お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

[ノンストップ]妻テロって!?浮気夫に復讐する妻が増加

   

1月21日放送のノンストップでは浮気夫への仕返しが過激化し
妻テロなるものが話題になっているそうです。
スタジオには弁護士の田村勇人さんが来ていました。

スポンサーリンク

妻テロの定義

隠密に計画し突然夫にしかける復讐、ということでした。

妻テロの事例

時間差攻撃

最近夫の様子がおかしいと感じたNさんは、
夜中夫が寝ているすきに指紋認証ロックを解き、
今度の泊まりがけの大阪出張の際、浮気相手と会う約束をしていることを知りました。
Nさんは持たせた荷物のシャンプーの蓋を緩めておき
鞄のなかの書類などをぐちゃぐちゃにし、翌日の仕事の準備に忙しくさせ出張先での浮気を防止しました。

しかし後日、再び出張が入った夫は懲りずにまた浮気相手と会う約束をしていました。
それを見たNさんは、夫と愛人のやりとりを夫の会社や友人等のラインに拡散しました。

夫は会社の上司に怒られました。

法律上の問題は?

スマホのロックを解き、勝手に中身を見ることに関しては法律で罰せられることはありません。
しかし、内容を第三者に拡散するということは「名誉毀損」に当たってしまいます。
ですがほとんどの場合が不起訴となっているそうです。

ATMで浮気発覚

Hさんはある日、通帳の記帳をし
ATMの引き出し記録に怪しい支出があったため夫の不倫に気が付きました。
夫の行くはずのない場所にあるATMで定期的に引き出しを繰り返していたのです。

夫の浮気を目の当たりにしたHさんは愛人の両親に直接不倫を訴えました。
住所は愛人から夫宛にに送られてきた年賀状で調べたそうです。
両親一緒にと土下座をさせ、不倫を終わらせました。

怒りのボルテージアップ

スマホやSNSで浮気の証拠を自分で探し出すことが可能になる時代になり
探偵を雇う必要が少なくなってきている。
第三者を介することで冷静になれる部分もあるが
全て自分で調べてしまうため、心的ダメージも大きくその分怒りのボルテージが上がり
復讐に走ってしまう。

恐怖の旅行

浮気している夫へ復讐をすべく、夫を旅行へ誘ったIさん。
何年ぶりかに週末夫婦旅行を提案し、プランを考えました。
公園で写真をとったり、話題のカフェへ行きました。
実はその旅行先というのは、夫が浮気相手と行った旅行先でした。
Iさんは、夫がスマホの充電のために繋いだパソコンに
写真が自動保存機能でバックアップされていたものを見て知りました。

夫は旅行中、薄々気が付きながらももちろん自分からは言い出せません。
最後の仕上げは宿で
「ここはあなたが浮気相手と来た場所だってわかってるのよ!」
そう言ってIさんは浮気相手との2ショット写真を突きつけました。

想い出の上書き

夫の楽しかった想い出を上書きしたい。
自分は苦しんでいるのに夫だけ楽しい思いをしていることが許せない。
経済的にも精神的にも離婚は難しく、
溜めたストレスをどうにかするために復讐をしてしまう妻が多いのです。

妻テロで離婚される!?

普通、浮気をしている側の夫からは離婚を言い出すことは出来ませんが
あまりに酷い内容の妻テロをしていると家庭破綻とみなされ、
離婚が認められてしまう可能性が高いということでした。

なので離婚をしたくない場合は、一度落ち着いて考えてみることが大切です。

 - ノンストップ