お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

真田丸8話「調略」ネタバレ感想!春日がかわいそう!悪党な昌幸

   

真田丸8話「調略」のストーリーのネタバレ・感想です。
父・昌幸から上杉の家臣・春日信達調略の密命を受けた信繁は
叔父・信尹と越後に来ています。

スポンサーリンク

春日の調略

北条が信濃へと進行する中、昌幸は北条へはつかず
上杉と手を取り合うふりをして裏で画策をします。

信濃の海津城では上杉景勝が北条と戦うために構えています。
しかし昌幸は信繁たちが上杉の家臣・春日信達を調略するのを待っています。
春日は武田の家臣でしたが、武田家滅亡の折に上杉に拾われた男です。

信繁は信尹の息子と偽り春日に近づきます。
信尹は信繁にとって将来の手本となる人物です。
その叔父の生き様を学びたいと意気込んでいました。

春日に接近

春日は上杉に恩を感じてはいても
この所の処遇には不満を持っているようでした。
もともと海津城というのは、武田の家臣であったときは春日の父が守る城でした。
しかし今では上杉の物となっているのです。

そこをつき、春日に近づいた二人でしたが
春日には断られてしまいました。
しかし「もうひと押しだ」という信尹。
信繁は最後のひと押し任されます。

失敗

信繁は春日に本当は自分が真田昌幸の息子であることを打ち明けました。
春日は昌幸と何度も戦場で一緒になったため、
昌幸の息子と会えたことを喜びます。
上杉への恩があるのもわかるが武田への恩はないのかと信繁は問います。
春日の父は百姓であったのを信玄に引き立てられ家老となった身分です。
北条氏直は信玄の孫に当たる人物なのです。

しかし上杉景勝へのなみなみならぬ恩がある春日はまだ落ちませんでした。

昌幸は北条へ

春日の調略に手こずっているため昌幸はやきもきします。
北条は小諸城で兵の準備をしていて
準備が整い次第川中島へ出発することになっているので
このままでは真田の出る幕がありません。
仕方なく昌幸は信繁達を待たずに北条氏直に会いに出掛けました。

嘘をつく昌幸

氏直は昌幸の参上を「遅い」と怒ります。
そこで昌幸はまだ仲間に引き込めた訳でもないのに
海津城を守る上杉の春日信達を引き入れたとほらを吹きます。
それに皆ざわつきますが、
氏直は春日ごときの力を借りずとも北条は勝つ!と言います。

すると隠居したはずの北条氏政が登場しました。

北条氏政は昌幸を歓迎

昌幸を見た氏政は、真田昌幸のことを知っていたようで
よく加勢してくれたと喜び歓迎します。
そして春日信達のことを聞くとさらに喜びました。
氏直は「春日がいなくても勝てる」と反論をしましたが
氏政は「戦は楽に勝てるのならそれに越したことはない」と言います。

昌幸はそこで、勝利の暁には春日信達に海津城を任せるという約束を
一筆書いてもらえないかと氏政に頼みました。
氏政は快くそれを引き受けました。

氏政の考え

しかし実際には氏政は昌幸のことをそれほど買っている訳でも
知っているわけでもありませんでした。
少し天狗となっている息子氏直を牽制するため
一芝居うつのに昌幸を利用したようです。

春日の海津城

昌幸が北条についた、ということが上杉にバレてしまいました。
しかし信尹は「自分は兄とは違う考えを持っている」と言い
自分は上杉に味方すると嘘の宣言をしました。
しかしその裏で、春日の調略を進めます。

春日が陥落

北条氏政が海津城を春日に任せると約束してくれたことで
春日は北条に味方することに決めました。
もともと春日の父が守っていた海津城です。
上杉の元では、自分の元へは戻ってくることはないからです。

佐助の暗躍

千曲川を挟んで上杉と北条の軍がにらみ合いとなりました。

昌幸に命じられ佐助は農民に扮して、
上杉の軍勢が本当は7千ほどなのに関わらず
3万ほどいるという嘘の情報を流します。

さらに、どうしたことなのか
北条についたはずの春日信達が磔にされている姿が対岸にありました。

企みが悟られた?

昌幸は「どうやらこちらの企みが悟られたようですな」と言います。
それを聞き北条氏直は激怒します。
数千しかいないと思っていた上杉の軍が3万
しかもこちらの企みもバレてしまっているとは
楽に勝てる戦だったはずがとんだ見当違いです。
それに上杉に手こずってしまっては、後ろの徳川が危険です。

昌幸は今は戦わねばと氏直に進言しますが
氏直は昌幸の言うことは聞きません。
ここは引いて先に徳川を戦うことにしました。
上杉軍に襲われるかもしれない危険な軍のしんがりは真田に任されました。

昌幸の思惑通り

しかしすべてそれは昌幸の計画でした。
3万いるという上杉の軍も本当は7千程度。
さらに上杉景勝も家臣柴田勝家の反乱鎮圧のため
春日山城へ引き返していたのです。

慌てる家康

先に信濃攻略だと思って油断していた家康は慌てます。
こうなってしまった以上は迎え撃つしか家康に道はありません。

春日を利用した昌幸と信尹

時刻は上杉と北条が千曲川でにらみ合いとなる前日の夜に戻りました。

信尹と信繁は春日信達に
北条氏政からの「海津城を任せる」という文を渡しました。
春日はそれをみて「有り難いことだ」と喜びます。
喜びをかみしめている春日。
そして背を向けた隙に、なんと信尹は刀を抜き春日を刺しました。
信繁は驚き動けません。

春日が事切れた後
信尹は春日が自分で刀を抜いたように小細工を施しました。

裏切りのレッテル

上杉景勝には春日が裏で北条と通じていたようだという話しをします。
春日が怪しい者を手引きしていたため問い詰めたら
いきなり斬りかかってきたのだと嘘を付きました。

上杉景勝は春日が裏切り、
自分を挟み撃ちにするつもりだったというように騙されます。
こういう経緯で春日は磔にされ、川中島へさらされたのでした。

景勝は春日の亡骸の前で、
「上杉を支える男だと思っていた。
つくづく人の心は分からぬものだ。」と言い去っていきました。
信繁は何とも言えぬ表情でそれを聞きます。

しかし上杉の家臣である直江兼続は信尹達を怪しんでいるようです。
信尹は信繁だけ先に信濃へ戻るように言い渡しました。

空の信濃

信濃から北条は兵を引き、上杉も越後へ戻り
北条が南の徳川と対峙していることで信濃は空っぽになりました。

それが昌幸の狙いのようでした。

自分たちの信濃の国

国衆が信濃を治める。
もともと武田の領地だった場所です。
上杉も北条もいらない。
自分たちの国を作るのだと、
昌幸は国衆達の独立国家を考えていました。

信繁は、春日を裏切りものに仕立てた父と叔父を恐ろしいと感じました。

昌幸の手腕に危機感

自分の兵を一兵も使わずに信濃から北条を追い出したことを
家康は感づいていました。
家康は昌幸に危機感を覚えました。

感想

相変わらず昌幸が悪人のように見えてしまいます。
春日信達があまりに哀れで可愛そうでした。
先週の滝川一益も昌幸に騙されまくっていて
見ていて心苦しくなってしまうほどでした。

人を騙し利用して生き残ってきたのだなという様が描かれているのですが
真田の印象がとても悪いですね。

信繁はそんな父のことを分からなくなってきているようでしたね。

しかし信尹…上杉に残っていて大丈夫でしょうか。
危険なフラグが立っているようにしか思えません。

 - 真田丸