お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

真田丸14話「大阪」ネタバレ感想!すえを育てられないのに引き取ったキリ

   

真田丸14話「大阪」のストーリーネタバレ・感想です。
第一次上田合戦で妻梅をなくした信繁は失意の底にいます。
そんな中上杉景勝と大阪へ行くことになり…?

スポンサーリンク

失意のどん底

景勝との約束を守り、越後の春日山城へ
上杉の人質として戻った信繁ですが
梅を亡くしたことでとても落ち込んでいます。

元気を出してくださいという三十郎にも
自分は梅に何一つ幸せな思いをさせてやることが出来なかったと悔やみます。

信尹の暗躍

浜松城では家康が上田合戦の敗北に怒っていました。
駿府の城を作り直し、何がなんでも真田を潰そうという気でいます。

しかし徳川に囚われの身となっていた信尹が牢の中にいながらも
徳川の重心・石川数正を調略し、徳川を裏切らせ豊臣側に出奔させたのです。

それを聞いた徳川家康は
秀吉が石川から得た情報で徳川を攻めてくると考え
真田どころではなくなり信州から撤退しました。

大地震発生

明日にでも秀吉が攻めてくるのではないかと怯えていた家康でしたが
その頃、近畿中部地方に大地震が発生しました。
その復興のため秀吉も家康を攻める所ではなくなり
家康は最大の窮地を脱したのです。

信尹を徳川の家臣に

牢にいながらも石川を調略した信尹を家康は勝っていました。
それだけの才覚をもった男を自分の家臣にしたいと考えたのです。
しかし信尹は真田昌幸の弟です。
徳川についたふりをして、真田と裏で通じるかもしれませんと言っても
家康はそれも承知の上だと答えます。

では断る理由はございません、と
信尹は家康の家臣となり牢から出されました。

関白秀吉

秀吉はそのころ関白となっていました。
秀吉は各地の大名に上洛を求め、忠誠を誓わせていました。
北条や上杉、真田にもその求めが来ました。
北条は会いに行くつもりはなく
真田は秀吉という男を測りかね、迷っていました。
一方上杉は秀吉に会いに行く決断をします。

上杉は弱体化している

上杉は先の戦で弱体化していました。
秀吉の下につけば北条が上杉に攻めてくることもなくなります。
悔しく思いながらも、上杉景勝は上杉家存続の為に秀吉と会うことを決めました。
信繁を実の息子のように思っていた景勝は
信繁に一緒に大阪に来て見聞を広めよと命じました。

信幸の苦悩

信繁が大阪に行くという知らせを聞いた昌幸は喜びます。
信繁に秀吉という男を探らせるようでした。

昌幸は信繁は役に立つと、信幸の前で褒めました。
それを聞いた信幸は面白くなさそうな顔をします。

妻のこうに自分はかやの外だと愚痴をこぼしに来た信幸でしたが
顔を見ずに膝枕してしてもらい愚痴をこぼした相手はなんと母・薫でした。
途中で本物のこうが部屋へ入ってきたことで気づいた信幸。
「今の話しは忘れてください!」と慌てて弁解します。

きりでは子育ては無理

「やはりキリでは無理なようです」
と言って部屋へ入ってきたこう。

梅が亡くなってから
信繁と梅の娘のすえは自分が育てると誓ったキリでしたが
慣れない子育てに相当参っていました。
結局すえは梅の兄・作兵衛に育てられることになりました。

大阪までの旅についてくるキリ

大阪への旅へ三十郎はついていくことは叶いませんでした。
大阪まで行ってしまっては
沼田城を守る三十郎の父・矢沢頼綱になにかあった時に
すぐに駆けつけることが出来ません。

