お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

[お笑い向上委員会]狩野英孝が「夕暮れ」を熱唱!

      2016/01/24

26日放送の「さんまのお笑い向上委員会」は
ゲスト向上芸人狩野英孝の3回目、
第33話「黒革の手袋」でした。

スポンサーリンク

さんまさんよりhydeを尊敬するな!

事務所の先輩ナイツが登場し、
愛のクレームを発表しました。

ナイツは狩野をお笑いではなく
ミュージシャンだと思って接しています。
そうすることでストレスにならないそうです。

狩野はhydeを尊敬

「hydeに会えば全員が虜になる」と豪語する狩野。
宮迫がDAIGOを介してhydeと仲良くなろうとして、
DAIGOにキレられた話を暴露します。
この模様はかつて行列のできる法律相談所で放送されていました。

狩野はhydeの凄さはその歌詞にあると言います。
お笑いに応用し、
「瞳奪われるだろ」
「無駄な時を奏でないでくれよ」
のツッコミを開発します。

狩野の営業

15分の営業のうち、
狩野は5分ネタ、残りの10分は歌を歌います。

「童謡をビジュアル系風に歌う」というネタらしいのですが、
翼をくださいを歌えば「童謡じゃない」とツッコまれ、
大きな古時計のチクタクチクタクの箇所を
ボイスパーカッションで歌えば、「ビジュアル系じゃない」とツッコまれます。

ストリートミュージシャン狩野

小田急線新百合ヶ丘駅でストリートミュージシャンをしていた狩野は
同時期にいきものがかりもストリートをしており、
いきものがかりよりも人気があったエピソードが披露されました。

その頃歌っていた「夕暮れ」を披露します。

オレンジの太陽 街を染めて
明日になればすべて 最初からはじめよう
おやすみ

僕たちは知らない 休むことを
暗闇の中さえ 目を開けている
おやすみ

ここでも夕暮れで寝てしまうことを「早すぎないか」とツッコまれます。

狩野の勘違い

宮迫が狩野のどんな笑いがあろうが、
どんな状況になろうが話を続けるところが悪いところと指摘します。

狩野がMCもできる、エピソードトークもできると思っていることは
勘違いだとツッコミます。

ナイツも狩野がマネージャに「若」と呼ばせて
勘違いしていることを暴露しました。

さんまが若い頃、
たけし→殿、さんま→若、欽ちゃん→大将
と呼ばれていました。

いいともでタモリは全国から募集して「チーママ」と呼ばれていたそうです。
1日だけしか呼ばれていないそうです。

狩野は若とは呼ばせていないと反論しました。

しかし、土屋は狩野がさんまが若い頃に乗っていた車種、
レンジローバーを買ったことを指摘します。

小島よしお謎の発言

「狩野の単独ライブが面白い」と謎の発言をしました。

ショートコント対決

ナイツがショートコント
(塙が泣いている格好になって)
「泣いてるんじゃないよ、毛穴をすごく見てるだけ」
を披露すると、ずんVSナイツのショートコント対決が開幕しました。

ずん
「忍法めがね残し」

ナイツ
(塙がダルマさんが転んだの格好になって)
「毛穴をすごく見てるだけ」

ここでホリケンも蛍原を連れて参加しました。
ジュニアやウドも乱入しましたが、
結局ナイツが優勝しました。

とろサーモン久保田がネタ披露

とろサーモン久保田が
世界にいそうでいない犬の犬種の名前を速攻で言える
というネタを披露しました。

「ウ」→ウーランパッカスパニエル、フランスの犬
「ハ」→ハーゼンコッツスペルカス、イタリアの犬
「ズ」→ズワワ

ズワワがウケました。

閉店ガラガラ

閉店ガラガラを勧められた塙が
内海桂子師匠のものまねをすると、
やすもあした順子師匠のものまねで応戦します。

最後はきれいに岡田がシメました。
「See you Next Year!」

 - さんまのお笑い向上委員会