お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

[ノンストップ]稲垣飛鳥が節約術を紹介!年間36万円を節約!

      2016/01/15

年間36万円節約も可能!?
カリスマ節約主婦・稲垣飛鳥さんがその方法を教えてくれました。
またスタジオにはファイナンシャルプランナーのいちのせかつみさんも来ていました。
激安低カロリーレシピも紹介!

スポンサーリンク

食費節約術

食費貼るだけ家計簿

家計簿は必ずつけなければいけないが、続かなければ意味がない。
ということで簡単に出来る家計簿として
スーパーのレシートを貼って行くだけという方法を紹介してくれました。
ポイントは3つ。
日付毎に分けること、レシートを貼ること、合計金額を書くことだけということです。

そしてレシートから無駄を探し、マーカーで色を付けます。
無駄なものを買っている・食べているというのを見つけることから節約が始まります。
見方のポイントは買った日のレシートを見るのではなく、前日のレシートを見ることです。
例えば前日にじゃがいもを購入していたとして、
それが3日経っても残っている・傷んで捨ててしまったなどというのは無駄な食費に当てはまります。

1日の食費を1000円に

4人家族の1日の食費を1000円に抑えます。
買い物を3日に1回にして、予算を3000円までとします。
毎日買い物に行くことでお菓子など、無駄な物を買ってしまうそうです。
それを防ぐために買い物に行く回数を防ぎましょう。

カリスマ主婦の買い物術

冷蔵庫チェック

買い物へ行く前に冷蔵庫の中身をチェックし、最低3日分の夕飯のレシピを考えます。
そしてスーパーへ買い物へ行きます。

3つのメニューが出来ることが出来るか

1つの材料で3つ以上のメニューが出来るかを考えます。
例えばひき肉ですが、チャーハンとコロッケと豆腐を足せば豆腐ハンバーグが作れます。
食費を無駄にせず、使い切る事を考えながら買い物をします。

ツナ缶の値段にこだわる

ツナ缶の値段が30円40円でもいつもより高い場合は買わずに諦めます。
いつも買っている食パン8枚切りが高い時は、同じ値段の5枚切りを購入し、自分で切って食べるそうです。
徹底して安さにこだわります。

鶏胸肉は節約の救世主

安い鶏むね肉は節約の見方。
いろいろな料理に使えて高タンパク低カロリー、疲労回復にも効果的なのです。

安くても数は買わない

いくら安売りしているからといって、余分に買うのはオススメしません。
例えばりんごですが1個100円のりんごと5個入りで400円(単価80円)のりんご、
2個必要な場合、単価の安い5個入りを買いがちですが
1つ100円のりんごを2個買うことで200円の節約になります。

鶏むね肉の節約レシピ

鶏むね肉の3つのアレンジ方法です。
稲垣飛鳥さんが
揚げ、茹で、ひき肉でプロ顔負けの激安ヘルシーレシピを紹介してくれました。

鶏肉の揚げ焼き

1皿96円(1個あたり10円)
胸肉を一口大にそぎ切りにして、醤油や酒などで味付けをします。
油大さじ2しか使用せず、揚げ焼きにすることでヘルシーに仕上がります

茹で鶏のサンドイッチ

一人前70円
茹でた胸肉を裂き、食パンにレタスと鶏むね肉をはさみチーズを乗せます。
(鶏むね肉にマヨネーズか何かをあえた方が美味しそうな気がします)

ひき肉でガパオご飯

一人前150円
フードプロセッサでミンチにした鶏むね肉をフライパンで炒めます。
色付けにタマネギやパプリカを加えかさ増しもします。
ナンプラーやオイスターソース、醤油で味付けをします。

食費・体のスリム化

食費の無駄をなくすことで、体もスリムになります。
お正月太りをしてしまった方、家計と体の引き締めに挑戦してみてはいかがでしょうか。

 - 節約