お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

真田丸12話「人質」ネタバレ感想!梅の妊娠は嘘?実は魔性の女!?

   

真田丸12話「人質」のストーリーネタバレ・感想です。
祝言を昌幸に利用された信繁。
父の事が理解出来ないと苦しみます。
真田は信州を平定し、徳川との長い戦いが始まりました。

スポンサーリンク

キリと信繁

完成した上田城は前の真田屋敷とは全然違います。
信繁は祝言のときの事件で
梅を気遣う発言をてくれたことに対しキリに感謝を述べました。
素直に感謝されることがなかったキリは
少し居心地悪そうにしながらも、信繁の感謝を受け入れました。

街を見下ろしながら信繁は
「なんだか遠くへ来てしまった」と言います。
前へ進むしかないと分かっていてもどこへ進めば良いのか
わからないと言います。

そんな信繁にキリは
「私には分かっています。自分がどこへいくのか。…源次郎様(信繁)の行く所。」
と言います。
しかしすぐに「なんてね」とふざけていつものキリに戻ります。

徳川の勢い

徳川は豊臣を破り、全国にその名を轟かせ始めていました。
しかし真田昌幸を亡き者にする計画は失敗してしまったので焦っています。
徳川は真田が上杉と手を組むことを恐れていました。

信繁は上杉に

徳川の予想通り上杉に文を書いた真田。
上田城がいかに強固な城でも四方を敵に囲まれている状況は良くありません。

上杉は人質を出すことを条件に真田を受け入れます。
その人質には信繁が選ばれました。

信繁は子が産まれる前でしたが
ちょうど父昌幸と少し離れたいと思っていたので
逆に良かったと言い、三十郎と共に上杉に向かうことになりました。
しかも信繁は景勝に悪い印象を持っていませんでした。

お腹に子はいるのか…?

信繁と一緒に行きたいと行った梅でしたが
信繁に何かあったときは、子を立派に育ててくれと頼まれました。

キリは、梅にせっかく信繁と暮らせるようになったのに気の毒ね、と慰めますが
梅は「お家のためだから」と気丈に振る舞います。
お腹の子の話しになったので体調は大丈夫なのかと尋ねるキリですが
梅は首をかしげます。
その様子に疑問を抱いたキリは
「どうして妊娠がわかったの?」と問いますが
梅は「さぁ…?」ととぼけました。
まさか嘘をついて結婚したのかと驚くキリでしたが
これも作戦だと笑う梅。
でもきっと大丈夫と根拠のない事を言います。

嫁姑問題

廊下で薫とすれ違った梅は挨拶をしますが
薫は無視して通り過ぎます。
お腹の子の為に、少し歩いてきますと言うと
一瞬立ち止まりましたがそのまま去って行きました。

景勝に気に入られる

上杉に到着した信繁は上杉景勝に呼び出されます。

そこで領主の景勝自ら領民の困っている訴えを聞いている姿を見ました。
上杉景勝は義に熱い男でした。
そんな景勝に信繁も好意を抱きます。

信繁と久しぶりに再会した景勝は
実は信繁ともう一度会いたかったのだと言います。
前回沼田城を守るために共謀した時に信繁が気に入ったようでした。

沼田城を上杉に…?

直江兼続(上杉の家臣)から真田にさらに要求が届きました。
沼田城を上杉に返してもらいたいという内容でした。
元々沼田は上杉の物だったのです。
しかし沼田は真田にとっても大事な城です。
そもそも北条とも沼田をとり合うことで徳川と亀裂が入っていたのです。
それを上杉に渡せというのは無理な話しです。

直江は用心深い男

信繁は景勝に沼田城を渡すことは出来ないと話します。
景勝はその話しは初耳だったようです。
(直江の独断でした)
直江はもしかしたら、真田の本心を探るために
無理難題を強いたのではと景勝に相談すると
景勝は「用心深い男だからな」と納得します。

景勝から直江に掛けあってやっても良いぞと言ってもらえ
信繁は安心します。

口だけの景勝

違う日に信繁は
上杉の屋敷に以前領内のもめ事を相談に来ていた領民が
もめ事が解決しない。早くどうにかして欲しい。
と再び訴えに来た現場に遭遇しました。

しかし上杉の家臣はそれを門前払いにしました。
景勝は「すぐに手を打つ」と約束していたにも関わらず
なかなか手を打てずにいました。
上杉は先の戦で力を失い、領内のもめ事に対応する力さえなくなっていたのです。
もめ事は各地で起こり、どうにも出来ない状態でした。

しかし景勝という男は困っている人を見ると
出来もしないのに解決するという約束をしてしまうのです。
格好つけたがりなのだと家臣はぼやきます。
その話しを聞いている時にちょうど景勝と直江がやって来ました。

景勝の苦悩

困っている者を見ると助けると約束してしまう。
景勝はそんな男でした。
直江もその願いは出来れば叶えて差し上げたいと言いますが
民の争いはキリがなく、
上杉にはそれを解決するような力も余裕もないのだと。

景勝は
「自分には話しを聞いてやることしか出来ない。…これが本当の私だ」
と自分の非力さを呪っているようでした。
信繁はそれを聞き
「正直昨日までは(景勝を)尊敬していた。
しかし今はそれ以上に慕わしく想う」と言います。

