お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

[ノンストップ]大橋わかがイケア・ニトリ・無印でお部屋をコーディネート!

   

1月20日放送のノンストップでは
イケア・無印良品・ニトリのお手頃な価格な商品で
部屋をオシャレに飾るインテリア術を
インテリアアドバイザーの大橋わかさんが伝授してくれました。

スポンサーリンク

3か所をオシャレにする

玄関、リビング、浴室この3か所をおしゃれにすることで
人を招きたくなる部屋になるのだそうです。

玄関は顔

玄関はお客様を招いた時に一番最初に目に入ってくるところのため
大切なポイントだと大橋さんは言います。
殺風景な玄関の壁の目線の高さに飾りつけをします。

ニトリで購入したクッションカバーをファブリックパネルの代わりにして壁に貼り付けます。
たるみが気になる場合は中にダンボールなどを切って入れておきます。
さらに画びょうで壁に穴を開けたくない人は
養生テープをクッションカバーの大きさに合わせて壁に貼り付け、
そこに両面テープを使用してクッションカバーを取り付けます。
クッションカバーは一つではなく、もうひとつすこし高さをずらして模様も違うカバーを貼り付けます。
動きが出るのでおしゃれ感がアップします。

また造花やアロマグッズを棚に飾り、おもてなし感を高めます。

ニトリの商品は安いので、季節に合わせて造花やクッションカバーを
変えることも簡単にできます。

リビングはポイントの色味を揃える

イケアで購入したフォトフレームとウォールステッカーでリビングの殺風景な壁を飾ります。
壁に貼り付ける前に、床であるていど配置を決めます。
フォトフレームに使用されている色を、壁の色やその他の家具雑貨の色と合わせることで統一感が生まれます。
暗めの色を下に配置することでまとまりが出るそうです。

ダイニングテーブルにもイケアのテーブルランナーを敷きました。
食器も柄を統一したものを使用しています。
イケアは同じ柄でシリーズを出しているので、コップとナプキンが同じ柄の物を揃えられたりします。

浴室は白で統一

なにかと色がごちゃごちゃしがちな浴室は無印良品の白いアイテムで統一します。
シャンプーボトルなどを無印の四角いボトルに変えることでデッドスペースをなくします。
更に洗面器や椅子、スポンジなども白にすることで清潔感も生まれます。

1万円以内で出来る

1か所1万円以内でおしゃれになるので是非真似したいおしゃれテクニックです。

 - ノンストップ