お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

真田丸第7話「奪回」ネタバレ感想!昌幸もキリも嫌な奴に仕上がってる…

   

真田丸第7話「奪回」のストーリーのネタバレ・感想です。
滝川に人質となったばばさまとキリをすくうため
信繁が動きき出しますがなかなか上手くいかず…?

スポンサーリンク

城の奪還

滝川一益が北条討伐へと向かう隙をつき
昌幸は岩櫃城と沼田城を奪還します。
しかし滝川のもとには人質としてばばさまとキリがいます。
昌幸は信繁と共に箕輪城にいる一益を訪ねます。
まだ一益の元に真田が裏切った報は入っていないようで
北条との戦が敗戦濃厚となった時に訪ねてきた昌幸を歓迎します。

盃を交わす

きっと最後の夜になるといい、一益は昌幸と酒を酌み交わします。
自分は一旦信濃を離れる。いつか必ず戻ってくる。と言い
沼田城と岩櫃城を返してくれると言いました。
すでに奪い返してしまった昌幸は「ちと早まったなぁ」と困ります。
もし昌幸の行いがバレたらさすがの一益も激怒するに違いありません。

必ず助ける

信繁は夜、箕輪城でばばさまとキリを見つけました。
必ず助けると約束し立ち去ります。

明日の夜、小諸城に立ち寄った時に奪還する予定です。
昌幸はばばさまの救出を信繁に託して帰って行きました。

翌朝、ついに一益は昌幸の裏切りを知りました。
激高する一益でした。

救出?

小諸城では滝川の兵と小諸の兵が入り混じり、
そのため信繁と三十郎もすんなりと入り込むことができました。
上手く立ち回り、人質の居場所を聞き出すことに成功した信繁は
ばばさまとキリに無事会うことが出来ました。

しかし逃げ出す間際、キリが忘れ物をしたといい戻ってしまいます。
それは信繁からもらったクシでした。
やっと見つけて逃げ出そうとしたら運悪く見張りが戻ってきてしまいました。
そこに更に滝川一益が来てしまいます。
そして信繁が真田昌幸の息子で侵入者であることがバレてしまったのです。

取り囲まれ逃げることも叶わず
結局人質を助け出す所か信繁まで一益の人質になってしまいました。

キリは嫌なおなご2

人質に逆戻りしたキリは苛立ちを隠しません。
信繁に対して「一体なにしに来たんですか!?」と怒ります。
三十郎は忘れ物を取りに返った貴女のせいではないですかと信繁を庇います。
キリは松が崖から落ちたのも信繁のせいだと更に責めます。

「嫌なおなごですね」と三十郎も立腹といった様子でした。

嫁姑問題

そんな事とは露知らず、信繁の母・薫の元に信幸の妻こうが訪ねてきました。
こうは病弱で信幸を支える所か、
逆に信幸に気を使わせているような妻である描写が以前も出ていました。

一人でいると気が滅入りそうで…と言って薫を尋ねたのですが
薫が話しかけても気の利いた返答も返ってこず
薫は早々に席を立ちます。

「こっちが気が滅入りそうだわ」と
嫁姑の関係が垣間見えたシーンでした。

木曽義昌

滝川一益は木曽義昌に足止めをされ、信濃から出れずにいました。
木曽の支配下である信濃西部を抜けねば目的地の伊勢にはいけません。
木曽義昌は武田信玄の娘婿であったにも関わらず
真っ先に裏切って織田に付き、織田の信濃進行の足がかりとなった人物です。

木曽の狙いは一益が人質として連れている真田の一行でした。
もともと、信濃一体の支配を狙う木曽には真田の人質が欲しかったのです。
滝川には時間がありませんでした。
信長亡き後の後継者を決める清須会議が目前と迫っていたのです。

たらいまわし

結局真田の人質は木曽の手に渡りました。

しかし結局滝川一益は清須会議に間に合わず、どんどんと力を失い
二度と信州を訪れることはありませんでした。

ばばさまのお陰で助かる

木曽義昌が人質に会いにきました。
最初は「お主らはワシの駒じゃ!」と意気揚々としていた義昌でしたが
ばばさまの姿を見ると顔色が一変しました。
どうやらばばさまは木曽義正と知り合いだったようです。
子供の頃からよく知っているばばさまに、義昌は頭が上がらないようでした。

ばばさまは「馬鹿者!大恩ある武田家を裏切りおって!」と義昌にビンタします。
義昌は「木曽を守るためにああするしかなかったのです」と言い訳します。
ばばさまは人質の開放を要求しました。
しぶる義昌に、「では信繁だけでも返して欲しい」と言います。
義昌はそれを飲んで信繁を開放してくれました。
ついでにキリと三十郎も開放されました

キリはやっぱり嫌なおなご?

ばばさまを助けに来たのに、それが叶わず信繁は落ち込みます。
落ち込む信繁にキリは
「助けようと思った気持ちが大事」と珍しく励ましますが
悩める若人とおちょくり、信繁にはまた嫌なおなごだと言われてしまいました。

真田兄弟

真田の郷に帰ってきた信繁は信幸に愚痴ります。
しかし信幸も今は留守の父の代わりに岩櫃城を任されており
いっぱいいっぱいでお前を励ましてやることもできない。と言います。

しかし信繁は兄の顔を見ただけで少し元気になりました。
仲の良い兄弟です。

北条にはつかないのか

室賀が北条につきました。
昌幸には出浦にも北条に付くように言います。
北条の内情が知りたいのです。
しかし昌幸はその時点では北条に付かず、上杉景勝に会いに行きました。
なにか考えがあるようです。

上杉景勝

信濃は元来上杉にこそ縁の深い土地。
北条には渡さない。共に力を合わせて北条から信濃を守りましょうと持ちかけます。

上杉は先の織田との戦いで疲弊していて、本来真田を守ってやるだけの力はありません。
しかし昌幸の言葉に心動かされ上杉は北条と戦うことにしました。

二人で一つ

真田の郷に戻った昌幸は、ばばさま救出に失敗した信繁を怒ります。
何故信繁は失敗するのか。
それは信繁が勘に頼りすぎているからだ。
信幸は勘には頼らない。だから間違いが少ない。
しかし信幸は真面目すぎて面白くはない。
信繁は間違えこそすれ面白い。面白くなくては人は動かない。

二人で力を合わせるのだ、と昌幸は言いました。

そして昌幸は信繁にまた仕事を与えます。
上杉の海津城にいる信忠と共に上杉の家臣である春日信達を調略し
上杉を裏切って北条に付くようにするという仕事でした。

昌幸の策略

自分が北条につくときの手みやげとして春日信達を一緒に連れて行くのです。

信濃までのこのこ出てきた上杉景勝を春日と挟み撃ちにして
一網打尽となり、真田の手柄となります。

感想

ここの所信繁はダメダメですね。
失敗続きですが、この失敗が後々の成長につながるのでしょう。
しかしキリにはちょっとイラっとしてしまいますね。
あえての役なのでしょうが、この時代のおなごにしては自分のことばかりの様な感じです。
クシを取りに戻った件に関しても一言も謝罪しませんでしたね。

そして真田昌幸です。
最初の方は武田に仕え忠誠を誓っていた感じが格好良かったのに
裏切りに裏切りを重ね、嫌なやつになっていますね。一益が少し不憫でした。

でも今回はテンポ良く物語が進んで行ったので見ていてワクワクしました。
来週はなにやら信繁が父と伯父・信忠の事を信じられなくなっているような感じでしたが
一体なにがあったのか…。
信幸の時と同じで、信繁も本当の任務を知らされず踊らされているのでしょうか。

 - 真田丸