お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

[真田丸]第3話「策略」ネタバレ感想!女のバトルが始まった?

   

真田丸の第三話「策略」のネタバレ・感想です。
真田の郷に戻った信繁一行は、信濃の国州をまとめられず苦労します。
ヒロインきりと梅の女のバトルも始まりました。

スポンサーリンク

上杉に密書を

真田の郷に戻った真田昌幸は、信濃の国州とこれからのことを話し合います。
織田につこうという昌幸に、室賀正武が反発します。

昌幸は、織田に取り入れなかった時の事を考え
秘密裏に息子信幸に上杉への密書を届けるように命じます。
しかし道中信幸は室賀正武と、国州の一人である出浦昌相の手の者に襲われ
密書を奪われてしまいます。
共の佐助も斬られ、密書も奪われてしましました。
室賀はそれを織田信長に届けるつもりです。
そうなってしまっては、真田は織田を敵に回してしまいます。

計画通り

父昌幸に腹を切って謝罪をしようとする信幸。
しかしその時、信幸を襲った一人である出浦昌相が昌幸の元を訪れます。
出浦は「上手く室賀を誘導できた」と言います。
どうやら全て昌幸の計画だったようです。
斬られたと思っていた佐助も出てきて、
計画を知らなかったのは信幸だけということが分かりました。
昌幸はわざと室賀をけしかけて、上杉への密書を織田に持っていかせることで
信長に真田昌幸という人物は各方面から声のかかる重要な人物だと思わせたかったのです。
その事を自分だけ知らされず、踊らされていた状態の信幸はがっくりと肩を落とし
自分は父に信用されていないと落ち込んでしまいます。

室賀を追い払いに

信繁は初恋の相手梅にお土産に買ってきた櫛を渡しに行きます。
幼馴染のきりに頼んで一緒に来てもらうことになりました。
「よくぞご無事で…」と良いムードになる梅と信繁でした。
そこへ梅の兄が帰ってきます。梅の兄と信繁はとても親しい仲のようです。
そこで、先の戦で山がなくなり薪を取ることの出来なくなった室賀の民が
真田の山を荒らしに来ている事を聞き、
信繁は皆と一緒に室賀の者を追い払いに行きます。

松の夫・茂誠

無事に室賀の者を追い払うことが出来た信繁達ですが、
帰りにとんでもない人物と遭遇します。
姉・松の夫・小山田茂誠です。
武田を裏切った小山田一派の彼は、普通であれば真田に帰ってくることなど許されません。
茂誠は最後に一目、松に会いたかったと言います。
信繁は梅の家に一先ず茂誠を匿い、松と兄の信幸を呼びます。

再会

松は夫との再会を喜び、お互いに抱き合います。
しかし信幸は茂誠をこのままにしておくことは出来ないと言い切ろうとします。
それに対して松は身を挺して夫を庇いました。
信幸は観念して、茂誠に逃げろと言い見逃してくれました。

信長から連絡

織田から真田へ参上せよという手紙が来ました。
昌幸の計画の通りになりました。
昌幸は、信繁を連れて織田の元へ向かうことを信幸に話します。
信幸は何故自分を連れて行かないのか。
父は自分の事をないがしろにしている、と気持ちをぶつけます。

真田の嫡男

「お前は真田の嫡男だ。
私と信繁になにかあったときはお前が真田の長だ。任せたぞ。」
と言う昌幸の言葉に、
父は自分を信用していなかった訳ではなかったのだと自信を取り戻します。
信長と会ってどうなってしまうのかまだ分かりません。
下手をすれば命はないかもしれません。
そんな危険な相手に信繁は会いにいきます。

3話終わり

感想

やっと長澤まさみさんが出てきましたね。
きりと梅の女のバトルが陰で開始され始めました。
梅に思いを寄せる信繁を、なんとなく面白くなさそうに見ているきり。
梅は一見おっとりしているようで、室賀の者を一緒に追い払いにいくなど
気骨な面もある女です。
今後の恋愛模様も気になる所ですね。

しかし今回はあまり話しが展開しなかった回ですね。
来週はいよいよ織田信長登場で荒れてくれるでしょうか。

 - 真田丸