お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

乙武の妻仁美が激白!家に帰ってくるな・逃げ出したかったと言った事を反省

      2016/04/23

現在不倫報道で世間を賑わせている
五体不満足の著者乙武洋匡さんの妻・仁美さんが
週刊文春に心境を激白しました。
不倫の責任の一旦が自分にもあると異例の謝罪ファックスを送った奥様。
その理由とは…?

スポンサーリンク

結婚したのは22歳

乙武さんと、妻の仁美さんが結婚したのは
乙武さん24歳、仁美さんが22歳の時でした。
乙武さんのお父様が肝臓がんで余命幾ばくもないということから
二人は結婚を急いだようです。

それは著書「五体不満足」が世に出る前のことでした。

ペットを飼ったことがあるから大丈夫

乙武さんはトイレに行っても自分でお尻を拭くことが出来ない。
それでも大丈夫?と結婚する前に聞かれたそうです。
仁美さんは「私、犬を飼ったことがあるから大丈夫」と応じました。

しかしドアも自分で開けることも出来ない彼との生活は
想像以上に大変だったそうです。

子供が産まれたことでいっぱいいっぱいに

さらにお子さんの誕生で、慣れない育児と乙武さんの介助。
全てが仁美さんの負担になってきました。
しだいに乙武さんから開放されたいと思うようになったそうです。

仁美さんは乙武さんのお母様に頼ることなどもせず
一人で全てのことをしていたのです。

家に帰って来ないで

そんな大変な生活のなか、
夜遅くに乙武さんが帰ってくることが負担だった仁美さんは
子供も朝早いのだから、
午後10時を過ぎた場合事務所に泊まって欲しいとお願いしました。

しかし乙武さんはその事務所に愛人女性を連れ込んでいたようです。

性欲が強い

乙武さんは性欲が強く、
しかも自分で処理するということが物理的に出来ません。
なので積極的に女性に声をかけます。

乙武さんのそんな行動を学生時代に注意した知人がいたのですが
乙武さんは自分では性欲を処理できないというそんな事情を話した上、涙ながらに
「そんな僕の気持ちがあなたに分かりますか」と訴えたのだそうです。

榮倉奈々も口説いていた?

乙武さんの元事務所スタッフの証言で明らかになったのは
自身の書いた小説「だいじょうぶ3組」の撮影に
出演した女優を口説いていたということです。

その映画に出演したのは人気女優の榮倉奈々さんです。
なのでネット上では口説いた女優というのは榮倉さんではないかと噂されています。

その女優を口説きにかかった乙武さんでしたが
「乙武さん、奥さんいますよね」と断られたそうで
事務所に帰ってくるや否や
「奥さんのこと言われちゃったんだよね。萎えるわ〜」と
残念がっていたと言います。

今後について

不倫を告白された時は当然修羅場となりました。
しかし仁美さん自身も「家に帰ってくるな」など
夫に言ってしまったことなどを深く反省していました。

今後については

「これからのことは、私にはまだ何もわかりません。
でも主人がどんな選択をしたとしても
子どもたちのためにも、もう一度主人と向き合って生きていくつもりです。

世間が叩く以上に、すでに私が主人を叩けるだけ叩いておりますので
どうか許してやってください。

子どもたちはまだ小さいですし、これ以上はご容赦ください。
心からお願いいたします。
本当に申し訳ございません。」

ということでした。

不倫をした夫を許し、さらに世間に夫の許しまで請いました。

産後の不倫

夫婦間のことなので、お二人にしか分からない辛さもあるでしょうが
奥様はそんなに悪かったのでしょうか。

子育てだけでも大変なのに
それを乙武さんは一切手伝えないところか乙武さんの介助の負担。
奥様の苦労は想像するだけでも相当なものです。

そんな時にすこし夫に冷たくあたってしまうというのは
奥様の努力だけでなんとかなるものでも無いと思います。

子育てだけだって
「逃げ出したくなる」「投げ出したくなる」とおっしゃる奥様方は多いです。
そんな大変な奥様の気持ちを理解せず
産後に浮気・不倫に走る旦那様も多いことは確かですが…

乙武さんに限ったことではありませんが
奥様が一生懸命面倒を見ていたのは、他でもなくご自身の子供です。
もう少し、気持ちに寄り添ってあげられなかったものなのかと思ってしまいます。

 - お得情報