お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

真田丸13話「決戦」ネタバレ感想!上田合戦で梅との再会!?

   

真田丸13話「決戦」ストーリーネタバレ・感想です。
第一次上田合戦が始まります。
上杉からの援軍を率いて信濃に戻った信繁。
大軍の徳川に勝つことができるのか!?
また梅との再会は…!?

スポンサーリンク

上杉の援軍100名

上杉の直江がなんとかかき集めた援軍は老人や子供ばかり。
とても戦力になりそうもありませんでした。

信濃の海津城にその援軍を残し、信繁は上田城へ駆けつけます。

家康の勧誘

家康のところにいた信尹は、徳川と真田との戦により難しい立場になります。
家康は信尹に真田を捨てて自分の家来とならないかと持ちかけます。
信尹は断りましたが牢に入れられることになりました。

どうしたものか悩む昌幸

とうとう徳川が戦に動き出しました。
昌幸の頭の中には、徳川撃退の戦略はありましたが
コマが一つ足りません。
どうしたものか悩む昌幸のもとに、信繁が駆けつけました。

これで昌幸の作戦が実行できます。

信繁、愛娘と対面

信繁はこの時初めて愛娘のすえと対面しました。
その時はすえを可愛がる母薫の
あまりのすえへの溺愛ぶりに少々面食らいました。
梅のことも、結婚のことも反対だった母が
今ではすえを抱っこして可愛がっているのです。

この時梅は、戦の準備の手伝いをしていて信繁とは対面出来ませんでした。

作兵衛と梅

作兵衛は仲間達と共に、信繁の作戦を手伝う役を担っていました。
梅もその手伝いで忙しく動き回っています。
作兵衛たちは山の古い寺を隠れ家にし、そこで敵に備えることになっていました。
信繁が帰って来たという知らせに、梅は城へ戻りますが
結局二人はお互いを探しながらもスレ違いになってしまい
戦の前に会うことは叶いませんでした。

お守り

梅とスレ違ってしまい、会うことが出来なかった信繁は
キリから梅のお守りを受け取ります。
それは六文銭のお守りでした。
真田のもうひとつの家紋である六文銭は三途の川の渡し賃から由来しています。
悔いのないよう心置きなく戦え、そのような意味が込められています。

二人は会えずともお互いを想い合っているようでした。

徳川軍

真田との戦の武将は鳥居元忠でした。
家康が信頼をおく古参の武将です。
7000もの大群で攻めてきた徳川に対し真田はわずか2000ほどです。
徳川はもう勝ち戦と思っています。
それが真田にとっては勝機となるかもしれない、と昌幸は考えました。

おちょくっておびき出す

信繁は対岸に陣を構えた徳川軍を
上田城内に仕掛けた罠におびき出す役目を負いました。
夜明けと共に信繁は能を舞い、徳川を挑発します。
怒った徳川軍が動き出しました。第一次上田合戦が始まりです。

戸石城という上田城から5kmほどの城でかまえていた信幸は
戦の開始の知らせを受けて、出陣しました。
信幸の役割は逃げてきた徳川の軍勢を叩くことにあります。

罠に引っかかる徳川軍

上田城内二の丸におびき寄せられた徳川軍は
建物が多く、迷路の様になっている城内で
待ち伏せていた真田の軍に襲われます。
罠にまんまと引っかかった徳川軍は体勢を崩しながらも上田城の
奥へ奥へと侵入してしまいました。

再会

その上田城内で信繁と梅は偶然再会します。
それは梅が徳川の兵に囲まれている危ないところでした。
梅はすえに乳をあげたり、作兵衛たちと共に戦いに参加したりと
せわしなく動いていたのですが
作兵衛の元に戻ろうとした時に
城内に侵入して徳川の兵に見つかってしまったようです。

「梅!」
「源次郎(信繁)さま!」と二人はお互いの存在に気づきますが
戦のさなか、信繁は梅の元に駆け寄ることは出来ません。

しかし梅が危ないところで、佐助が助けてくれました。
そのまま佐助に連れられて梅は城の安全なところに避難しました。

真田の勝利

大手門までおびき寄せられた徳川の軍勢でしたが
その大手門の中からは真田昌幸が率いる軍勢が登場しました。
また、背後には建物内に潜んでいた真田の軍勢がいて
挟まれる形となってしまいます。
前後から襲われた徳川軍は撤退をしていきますがその撤退も叶いません。
あらゆる所に仕掛けられた罠により、徳川軍はボロボロになってしまいます。

また、城内から逃げ出した兵にも真田信幸の軍勢が襲いかかります。

さらにとどめと言わんばかりに、
上流の関を開放。
川に鉄砲水を流し逃げ帰ってくる徳川の兵達を押し流してしまいます。

これにより対岸に兵を構えていた鳥居元忠は
上田城に残された兵を助けに行くことも出来ずに撤退を余儀なくされます。
そして真田は圧倒的な大差だったにも関わらず
勝利を治めることになりました。

襲われた寺

戦の後の二の丸を見て回っていた信繁と信幸。
戦用に作られた柵が壊されていることに気が付きます。
しかもそれは作兵衛達が身を隠していた古寺へ続く道でした。

嫌な予感がして急いで寺へ駆けつけると
そこには作兵衛の仲間の亡骸が…。
逃げてきた徳川の兵に襲われたようです。
草かげに作兵衛の姿を発見しました。
ケガはしていますが生きています。

「まさかここに雪崩れ込んでくるとは…」と作兵衛は悔しそうです。
すぐに妹の梅の安否を聞きますが
梅は佐助に助けられて、本丸の中に逃げたと伝えます。
ここに妹がいなくて良かったと作兵衛は安心します。

しかし、そこにすえを抱えたキリがやってきます。

寺に戻った…?

キリは梅が櫓から、柵を壊して逃げていく徳川の兵を発見して
みんなが心配だからと梅が寺に行ってしまったのだと言いました。
「こっちへ戻ったのか」と作兵衛は慌てます。

「お梅!」と作兵衛と信繁が探します。
すると寺の裏手の方に変わり果てた梅の姿がありました。
寺に戻ってきたことで、徳川の兵に襲われ命を落としてしまったようです。

泣き崩れる信繁と作兵衛。
キリもすえを抱きながら涙を流します。
そして、すえのことは自分が育てると梅に誓いました。

感想

梅が亡くなってしまいました。
戦の手伝いと、すえの面倒とをせわしなくしていた梅ですが
なにもそこまで戦に参加しなくても…と嫌な予感を感じながら
視聴していたら案の定でした。
話しの中でキリが
「戦は嫌いなんじゃなかったの?」と戦に行こうとする梅を止めますが
梅は「親になったら話しは違う」と子を守るために戦うのだという話をしていました。
しかし、自分がいなくなってしまっては元もこもないと思うのですが…。
昔は考えが違うのでしょうか。

まぁでもキリがヒロインの時点で梅はいつか
亡くなったり、いなくなるのだろうなと思っていましたが
なにやら急だったように思います。
ほぼ生き別れ状態だった信繁・梅夫婦。
共に過ごした幸せな時間がとても短く切ないです。

さて、次週からは新章の開始です。
豊臣秀吉が登場し、舞台は大阪に変わります。
茶々や寧々など秀吉の周りの女たちも登場し
なんだか面白くなりそうな予感です。

 - 真田丸