お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

[ノンストップ]佐藤亮子ママ!息子を東大に合格させた方法

   

1月15日放送のノンストップでは
息子3人を東大に合格させたお受験ママ、佐藤亮子さんをスタジオに迎え
受験生の子供を持つ親がすべきこと、してはいけないことを教えてくれました。
佐藤流の受験3か条とは!?

スポンサーリンク

受験3か条

願書は親が書け

願書を書くのは時間がかかるため、その時間を勉強に当てさせます。
無駄な時間を与えないという方針のようです。

願書を書くことで
受験のモチベーションが上がるなどという精神論は論外ということでした。

受験で泊まるホテルは1年前から予約

受験当日は以外と雪が降ったりで電車が止まってしまうトラブルを避けるため、
大学まで歩いていけるようなホテルを早い段階で抑えておきます。
受験間際に取ろうとしても、近くのホテルは予約で埋まっていて取れない可能性が高いのです。
予約するだけならばタダなので、まだ志望校を絞っていない場合でも
片っ端から予約しておき、後でキャンセルをすれば良いということでした。

当日は親が学校の門まで付き添う

土地に慣れていない子供を1人で行かせるよりも
親も一緒に行って、子供をリラックスさせる為だといいます。

勉強に集中させる状況を徹底してつくることが大切だそうです。

受験生の親から質問

親もテレビ等を我慢する?

佐藤さんは我慢すべきという回答でした。
家族一丸で受験に挑むべき。
息子さんはリビングで勉強をしていたそうです。
その間佐藤さんは、同じリビングで本を読んだり新聞を見ていたそうです。

勉強をしない子供にプレッシャーをかける?

落ちたら就職するか、浪人なら自分で稼げとプレッシャーをかけることについて
佐藤さんは良くない、と言います。
褒めても、けなしてもダメだということでした。

受験での父親の役割は?

母親が受験で尽力するのはよくありますが、父親はどうあるべきかという質問でした。
一緒に教えたり受験に積極的に参加するか、見守るだけにしておくかということでしたが
佐藤さんは父親は見守るのみの方が良いと思います。
夫婦でどちらが受験の中心なのか、役割を決めておくそうです。

落ちた時の声のかけ方

事前に用意しておき、何百回も練習せよということでした。
佐藤さんは3男の受験の時に一番気を遣ったそうです。
落ちた時は親も子供もショックが大きく、そういうときは良からぬ事を言いがちです。
それを避けるためにセリフを考えておきます。
長すぎても短すぎてもダメだそうです。

 - ノンストップ