お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

[ノンストップ]坂本ちゃんが母親との絶縁を告白!

      2016/01/15

24日のノンストップ、あなたの知らないセケンでは
電波少年で一世を風靡した坂本ちゃんが
家族と縁を切ったことについて語りました。
子が親と縁を切るときとは・・・!?

スポンサーリンク

子が親と縁を切る時

スタジオには家庭内の様々なトラブル相談を受ける
親子問題カウンセラー、横山真香さんを迎えました。

縁を切るということは原則、法的にはできないそうです。

坂本ちゃんとは

坂本ちゃんは現在49歳の、
進ぬ!電波少年の東大合格を目指す企画で
一躍人気者になった芸人です。

坂本ちゃんの現在

人気者になってから15年、
現在もタレント活動をしながら、
週に1度、都内で友人が経営する
小さなスナックでアルバイトをしています。

1週間の給料は9000円、それと時々舞い込む
テレビの仕事や雑誌の執筆などで生計を立てています。

ブレイク前は家族は仲良し

坂本ちゃんは山梨県・甲府市出身。
3人兄弟の次男として生まれ、24歳の時に父親が他界。
貧しかったが、優しい母のおかげで幸せな生活を送っていました。

15年前はみんな笑顔で仲良しでした。

そんな家族が破綻したのは
芸能界で活躍するという
坂本ちゃんの夢が叶ったことがきっかけでした。

坂本ちゃんがブレイク

電波少年で大ブレイクして以降、
月8万円のアルバイト生活が
一気に収入が100倍になりました。

仕事も収入もどんどん増えていく中、
母親が借金をしていることを知りました。

月30万円の仕送りをして、
お母さんはすごく喜んでくれました。

金額が50万円、100万円と増えていきました。
弟からもお金を求める電話が来るようになりました。
5分置きくらいにかかってきて、
坂本ちゃんは怖さを日々感じるようになっていきました。

そんな生活が2年程続いた頃、
仕事が激減し、仕送りをする余裕はなくなりました。

家族と絶縁状態に

弟と直接会って1000万を最後に
お金を求めないという約束をしました。
その時、「お金を出せばいいと思ってるでしょ」
と言われ、坂本ちゃんは大きなショックを受けました。

それ以来、母親と弟からの連絡が止まったが、
1週間後また電話がかかってくるようになりました。

好きだからこそ自分から縁を切らないと
どっちもダメになってしまうというのが15年前の坂本ちゃんの決断でした。

引越しをし、電話番号も変え、
15年間家族との絶縁状態が続いています。

15年経った今・・・

今思えば母親の面倒は弟に任せっきりで、
借金について詳しく聞くこともなかったことを
後悔しています。

坂本ちゃんは家族のことを正直に話すことで
過去にして次に進んでいきたいと思っています。

家族と絶縁・・・坂本ちゃんが抱えた15年間の葛藤

1.人間不信

自分は家族とすら仲良くすることができないんだという
思いから来る人間不信

2.罪悪感

家族を変えたのは自分のせいという罪悪感

3.恐怖感

実家のある山梨県の仕事はNGにしていました。
もし家族に会ったら同じことをしそうな自分が怖い

4.孤独感

家族というよりどころがないという孤独感

相続問題も

絶縁状態でも法律上は親子関係があることになります。
亡くなった場合財産継承があるので、
負の財産を背負うこともあります。

お金の問題以外で絶縁するケースも

母親の支配から逃れたい・・・

小さい頃から1人娘である真由美さんに過剰に干渉し、
自分の思い通りにならないと容赦なく怒りました。
真由美さんは今の夫と出会い、
結婚すれば母から解放されると思っていました。

母の反対を押し切り結婚、出産をした真由美さんでしたが
実家では案の定、子育てのことで叱責されました。
気がつくと母と同じことを自分の子どもに口走っていました。

このままでは自分の母が自分にしてきたことと同じことを
自分の子どもにしていまうという恐怖感がありました。

一方で夫の母は優しく、
子育ての分からないことも丁寧に教えてくれました。

夫の転勤で引越しした際に、
新しい住所は母に伝えず、電話番号も削除しました。
困ったことは夫や夫の家族に相談するようになり、
こうして真由美さんは母と絶縁しました。

絶縁した親子が関係を修復するケースも

母の暴言に耐え切れず結婚を機に
絶縁した娘だったが出産子育てを経験し
母の気持ちが理解できるようになりました。

子どもの誕生日に母を招待し、
10年ぶりに再会し、
これ以降何度か会う関係になった事例もあります。

 - ノンストップ