お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

[キスマイブサイク]フレンチで役立つ大人デートマニュアルとは!?

      2016/10/13

5月16日のキスマイBUSAIKUのゲストは
アンジャッシュの渡部建さんでした。
ブサイクランキングのテーマは
いざという時に役立つ大人デートマニュアル
フレンチ編でした。

スポンサーリンク

いざという時に役立つ大人デートマニュアル

彼女が行きたがっていたフランス料理店でデートをします。
あまり馴染みのないフランス料理ですが、
メニューは大きく

  • 前菜
  • 主菜
  • スープ
  • デザート
  • サラダ

のジャンルに分かれています。

注文する際にどのメニューを
組み合わせるかができる男の見せどころです。

女性とのデートの場合、大人のマナーとして
3品のベストな組み合わせは以下です。

  • 前菜
  • 主菜
  • デザート

3位 横尾渉

横尾さんはメインを決めて
お店の人に聞きました。

種類 料理名 判定
1 前菜 仏産白アスパラガスを蒸しあげてソースべアルネーズ
2 主菜 仏産仔牛のロースト クレソンのソース
3 スープ お魚のスープ ×

3品のバランスは悪くありませんが、
デートならスープよりも
デザートの方が良いという評価でした。

横尾さんはフォークなどを落としたら
店員に任せるというマナーを勉強してきており、
それを実践しました。

2位 藤ヶ谷太輔

藤ヶ谷さんは魚をメインにしました。

種類 料理名 判定
1 前菜 色々野菜のテリーヌ仕立て
2 主菜 舌平目のボンファム風
3 デザート ラズベリーのクラフィティとヴァニラアイスクリーム

3品の組み合わせは大正解で、
メインを決めてから前菜を選んだのも
大正解でした。

藤ヶ谷さんは休憩中はフォーク・ナイフを
ハの字に置くというマナーを勉強してきました。
並べて置くと食事が終わったとみなされ、
料理が下げられてしまいます。

4位 宮田俊哉

宮田さんは前菜から選びました。

種類 料理名 判定
1 前菜 仏産鴨のフォアグラのポワレ トリュッフソース
2 主菜 仔牛胸腺肉の軽い煮込み モリーユ茸ソース
3 スープ オニオングラタンスープ ×

フランス料理でオニオングラタンスープは
夜食の雑炊のような料理です。
フォアグラ、牛肉と合わせると重すぎて
バランスが悪くなってしまいます。

宮田さんは残り少なくなってきたスープを
奥から傾けてすくうのがフランス式という
マナーを勉強してきました。

5位 北山宏光

北山さんはワインに合うにと
メニューを選びました。

種類 料理名 判定
1 前菜 オマールとトマトアルティショーのムースにパスティスのジュレ
2 主菜 海山豚肩ロースのロースト ニース風
3 前菜 仏産鴨のフォアグラのポワレ トリュッフソース ×

前菜は1つで十分です。
ワインに合う料理という選び方でしたが、
フランス料理の場合は
料理に合わせてお酒を注文するのが正解です。

北山さんはナプキンの折り目を自分側にして
ひざの上に置くマナーを勉強してきましたが、
これは間違いでした。

表面は汚さないようにし、
面積を広く使うのが正解でした。

6位 玉森裕太

玉森さんは店員さんに聞きながら
メニューを選びました。

種類 料理名 判定
1 前菜 自家製ハムとフォアグラ パセリゼリー寄せ
2 主菜 赤城はぐくみ和牛テールの柔らか赤ワイン煮
3 デザート 金柑のコンポートとチョコレートのアイスクリーム

ほぼお任せでオーダーしたため、
3品の構成は良いのですが、
食事は楽しい時間を共有することも大切です。

適当に決めるようでは大人デートとは呼べません。

玉森さんは緊張をほぐすために
マイ箸を持参しました。
フレンチに箸はNGなため、
評価を大きく下げました。

7位 二階堂高嗣

二階堂さんは読めないメニューを
適当に指をさして注文してしまいました。

種類 料理名 判定
1 前菜 鱒のミキュイ アルジャントゥイユ
2 主菜 真鯛のポワレ ソースアルベール
3 スープ オニオングラタンスープ ×

当てずっぽうで注文するのはお店に対して
大変失礼です。
大人としてのマナーがゼロで、
大変もったいないです。

お店側としてもこういった客には
料理を出したくないと思ってしまうかもしれません。

1位 千賀健永

千賀さんは事前に
ホワイトアスパラガスが旬であることを
リサーチしていました。

メニューにはありませんでしたが、
特別に作ってもらいました。

種類 料理名 判定
1 前菜 (裏メニュー)仏産アスパラガスを蒸しあげてソースベアルネーズ
2 主菜 赤城はぐくみ和牛テールの柔らか赤ワイン煮
3 デザ-ト チョコレートのテリーヌ仕立てとラズベリーのシャーベット

ホワイトアスパラガスという旬の食材の会話から
裏メニューを引き出したオーダーが素晴らしく、
野菜+肉+デザートのバランスが最高です。

お酒もメニューに合うものを
といった注文の仕方でした。

これぞ大人の注文です。

千賀さんは料理を食べた後に
飲み物を飲むときは一度
ナプキンで拭いてから飲むマナーを勉強してきました。

口元の汚れがグラスについてしまうと
フレンチではマナー違反になってしまいます。

ブサイクランキング

  • 1位 千賀健永
  • 2位 藤ヶ谷太輔
  • 3位 横尾渉
  • 4位 宮田俊哉
  • 5位 北山宏光
  • 6位 玉森裕太
  • 7位 二階堂高嗣

 - キスマイBUSAIKU!?