お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

真田丸9話「駆引」のストーリーネタバレ!昌幸に反発する信繁

   

真田丸9話「駆引」のストーリーネタバレ・感想です。
北条と徳川が激突しました。
その裏で昌幸は誰も想像しない形での決着を狙っているのですが…。

スポンサーリンク

追い詰められた家康

北条の軍勢に家康は甲府にまで追い詰められていました。
本多正信に、かつての武田の家臣真田を取り入れてはどうかと言われ
家康は真田に手紙を送ります。

信尹が怪しい

上杉景勝は家臣の柴田勝家の反乱鎮圧のため
春日山城に戻っていました。
景勝は上杉を裏切った真田昌幸を大層恨んでいました。
いつか必ず成敗する、と言う景勝に対して
家臣の直江兼続は「弟の真田信尹の方が気にかかる」と進言しました。

直江が信尹の部屋を改めに行くと
信尹の部屋はすでにぬけの殻でした。

国衆をまとめたい

昌幸は国衆の出浦に、大名のいない国をつくるという案を提案していました。
出浦は昌幸が信濃の大名となることを望んでいましたが
それは無理だと昌幸は断ります。
しかし国衆をまとめると言うのも大変だぞという出浦。
確かに事あるごとに昌幸に反発してきた室賀も説得をしなければこの案は通りません。
それに昌幸は頭を抱えます。

そこに信繁もいたのですが、ずっと不機嫌そうな顔で一言も話しません。
先の春日信達の調略の一件で父に対する不信感があったためです。
声をかけられ、信繁は
「父上は自分の意見を通すためにどんなことでもなさるのですか」と昌幸に言います。
「お前は策とはなにかを知らない」と言われ
「知りたくありません」と反発します。

信幸と妻・こう

信幸は真田家のこれからを妻のこうに語っていました。
父・昌幸がどれほど素晴らしいのかを語っている途中でしたが
途中でこうは体調が悪くなってしまいます。
相変わらず夫に気を使わせる妻です。

意外な人が賛同

北条を裏切るという昌幸たちに案の定、浦賀は反対します。
信濃をよその者に渡したくない、それだけだ。という昌幸の言葉に
浦賀はしばし思案します。
「武田が滅びてから、織田・北条と渡り歩き
今までこの大名なら安泰だと思える大名はいなかった。
相変わらずふざけた事を言う」と。
「しかし実に面白い!お主の考えに初めて乗ってみようと思う」
と言って賛同してくれました。

慰めに来たキリ

父に反発し、国衆の会議に置いて行かれた信繁を
キリが慰めににやって来ました。
(キリの父親に言われてやってきたのです)
信繁はキリが来ると、出かけると言って部屋を出て行ってしまいました。

畑を荒らされた作兵衛

村に来た信繁は梅の兄、作兵衛と会い
また畑が荒らされているのだという愚痴を聞きました。
武田が滅亡してからそのような事が頻繁に起こっているそうです。
誰かリーダーが必要なのだ。
昌幸が信濃を収めてくれれば良いのにとこぼします。

梅の意見

作兵衛の家で梅と話す信繁。
落ち込んでいる信繁に梅は自分の意見を述べます。
春日には悪いけれど、自分はホッとしたのだと言いました。
それに「何故?」と問いかける信繁。
戦が始まれば畑が荒らされる。戦が起きないに越したことはない。
それに、信繁に何かあったら嫌だという話しをします。
戦は勝つだけが大切なのか?
大事なのは人の命を出来る限り損なわないことではないのかと。
昌幸はそれが分かっていたのではないかという話しを聞きます。

そこで信繁は父昌幸の考えが少し理解出来たようでした。

信繁は梅の手を握り
「お前はなくてはならぬ人だ」と言い見つめ会いました。

国衆の会議

徳川家康と北条氏直の睨み合いが甲斐で続いています。
北条は、真田が来ないことに対して怒り狂っていましたが
昌幸はそのころ信濃の小県の国衆を集めて
密かに北条を裏切る計画を進めていましたが
皆、なかなか賛同しません。

室賀は派手に動いていたため
「あまり派手に動くと北条に悟られる」と釘を刺されます。

室賀の昌幸の評価

庭で剣の鍛錬をしていた信繁を見て室賀が声をかけてきました。
昌幸の考えに賛同してくれたことに対して信繁は礼を述べます。

「お主の父は好かん」と言う室賀ですが
室賀も昌幸も幼いころから信濃で育った者同士です。
どこの誰とも分からぬ者に取られるよりはマシだと言いました。
昌幸が一人で立つことも出来たのに、室賀にも声をかけてくれた。
そのことが室賀は嬉しかったようです。
昌幸のことをなかなかの男だと評価してくれました。