一人で大阪へ行くことを決意した信繁でしたが
上田からキリがやってきます。
大阪まで、信繁のお供をするように父に言われて来たそうです。

嫌がる信繁でしたがキリの勢いに押されて結局
キリが共に大阪に行くことになりました。

石田三成

加賀に入った一行は、豊臣の家臣石田三成に迎えられました。
何故か石田は真田のことは軽んじているようで
上杉とはご飯や泊まる所など扱いが違いました。

京まで来ると石田は準備のため先に大阪に戻ります。
京へ留まっている間に信繁はとある人物に引き合わせられました。

石川数正

そこには石川数正がいました。
石田の計らいだったようです。
石川は真田信尹にたぶらかされて徳川を裏切ったのですが
その事を大変後悔していました。

信尹のせいで、今自分は危うい立場にいて
ここに匿われていいるのだと酒を飲みながら話します。
だいぶ酔っ払っていて真田を恨んでいるようでした。

しかし信繁は、それは自分で決めたことではないでしょうか。と言います。
そんなことは分かっている!と苛立つ石川。
信繁は「裏切ってしまったものは仕方ない。
先が読めないのは皆同じです。だから必死に生きているのです。
人を騙したり裏切ることもあるでしょう。
でもそれは善とか悪で測れるものではないと私は思います。」と語ります。
そう言われて石川は心動かされたようでした。
信繁にも酒を勧め、二人で酒を酌み交わしました。

石川数正はその後、秀吉の元で信濃松本を納める10万石の大名となります。

秀吉との対面が延期

大阪へ入った一行は秀吉との対面の時が来ましたが、
1日めは秀吉の都合が悪くなったため延期となりました。

その日上杉は大阪城中に宿所が用意されましたが
真田は城下にある石田の屋敷でした。
ここでも扱いに差があるようでした。
供であるキリの部屋は物置のような場所が用意されました。

石田の屋敷では石田の妻・うたが信繁をもてなすのですが
それもツンケンしていて大変失礼な態度でした。

加藤和正

夜、石田の屋敷に加藤清正が来ました。
石田と加藤との会話が信繁の耳にまで届きます。

加藤は秀吉が関白という偉い地位を貰ったことが不満のようでした。
秀吉には、野山を駆けまわるような姿が似合うとぼやきます。
とても酔っ払っていて、結局加藤は廊下で寝てしまいました。

茶々登場

翌日、ようやく秀吉との謁見が行われましたが
信繁だけ部屋で待っているように石田に言われてしまいました。
部屋で待ちぼうけを食らった信繁はその時茶々という女性と出会います。

茶々は信繁の顔を見ると「割と好きな顔…ふふ」と言って信繁を困惑させます。
お付の女性にたしなめられた茶々は信繁から離れますが
「殿下(秀吉)があなたに会うのを楽しみにしていましたよ」と言い残し去っていきます。

茶々という女性は後に淀の方と呼ばれる
豊臣秀頼の生母となった人です。

秀吉登場

茶々が去った後、秀吉の家臣が信繁を迎えに来ました。
秀吉が信繁と会うというのです。
なぜ関白秀吉が自分と会おうとするのか困惑する信繁。
案内された部屋でもそわそわと落ち着きません。

すると勢い良く秀吉が部屋に入ってきましたが
「こい!早く!」と信繁に言い、金屏風の裏へ隠れました。
信繁もあわてて、金屏風の裏へ隠れます。

14話終わり

感想

結局キリはすえの面倒を放り出しましたね。
だったら前回のすえを育てるという決意の描写は一体なんだったのでしょうか。
なんだかムダな演出が多い気がしますね。
相変わらずキリという女性が全然魅力的に見えません。

信繁の元を訪れ大阪までの旅を共に過ごすことになったキリは
信繁にすえは作兵衛が育てることになった事を告げました。
村の者もいるしそれが良いと信繁は言いますが、
その後キリは「きっと梅ちゃんが守ってくれる」と言います。
本来であれば、感慨深いセリフですし少しグッと来るところなのでしょうが
キリが言うことで、どの口が言ってるんだ感が強かったです。

以前姉の松を失い(?)落ち込んでいる信繁を責めたり
キリのせいで逃げ遅れて助けに来た信繁まで人質になってしまったのに謝罪がなかったりと
この時代の女性らしくない振る舞いが多いキリですが
そこに何か一本通った筋があればかっこ良い女性に見えるのでしょう。
しかし、単にワガママで自分勝手にしか見えないんですよね。
自分の徳になることしかしていない感じが強く
ちょっと好きになれないですし、行動にツッコミどころ満載のヒロインです。

個人的感想ですが、主要登場人物が好感を持てない人物ばかりで
なんだかな、という感じです。

大泉洋さん演じる信幸も、弟信繁と仲が良い描写が良かったのに
今回はちょっと嫉妬していましたね。
将来、対立することへの伏線でしょうか。

 - 真田丸