お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

真田丸5話「窮地」ネタバレ・感想!服部半蔵がハマカーンの浜谷

   

真田丸5話「窮地」のストーリーネタバレ・感想です。
織田信長が本能寺の変で討たれ、またしても窮地に陥った真田家。
果たしてどうするのでしょうか。

スポンサーリンク

家康は光秀を討ちに

姉の松を安土に送った翌日、明智光秀により織田信長が討たれました。
明智はその日の打ちに嫡男・信忠のいる二条城を襲いました。

この日、徳川家康は穴山梅雪と共に堺から京へ向かい
信長と合流して茶会をする予定でしたが、道中で信長の焼き討ちの報を聞きました。
家康は光秀を討つため、光秀のの意表をつくルート
伊賀を抜けて行く道を通ることを決めました。

信繁は京へ

安土の信繁は不吉な予感を感じ
安土城下で京より来た旅人に戦が起きたという噂を聞きました。
信繁は噂を確かめるため、京へと行くことにします。

キリが真田家に奉公

信州の真田の郷にはまだ不穏な噂は伝わっていません。
昌幸の元にキリの父が訪ねてきました。
そしてキリは真田家の奉公に出ることになります。
キリの父はキリと信繁を結婚させたがっているようでした。

梅雪、再び裏切り?

山道を行く家康に、穴山梅雪はふた手に別れる事を提案しました。
梅雪は腰痛持ちのため、先を急ぐ家康の足に着いて行くことが困難です。
ふた手に分かれた方が敵の目を欺くことが出来るかもしれない。
そう言って、家康と梅雪は違う道を行くことにします。
梅雪は、意味深な目で家康を見送りました。
「家康と心中など出来るか。いざとなれば明智に下れば良い」と言って家臣と山を進みます。

しかし穴山梅雪が甲斐の地を踏むことは二度とありませんでした。
一説によると山中で山賊刈りにあい
あっけなく命を落としたということです。

服部半蔵現る

山道で疲弊する家康の前に家臣の服部半蔵が現れました。
伊賀は服部の故郷です。
道はすでに確保したと、家康を案内します。
家康は幾多の困難を乗り切り、無事に妻の待つ家へと到着しました。

明智光秀からの使者

真田の郷に信長の訃報が届きます。
「そんなバカな」と昌幸は驚きを隠せません。
そこへ明智光秀からの使者が書状を持ってやってきました。
そこには織田信長を討ったという内容が書いてあります。
昌幸は他の国衆にも書状を届けに行くという明智の使者を捕らえ、
他の書状を燃やしてしまいます。

そして他の国州を呼び出します。

昌幸にもどうすれば良いのかわからない

信幸と2人になると、昌幸は突如今までの落ち着いた様子とは打って変わって
「ちくしょー」と取り乱します。
せっかく頭まで下げたのに、何故討たれたのだ!と信長に対して怒ります。

信幸は、これからどうするのかと父昌幸に問います。
しかし昌幸も「どうしたら良いのかわからん」と答え信幸は口を開けて固まってしまいます。

信繁は明智の軍勢に出くわす

信繁は京への道中で明智の軍勢を見かけました。
まだ何が起こったのかわからない信繁は急ぎ京へと向かいます。
そこで信長が明智の謀反によって命を落としたことを知り、松が危ない!と
急ぎ安土へ引き返すことになりました。
来る時にすれ違った明智の軍勢は安土へ向かっていたのです。

国州には国州の生き方

一介の国州は有力な大名にすがるしか生きていく道はないが
国州には国州の生き方がある、
食らいついてでも生き延びでやる、と昌幸は誰に付くのか決めたようです。

しかし信幸はそんな父を理解しがたいようでした。
一度織田につくと決めたのなら織田の家臣として戦うのが筋ではないのか。
私には父が理解できない、とこぼすのでした。

松が危ない

信長がいなくなったのだから、松は帰ってくるのですよねと
妻の薫に言われ昌幸はハッとします。
安土にいる松が明智に捕らわれでもしたら明智の味方につかなければいけなくなります。

国衆の会議

昌幸は国衆を集めて今後の話し合いを行いました。
室賀正武はもちろん、織田に付くと言い出した昌幸を責めました。
しかし、国衆の総代は昌幸だと以前話し合った時に決めています。
今回も明智からの書状を見せつけ、明智も真田の力を認めているとホラを吹き国衆を黙らせます。
そして織田を見限り、上杉へとつくことを決めました。

越後の春日山場へ

武田と上杉は昔領地を争い、戦いを繰り広げていました。
武田にとって最も縁の深い大名が上杉です。
上杉景勝の元へ昌幸の弟・信尹が訪れました。
景勝は真田を受け入れましたが、信州から織田勢を退けることは断られました。
上杉も織田に攻め入られ、要の魚津城も落ち上杉自体も疲弊している状態です。

それを聞き、昌幸は仕方ない上杉も諦めようと言い出します。

滝川一益から呼び出し

織田家の重臣・滝川一益から昌幸に呼び出しがかかります。
ようやく信長の訃報が届いたのかと思ったのですが、
そうではなく良い湯治場を探しているようでした。
昌幸は草津の温泉を勧めました。

そこで一益は信長の日本統一の夢を語りました。
戦のおきない世の中。

それを聞いた昌幸は信長の夢に圧倒され、
信長という男の大きさに胸をうたれたようでした。

松を救出!さらに…

安土には案の定明智の軍勢が押し寄せてきました。
安土の真田屋敷に戻ると松はすでに安土城に捕らわれているようでした。
しかし混乱しきっている場内は信繁の侵入をすんなり許し、
すんなりと松と再会することが出来ました。
他の人質も見捨てられないと言い出した松の言葉を聞き
人数が増えれば危険も増しましが、信繁は人質を連れて逃げる事を決断しました。

来る時にタヌキが顔を出している井戸を見かけた信繁は
それが抜け道ではないかと思い当たりました。
案の定井戸を開けると抜け道となっていて山の中へと逃れることに成功しました。

5話終わり

感想

怒涛の如く物語が展開されました。
穴山梅雪の最期もなんともあっけなかったです。
武田滅亡のキーマンだったのでもっと暗躍するのかと思ったら…。

昌幸も昌幸で軽い男に見えてしまいますね。
史実に基づいているのでしょうが
それにしてもやっていることが梅雪と大差ないような感じに見えてしまいます。

服部半蔵がハマカーンの浜谷さんでした。
真田に仕える佐助も藤井隆さんですし、
真田の村人・与八もキングオブコメディーの今野浩喜さんです。
芸人さん枠が豊ですね。
これも三谷幸喜カラーと言えるのではないでしょうか。

しかし、やはりまだまだ主人公が主人公っぽくないのももどかしいですね。
信繁の活躍はまだでしょうか。

 - 真田丸