昌幸を大名に

出浦は昌幸に大名となり、信濃をまとめて欲しいようでした。
何度目かの説得を昌幸に試みます。

昌幸は昌幸でその言葉になにか思うところがあるようでした。

昌幸の元に武田信玄の幻が再び訪れました。
自分が大名になって本当に良いのかと自問自答している時でした。
馬の嘶きと足音が聞こえたのです。
武田信玄は何かを伝えに来たのでしょうか。
しかし、姿を見ることは出来ませんでした。

きりと喧嘩

再びキリが信繁の元を訪ねます。
何か怒っているようです。
実は昨晩は遅くまで信繁の帰りを待っていたキリ。
しかし信繁は梅と良い雰囲気だったため帰りが遅かったのです。

信繁とキリの間にはなにもありません。
だからキリが怒るのはお門違いだと無神経発言をする信繁に
キリは持ってきたおにぎりを投げつけます。
「私だって好きでやっているわけではない!
父に言われて仕方なくやっているのだ」と言います。
「仕方なくならやらなくて良い」と二人は喧嘩してしまいます。

徳川から書状

徳川から書状が来ました。
今は北条・徳川の戦いは徳川が不利です。
昌幸はその不利な方を助けて恩を売る算段のようでした。

そして昌幸は自分が信濃を率いる大名となる決断をしたことを告げます。
「腹をくくったぞ」と出浦に言います。
出浦はこの時より、昌幸の家臣となりました。
それに驚いたのは信幸です。
国衆で信濃をまとめるという夢はどうなるのかと言う信幸に
昌幸はあっさり「諦めた」と告げます。

しかしこのことはしばらく室賀には言いませんでした。

家康との交渉

信尹が家康の元に来ました。
そこで諏訪と甲斐の一部、加えて上野の沼田を真田の物にしたいと交渉しました。
今は藁一本にでも縋りたい家康だったので
この時、簡単に沼田を真田に譲ると言いました。

しかし、後にこのことで家康・真田の間に亀裂が入ることになります。

氏政の誤算

真田が裏切った知らせが北条氏政に届きました。
すぐに真田を攻めようという北条の家臣達でしたが
氏政は雑魚に構っているヒマはないと言い
その時は真田を攻めませんでした。

後にこのことが北条の運命を狂わせることになります。

北条との戦い

北条との戦いは内山城が要になるであろうという信幸。
その策に皆が「それしかない」と策が決まりかけましたが
信繁は違う策を提案します。
甲斐に深く入った北条軍は隊列が間延びしているので
小諸城で兵糧を断ってしまえばあとは徳川の軍勢が倒してくれる。
信濃は無駄な犠牲を出さずに戦に勝てるのだと。

その案には皆感心し、小諸を目指すことになりました。
昌幸も「よく考えた」と褒めてくれました。
これにより、不利だった徳川軍は北条を押し返すことに成功しました。

これで北条と徳川の戦いが長引きます。
この間に真田は力をつけるつもりでした。

予期せぬ事態

しかし北条と徳川手が結ぶことになったのです。
北条氏政が和睦を提案し、
一時的に押し返したとはいえ徳川にとっても北条との戦いは消耗戦です。
和睦を受け入れました。
こうして信濃と上野は北条と徳川で分けることになってしまいました。

真田が徳川についたわずか10日後のことでした。
こうなっては真田の立場が危うくなってしまいます。

9話終わり

感想

上手く行っていると思っていたらまた最後に波乱がおきました。
どこまで行っても不運な真田です。

そして室賀氏に関しては、昌幸を嫌う理由が分からなくもないと同情します。
せっかく反発していた室賀が初めて昌幸を認めてくれたのに
結局昌幸はまた考えを改めて室賀の期待を裏切ろうとしています。
一人で浮かれて張り切っている室賀がなんだか哀れでした。

人を裏切ったり騙したりしているから
天罰が下るのではと思ってしまいますね。

しかし信繁とキリは進展がありません。
信繁は梅と良い雰囲気になっていたりと、
この二人が上手く行くような気が全然しないのですが…。
キリもキリで大人の女性になれば変わってくるのでしょうか。
おそらくまだ10代の少女の設定ですよね。
しばらく生き別れのように会わない期間を経て、久しぶりに再会したら
めっきり女らしくなっていたという定石のパターンで行くのでしょうか。

そう言えば姉の松は崖から落ちて
記憶喪失になった所を救われてからしばらく経ちましたね。
いつ復活してくれるのでしょうか。

 - 真田丸