お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

[私の何がイケないの]更年期障害7つのチェック項目とは!?

   

2月22日の私の何がイケないの?は更年期障害を克服スペシャルでした。
アラフォー女性芸能人達が体の悩みを告白しました。

スポンサーリンク

更年期障害

主に45歳から55歳の閉経前の女性が
ホルモンバランスの乱れからくる身体的・精神的不調のことを
更年期障害と呼びます。

更年期に入った女性の約6割が
何らかの不快症状を抱えていると言われています。

その症状は

  • ほてり
  • 薄毛
  • 動悸
  • めまい

など、多岐に渡るため
見極めるのは困難です。

しかし、症状を自覚せず放っておくと
うつ状態になってしまうケースもあります。

アラフォー女性芸能人

  • 千秋
  • 西川史子
  • 光浦靖子(オアシズ)
  • 大久保佳代子(オアシズ)
  • 黒沢かずこ(森三中)

ほてり

光浦靖子(オアシズ)

光浦さんは30代に後半くらいから
仕事終わりに発熱するそうです。

家に帰ると治まり、また通常の生活をして、
仕事をして微熱が出てという生活です。

大久保佳代子(オアシズ)

体温調節ができないそうです。
顔だけ赤くなったりすることがあります。

軽度のホットフラッシュ

光浦さんも大久保さんも
軽度のホットフラッシュの可能性があります。

運動もしていないにもかかわらず
のぼせたり顔や首が熱くなってくる
更年期障害の代表的な症状のことを
ホットフラッシュと言います。

環境に左右されず突如訪れるのが最大の特徴です。

最悪のケースの場合、
洗い物をしている時に突然毛穴から大量の汗が
滝のように流れだす場合や
頭に血が上っている状態のため
少しの刺激で鼻血が出るケース場合もあります。

乾燥肌

光浦靖子

光浦さんは指先の乾燥による静電気に悩まされています。
家の鍵から火花が出ることもあるそうです。

西川史子

西川さんはスマホが動かないそうです。

黒沢かずこ

黒沢さんはスーパーの袋が開かないそうです。

大久保佳代子

大久保さんは新聞がめくれないそうです。
1面めくったら最後までめくれてしまうそうです。

ドライマウスやドライアイに注意

4人は更年期障害の可能性はありません。
しかし、乾燥には注意が必要です。

更年期障害の乾燥肌は
女性ホルモン・エストロゲンの減少が原因です。

その見分け方として、
指や顔など部分的なカサつきではなく
全身に乾燥の症状が起こります。

さらに、皮膚だけではなく口が乾いて
食べ物が飲み込めないドライマウスや
目が乾燥して開けていられないドライアイなど
粘膜系にも乾燥の症状が起こるのが特徴です。

体力の低下

千秋

千秋さんは歩道橋を急いで登ったところ、
足がガクガクに震え、歩けなくなったことがあります。
これは更年期障害とは関係なく、
ただの運動不足だそうです。

顔のたるみ

大久保佳代子

大久保さんはほうれい線のたるみが気になっています。

西川史子

西川さんはヒアルロン酸を打って改善しました。

エイジングストレスに注意

単なる老化現象であり、
更年期障害の可能性はありませんが、
老化に悩むことが更年期障害の症状である
エイジングストレスの原因になる可能性があります。

エイジングストレスとは
肌のシワ、たるみなど老化を受け入れらず、
不安におちいってしまう症状です。

抜け毛

光浦靖子

光浦さんは2ヶ月前から異常な抜け毛に悩んでいます。
髪を洗った時やふいた時に大量の抜け毛があるそうです。

黒沢かずこ

黒沢さんは黒粉を振るほどボリュームが無く、悩んでいます。

更年期障害による抜け毛の特徴

光浦さんも黒沢さんも更年期障害の可能性があります。

エストロゲンの減少の影響により、
抜け毛や頭皮コンディションが悪化することがあります。

更年期障害による
抜け毛の特徴はその抜け方にあります。
部分的に抜けていくのではなく、
髪の毛全体のボリュームが減っていきます。

そのため初期段階では対策が打ちづらく、
気付いたときにはかなり脱毛が進行しているケースもあります。

尿トラブル

光浦靖子

光浦さんは1日20回トイレ行っているそうです。
素振りも2回か3回あります。

黒沢かずこ

衝撃などで出てしまうため、
ここ10年尿漏れシートを使用しています。

階段の昇り降りだけでも尿漏れしてしまうことも

更年期障害による尿漏れは
エストロゲンの減少で尿道周辺を支えている
骨盤底筋が緩んでしまうことで引き起こされます。

症状が進むと歩いたり階段を昇り降りするだけでも
尿漏れしてしまうことがあります。

深刻な物忘れ

光浦靖子

眼鏡をかけているのにボケてる時、
ダブル眼鏡にすることがあります。

りんごなどを剥いて大事な方を捨ててしまうことがあります。

認知症との分類が重要

鍵をどこに置いたか分からなくなったり、
目当ての物を買い忘れたりするのは
更年期障害の典型的な症状です。

最も注意すべきは
更年期障害による物忘れと
認知症による物忘れの区別です。

トイレでの物忘れの場合、
その場で流し忘れにきづくのは
更年期障害に分類され、
トイレに行ったこと自体を忘れる物忘れは
認知症に分類されます。

イライラ

イライラは更年期障害の中で
言わずと知れた代表的な症状です。

相手に悪気が無いのに過剰にイライラしてしまうのが
更年期障害の特徴です。

大久保さんは計算している時間より
早く着くタクシーにイライラすることがあるそうです。

更年期障害によるイライラは自律神経が乱れ
感情のコントロールが効かなくなります。
今までは気にもとめなかったことに
イライラしはじめたら更年期障害の危険信号です。

イライラを溜め込まない女性は
更年期障害になりづらい傾向があります。

 - 健康