっかりと測れませんでした。
なので全国の升の大きさを統一するということを提案します。

秀吉はそれを、吉野太夫の店で気がついたようでした。

大仕事になりますがやらねばならぬ、と
石田三成を頭としてその事業を進めることを決定しました。

それを伝えると後は石田たちに任せて秀吉は退席します。
信繁も連れだされました。

茶々

茶々の元へ来た秀吉と信繁。
茶々は信長の姪っ子です。
そこで3人で絵合わせ(カルタ)を興じることになりました。
信繁は初めてのゲームでしたが、
最初から3連続で絵札を当て盛り上がりました。

そのゲームの途中、茶々は部屋の隅に控えていた若い侍に目配せします。
にっこりと笑って見せたりして、侍は戸惑います。
そんな茶々の様子に気づいた秀吉は顔を強張らせます。
侍を見つめる茶々、茶々を見る秀吉。
それに気づいた信繁は何かただならぬものを感じます。

秀吉の幸せ

一方、寧々へびわを届けたキリは、
これからちょっとした集まりがあるから
あなたも寄って行きなさいと寧々に誘われました。
それは中庭のような所で行われる
秀吉の血縁者のささやかな集いでした。
子供のいなかった秀吉は血縁をとても大切にしていたのです。

そこに秀吉と信繁もやってきました。
信繁はそこにキリがいたことに驚きます。

秀吉は寧々に抱きついたりしてふざけていました。
皆びわなどを食べながらとても和気あいあいと楽しそうです。

「あれが天下人?どこにでもいる普通の人」と言うキリの言葉に
信繁は「いや、あんな人は見たことがない」と言い秀吉を見つめます。
信繁は秀吉という男をどう評価したのでしょうか。

15話終わり

感想

秀吉は気の良いおっちゃんという感じに描かれていますね。
ただ時々鋭い目をしていたりして怖いです。

茶々と侍に嫉妬する秀吉…
ちょっと嫌な予感を感じさせる描写でした。
来週あたり茶々をめぐって何か起こるのでしょうか。
寧々と茶々の争いも楽しみですね。
しかし、信長のことなどがあまりにサラっと終わってしまった真田丸なので
その辺の話しはあまり触れないorさっさと終わる可能性も大いにありますね。

 - 真田丸