領主として苦悩する景勝を見損なったわけではないようでした。

しかも結局景勝は、直江に沼田城のことを話せていませんでした。
信繁は直接直江に沼田は渡せないと言いますが
直江は「それならば真田とは手を組まない」と言われてしまいます。
景勝も直江のことは説得できないようでした。

鉄火起請

景勝とともに街に出た信繁。
街でもめ事に遭遇します。

以前から景勝に相談に来ていた民たちでした。
そのもめ事を解決するために
民たちは鉄火起請(てっかぎしょう)という儀式を行う所でした。
鉄火起請とはもめ事を解決するために
意見の違う者同士が
赤く熱された鉄を素手で指定の位置まで運び
運べた者の方の主張が正しいこととし
敗れた方は神に嘘をついたとして処刑される決まりでした。

信繁乱入

もめ事をしていた民の代表者はその恐ろしい儀式に恐怖していました。

信繁はそれを止めに入りました。
そんなことで物事の判断は出来ないと
鉄火起請を仕切っていた奉行に食って掛かります。
奉行はこれは昔から伝わる伝統ある行為だと引きません。

なので信繁は「では、私とあなたで鉄火起請をして
どちらの言い分が正しいか問うてみましょう」と奉行と鉄火起請をすることになります。
動揺する奉行。負けた方には命がありません。

信繁は念仏を唱え、鉄を持つ準備をします。
鉄が手に置かれる寸前「待った!」と奉行が止めます。
よく考えたら鉄火起請などする必要はない。
もう少し双方で話しあってみよと言いました。

解決案

今まで黙っていた景勝がここで正体を表しました。
皆領主の出現に驚き跪きます。
「全ては私がいけないのだ。
もっとお前たちの暮らしを思いやるべきであった」と反省の弁を述べます。
その言葉に民は感動します。

信繁は争っていた領民に解決策を提案します。
領民は浜で捕れるアサリをめぐって争っていました。
海には境界線がないので、
どこまでが自分たちの土地がということで争いが絶えませんでした。

日によって取るのを分けてみてはどうかという信繁の提案でしたが
それでは潮の良い時に採り尽くされてしまう、と話しが進みません。

「では潮の変わり目で分ければ良い」と景勝が提案しました。
「それならば何の文句もない!さすがお館様だ!」
と、事件は一件落着しました。

この一件で信繁と景勝はさらに心を許しあったようでした。
景勝は信繁のような子が欲しかったとまで言いました。

信繁の子すえ

場面が変わり、お腹が大きくなった梅が登場しました。
妊娠は本当だったようです。

産気づいた梅は
すえという名の女の子を産みました。
薫は未だに梅のことを快く思っていないようで
産まれた孫も影からそっと見るだけでした。

直江の本心

信繁が街でもめ事を解決した一件で
景勝は領民の願いを積極的に叶えるように動くようになりました。
そのせいで上杉の家臣は忙しくしています。
直江の元を訪れた信繁はそのことで直江から
「上手く気に入られたものだな」と嫌味を言われます。

しかし、直江も実は信繁のことを見直していたようで
沼田城のことは実は真田昌幸が何を考えているのかを判断するための
材料として上杉に渡せと言ったのだ、と告白しました。

もし昌幸が、はなから上杉に沼田城を引き渡すと言ったならば
真田のことはむしろ疑っていた、と。
しかし真田はそうはしなかった。
上杉は再び真田を信用し、真田と手を組むことを決心しました。

真田はこれをもって徳川と縁を切ることとなりました。

徳川と決別

徳川に手切れの文を出した真田。
それを読んだ徳川方は、
徳川に作らせた上田城は対徳川用の城だったのだと真田の考えを理解しました。
怒りに震える家康。

徳川7000に対して真田は2000の戦いが始まろうとしていました。

対徳川

圧倒的な大差に、籠城するのが良いという信幸に
昌幸はそれでは脳がない、と言います。
迎え撃つ良い策が昌幸の頭にはあるようですが
駒が足りない、と困り果てます。

信繁を人質に出したのが痛かったと後悔していました。

上杉の援軍

上杉からの援軍は無理だと昌幸も信繁も思っていました。
しかし上杉はなんとか100名の軍を集め、
真田に助太刀をしてくれることになりました。
それに信繁は大変感謝します。

人質である信繁と三十郎も戦に行くことを許されました。
これは異例のことでした。
戦が終わったら必ず戻るという約束をして信繁達は信濃へと急ぎます。

12話終わり

感想

今回から信繁の髪型が変わりましたね。
結婚したからでしょうか。凛々しくなりましたね。

今回は信繁の子が無事産まれました。
最初、妊娠自体が嘘のような描写があり焦りましたが
本当に妊娠していたようで良かったです。
しかしいきなり梅が悪い女になりましたね…。
いままで「純真で信繁のことを一生懸命支えるおなご」という印象でしたが
実は信繁を手のひらで転がしていたような感じです。
そんな所が滲み出ていたため薫は梅のことが気に入らないのでしょうか?
珍しくキリが良いおなごに見えた回でした。
(もしかしてキリのあまりの嫌われように、キャラ修正?)

そして次回はついに第一次上田合戦ですね〜
信繁の青春編クライマックスだそうです。
戦に参加することも、援軍も出してくれた上杉。
優しすぎる気がしますが、史実なんですよね。
本当に今後の上杉家のほうが心配になってしまうくらいお人好し。
ちょっときびし目だった直江兼続まで良い人になってきました。

真田よりも上杉人気が上がりそうなドラマです。

 - 真田丸