お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

[真田丸]第2話「決断」ネタバレ感想!真田親子がダチョウ倶楽部のようだ

   

第1話が視聴率20%に迫り、大注目の真田丸の2話のネタバレと感想です。
信繁達一行は無事に父・昌幸のいる岩櫃へとたどり着けるのでしょうか。
そして甲斐の名門武田家の運命やいかに!?

スポンサーリンク

信繁は父のいる岩櫃へ

岩櫃へ向かう真田家の一行は野党に襲われながらも懸命に父・昌幸の元へ向かいます。
道中、夫の茂誠を案ずる松ですが
その一族小山田が真田を裏切ったことを一行はまだ知りません。

百姓へ変装

野党や敵に見つからぬように百姓に変装した真田一行は
偶然にも同じ武田の侍達と出会います。
それは小山田の家臣達だったので、松の顔見知りがいました。
侍は「あなた方を助けるために探していた」と言います。
すっかり安心してその侍達と行動を共にすることになりました。
今は岩殿に守りを集中しなければならない時なのに、
何故こんなところに小山田の一行がいるのか信繁だけが不信感を感じていました。

武田家滅亡

一方武田の大将・勝頼は田野村に身を隠していましたが
織田家の重臣・滝川一益に追いつめられ自害してしまいました。
これにより、甲斐の武田家は滅亡をしました。
その夜真田正幸の元に亡き武田信玄の御霊が現れ
昌幸は勝頼への悪い予感が的中したことを知ります。

小山田一派を撃退

小山田一派についてきた信繁たちでしたが、
途中方角が違う事を指摘すると小山田の侍と乱戦になりました。
あわや、という時に父・昌幸が颯爽と登場し皆を助け出します。
そして信繁と信幸も、主君・勝頼がもはやこの世の人ではないことを知らされます。

裏切りの小山田

武田の領土はほぼ織田の物となり
織田信長の嫡男・織田信忠が甲府に入りました。
武田を裏切り、織田に取り入ろうとする小山田信茂ですが、
信忠は「お前は主君を裏切ったただの逆賊だ」と言われ首を跳ねるよう命じられてしまいます。
同じ裏切りでも、木曽義昌と穴山梅雪は織田の調略によって織田に寝返った訳ですが
その者達とは違い小山田は勝頼のそば近くにいながら
一時の恐れに負けて主君を捨てた、ただの卑怯者ということでした。
松の夫・茂誠は小山田信茂が引っ捉えられていくところを見ていることしか出来ませんでした。

真田はまだ終わっていない

岩櫃では真田の会議が行われていました。
武田が滅び、主君を失った真田家は道を模索していました。
北の上杉景勝の元に身を寄せるか、東の北条氏政の元へ行くか。
どちらにしても織田の脅威からは逃れられません。

しかし結局どちらにもつかないことに決めます。
昌幸は悩みに悩んだ末、織田につくことにしました。
その決断には信繁も信幸も度肝を抜かれます。

第2話終わり

感想

2話ではやはりまだ、ヒロインの長澤まさみさんは出てきませんでした。
今回は徳川家康のたぬき親父っぷりが何気に出ている回でした。
裏切り者の穴山梅雪を裏では軽蔑しながらも本人の前では一転、彼を褒めちぎる。
戦国時代は、敵も味方も誰を信じて良いか分からない裏切りの世でもあったということを
意識させられますね。怖い時代です…。(現代でも似たようなものか。)

最後の重大な決断をクジでしようとする真田家の親子3人は
プッ笑ってしまうような独特な間の取り方でしたね。
上杉か北条か、信幸にクジを引かせようとしたのにクジが引けない…。
こんな事クジなんかで決めて良いのか!と結局はクジを捨ててしまいます。
ダチョウ倶楽部のコントかと思いました。
コレが三谷カラーですね。

個人的にはちょくちょくこういうシーンがあるのも大河らしくなくてとても良いと思いました。

 - 真田丸