お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

真田丸6話「迷走」ネタバレ感想!いつの間にか終わった明智討伐

   

真田丸第6話「迷走」のストーリネタバレ・感想です。
明智光秀の軍勢から逃れ山をさまよう信繁達。
無事に真田の郷へ戻ることが出来るのでしょうか。

スポンサーリンク

松が崖から落ちて…

山小屋へ隠れていましたが明智の軍勢に見つかってしまいます。
襲われる松を佐助が一度は助けたのですが、
崖に追いつめたれた松は崖から飛び降りてしまいました。

すぐに捜索するも、松を見つけることは出来ませんでした。

人質

やっと滝川一益のもとに織田信長の訃報が届き真田昌幸は呼び出されます
そして滝川に人質を出すように言われてしまいます。
滝川は真田を100%信用していないようです。

織田撤退

織田家の家臣・森長可は信濃の北を任されており
撤退を余儀なくされていました。
その一行に出くわし、不審者と間違われた信繁達でしたが
同行していた信濃の国衆の一人、出浦昌相のお陰で助かりました。

出浦は織田家の家臣として森を守り、信濃を抜けることを決めたようでした。
それが筋だという出浦に
「戦国の世にそれは可能なのでしょうか」と驚いて問う信繁に
出浦は「乱世だからこそ、我らの流儀に値打ちが出る」と答えました。
出浦は、私は戦では命は落とさない。
私が命を落とすのは信用を失った時だと言い、去って行きました。

北条か滝川か

昌幸は国衆を集めて、滝川に味方することを報告しました。
それに憤慨したのは室賀でした。
室賀は織田を叩き、北条に味方する考えを持っているようでした。
北条氏直は信玄公の孫なので、新しい主に相応しいというのです。
他の国衆も同様の意見のようでした。

昌幸は仕方なくそれに同意しました。
しかし滝川との約束をどうするのか、昌幸と信幸は困ってしまいます。
こうなっては滝川には早く明智を討ってもらわねばなりません。

北条の考え

北条氏政に信長の訃報が届きました。
氏政はすでに息子・氏直に家督を渡していましたが、実質の北条の支配は氏政が行っています。
そこに昌幸の弟・真田信尹がやってきます。
滝川が留守の間は攻めこむのを待って欲しいと頼みに来たのです。
氏政はそれを聞き入れます。

そして滝川に「北条は明智攻めの間、こうずけ・信濃を攻めない」と手紙を書きます。
が、それは滝川を油断させるための方便で
明智攻めが終わった滝川を討ち、こうずけ・信濃を奪い取る算段のようでした。

家康はのらりくらり

家康の元に家臣の平八郎がやってきて
明智討伐に行こうと言うのですが、家康は動きません。
滝川からも北条との戦に備えるように手紙が来たのですが、そちらも乗り気ではなく
兵は出すと言っておいて、のらりくらりとかわす考えのようです。

母の悲しみ

松が崖から落ちたことを信繁は父と母、兄に報告します。
母は泣き崩れました。
人質に出すということが永久の別れとなってしまうという事を
さらに身にしみて感じた昌幸でした。

信繁と信幸

落ち込む信繁に信幸が声をかけます。
安土や京を目の当たりにしてきた信繁に意見を求めました。
誰もが先がわからず必死にもがいている…。それしか分からなかった。と言います。

今分かるのは、北条が攻めてきたら真田は終わりということだけです。

キリは嫌な女子?

