お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

ノンストップ今年の異常気象を過去と比較!

   

世界各地で発生する異常気象。
今年の異常気象を過去の例と比較し今後どのようになるのか考えてみました。

スポンサーリンク

過去と比較

1983年と1998年のときの大気の変動が2016年とほぼ一緒です。
というこは、その時に起こった異常気象と
ほぼ同じことが今年起きる可能性が高くなります。

過去の事例

1983年、1998年に 
ペルーで大雨による大洪水が発生しました。

1983年、1998年
インドネシアボルネオ島で空気が乾燥したことで
大規模な森林火災がありました。

1983年1998年
アメリカカリフォルニア州で大雨。

1998年 
東京で16年振りに10cmを越える積雪。
1983年
北海道では記録的な低温

日本での被害

1987年7月
島根県西部で1時間に91ミリの大雨が降り
山崩れや土石流、洪水が起こりました・

1998年8月
新潟県で車が走れないほどの浸水被害をだす大雨が降りました。
4日間降り続いた雨は265ミリにも達しました。

1998年8月
栃木県北部〜福島県で大雨による土砂崩れや浸水が発生しました。

異常気象の原因

エルニーニョ現象が起こっているためです。
さらに海水温の上昇幅が過去の異常気象時と
非常に似通っているそうです。

野菜価格の高騰が夏まで続く

白菜1/2カットが例年は100円ですが、156円
ブロッコリー 例年88円ですが238円
トマト 例年80円ですが135円
(生鮮市場アキダイ関町本店より)
というように野菜の価格が高騰しています。

日照時間短くなる

1983年と1993年には夏頃まで野菜が高騰していました。
日照時間が少なく、野菜の成長が遅かったためです。
そのデータから今年もそのような傾向になるのではないでしょうか。

桜が早い?

今年はもしかしたら桜が早めに咲くかも知れません。
しかし、エルニーニョによる不安定な天気が続くため
桜が咲いているのに雪が降るなんてこともあるかもしれません。

大雨の対策

今年も梅雨が長引き、大雨被害が起こる可能性が高くなります。
そのための対策を紹介します。

・自宅付近の氾濫しそうな河川を確認
・自宅付近の避難場所を確認

近所の図書館や自治体なので1983年と1993年の河川の氾濫などを
調べておくのも良いかもしれません。

しっかり備えて準備をしておきましょう。

 - ノンストップ