キリと真田屋敷でばったり会った信繁。
何故ここにいるのかと驚きます。キリは先日から真田に奉公に来ています。

「松様のこと、聞きました。仕方なかったのではないですか?」と言うキリに
「仕方なかったではすまない!」と怒ります。
しかしキリは負けずに言い返し
「どうせアナタのせいじゃないって言って貰いたいのでしょう!絶対言いませんから」と。
「嫌な女子だ」と言って二人は喧嘩別れします。

梅と約束

梅に会いに来た信繁。
何も言わなくていいから話しを聞いていてくれと信繁は梅に言います。

帰ってきたくなかった。
明智の動きを見誤り、姉を救えなかった。
ずっと兄より自分は才能があると思っていた…
その才で兄を助けるのが努めと思っていたが、それはうぬぼれだった。

梅は黙っていた口を開き、一言だけ
「梅は源次郎さま(信繁)が帰ってきてくれてホッとしました。
もし真田の郷になにかあったときは、必ず私をお助け下さいませ。…約束です。」と言いました。
信繁はそれに「わかりました」と答えました。
ほっこりした空気です。

生きていた松

質素な小屋で記憶を失ったような状態の松が登場しました。
夫の茂誠にもらったお守りだけ大切に握りしめていました。

ババ様を人質に

お祖母様を人質にすることに。
ババ様は、こんな年寄りでも真田の役に立てるのなら本望ですと言い
滝川の人質となることに。
キリもババ様のお世話のために一緒に沼田へ行くことになります。
キリはそれを父に告げられたあと、
梅の家で仲睦まじく薪を割る信繁と梅を複雑な表情で見つめます。

そして翌日、ババ様たちの一行は沼田へと旅立ちました。

羽柴秀吉

明智光秀が羽柴秀吉に討たれたという報が、滝川と昌幸の元に届きました。
今もっとも天下人に近いのは秀吉かもしれないと滝川は言います。

これで滝川もダメになってしまいました。
「私が肩入れしたものは皆ダメになる。私は疫病神なのか。」
と昌幸は信幸にこぼしました。

信濃は日本の真ん中

信繁は、幼いころ姉の松と追いかけっ子をした場所で父・昌幸と会いました。
昌幸は「わしは不甲斐ない。
織田や上杉と対等に分かり合える力が欲しい。」と言います。

信繁は
「領主が変わってもここから見える信濃の景色は変わらない、
不思議ですね。」と言いました。
「信濃は日本国の真ん中です。
私は信濃に生まれたこと、父上の子として生まれたことを誇りに思います。」

昌幸は少し元気が出たようでした。

信濃を守る

北条は秀吉が明智を討ったという報を受け、滝川に攻め込みました。
滝川は真田に兵を出すように言われますが、昌幸は兵は出さないと言います。
真田は誰の下にもつかないことにしました。

信濃には豊富な木があり、それを運ぶ川もあります。
良い馬もあり、だからこそ皆が信濃を欲しがるのです。
東と西をつなぐ要の土地だから
この土地があれば大名と対等に渡り合える。

北条が滝川を攻めている隙に、岩櫃と沼田の城を取り戻し
どんな手を使ってもこの土地を守る、と宣言しました。

感想

出浦さんカッコイイですね。
以前からなにかと気になる動きをしていた彼。
しかし織田に味方して大丈夫なのでしょうか。
フラフラしている昌幸よりも、
仁義…というか男気のような物を感じ魅力的に見えてしまいます。

そして相変わらずの、高畑淳子さん演じる母・薫。
娘の松が崖から落ちたと聞いて泣き崩れるシーンは
短いシーンながらもぐっとくる物がありました。
しかし直後の自分は人質になりたくない、と
ぶつぶつ文句を言うシーンにはぷっと笑ってしまうコミカルさも含まれており
演技の幅広さを感じますね。
いつもちょびっとしか出てきてくれないのが残念です。
もっと見ていたくなる、というか
次はどんな事を言うのか楽しみなキャラクターになってます。

いつの間にか終了の明智光秀

しかし、高速・本能寺の変につづき
秀吉の明智光秀討伐は描かれもせず、いつまにか終わってしまうという扱いの悪さでした。
確かに真田の動きと関係のないところでの出来事ですが
もう少し…もう少しなにか欲しいところです。寂しすぎる…。

 - 真田丸