お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

[ホンマでっか]日本人が持つすごい能力!長寿大国の秘訣とは?

      2016/10/13

8月10日のホンマでっかTVでは
世界も驚く日本人の持つスゴイ能力が特集されていました。
日本人が世界一長寿である秘訣や
日本食に秘められたすご過ぎるパワーなどについて
ホンマでっかな情報が紹介されていました。

スポンサーリンク

なぜ日本人が長生きなのか

今年4月の毎日新聞に
日本人が世界一長寿なのは
特有の腸内細菌のおかげであるという
記事が掲載されました。

日本人の腸内細菌環境は変わっている

大腸には約1000種類の腸内細菌が
数百兆個あると言われていますが、
日本人の腸内細菌環境は変わっており、
ビフィズス菌が多く、
炭水化物やアミノ酸などの分解・吸収能力に
長けているといいます。

炭水化物を分解すると水素ができますが、
日本人はその水素を使って
酢酸をたくさん作ります。

酢酸は栄養になるので吸収されますが、
外国人は炭水化物がメタンになるそうです。
メタンは役に立たないので、
吸収されることはありません。

昔から日本人のゲップの中には
メタンが少ないことが知られていました。

日本人だけが海苔を消化できる

海苔を消化できるのは日本人だけと言われ、
日本人は昔から生海苔を食べていたため、
腸内に消化できる最近を持っていると考えられています。

焼いた海苔であれば、
外国人も消化できるそうです。

新生児は腸内細菌を持っておらず、
母親等から細菌をもらうため、
先祖代々の腸内細菌が伝わっていきます。

みそ汁が世界的健康食

日本人が昔から飲んでいるみそ汁が
健康食として世界的に最も注目を集めています。

みそ汁は日本人が発明したものと言われており、
現代の栄養学で驚異的な健康効果が注目されています。

みそ汁を飲む回数が多い人は

  • 胃がんによる死亡率が低くなる
  • 乳がんや前立腺がんの予防にも効果がある
  • 肺がん、肝臓がん、大腸がんの発がん抑制効果がある

という研究結果があります。

みそ汁に含まれるゲニステインという成分が
がんの進行を抑制する効果が期待できます。

また、みそ汁に含まれるメラノイジンという成分は
細胞のがん化の活性を抑制すると考えられています。

味噌が原爆症を抑えた

長崎に原爆が落ちたとき、
爆心地からすぐ近くにあった病院にいた
秋月辰一郎医師は被ばくした当時、
病院に味噌を大量に貯蓄していました。

その味噌を患者さんや職員達に大量に食べさせたところ、
一人も原爆症を発症しなかったそうです。

こういった歴史から、チェルノブイリ原発事故の時には
ヨーロッパから日本に味噌の注文が大量にあったといいます。

また、みそ汁の他にも日本特有の食文化として、
1日たった2杯の緑茶が認知症のリスクを
約65%減らすという研究データもあります。

漢字の熟語の多くは日本人が作った

漢字は中国から渡ってきて
日本で使われていると考えられていますが、
中国で使われている熟語の半分以上は
日本から中国に渡ったといいます。

  • 国家
  • 国会
  • 自動車

など、割と最近できた熟語は明治初期に
西洋の言葉を翻訳する際に作られた和製漢語です。

日本人の脳の言語野は特殊

アメリカ人が単純明快にアルファベットだけを
覚えればよいのに対し、日本人は

  • ひらがな
  • 漢字
  • カタカナ
  • ローマ字

を覚えなくてはなりません。

日本は言葉の使い分けが多いため、
日本人の脳は特殊であると考えられています。

日本人で脳の一部が梗塞を起こすと、
漢字だけ読めなくなるといった症状もあるといいます。

日本人は頭が良い

ひらがな・カタカナは英語系の脳領域が処理をしており、
漢字は画像系の脳領域が処理をするため、
欧米人よりも日本人の脳の方が
活性化しやすいといいます。

世界的に見ても
日本人は頭が良いと考えることもできます。

スポーツの分野では日本人は
長距離走が割と強いことが知られていますが、
超長距離走はもっと強いと言われています。

5000mから10000mはあまり強くなく、
マラソンではよくメダルを取ります。

陸連に公認されている100kmマラソンの
世界記録保持者は男女共に日本人です。

発汗機能が発達

超長距離走が強い理由の1つとして考えられるのが
日本は多湿のため発汗機能が発達しているということです。

長い距離を走るときには
体温を上げないことが大事であるため、
この発達した発汗機能が体温上昇を抑えるのに
有利であるというわけです。

ピッチ走法

もう1つの理由として考えられるのは
日本人は足が短く、
ピッチ走法の選手が多いからであるということです。

ピッチ走法は小股であるので足への衝撃が少なく、
長距離に有利になります。

日本人の技術がすごすぎるせいで禁止ルールに

日本人の技術がすごすぎるせいで
禁止となった例がいくつもあります。

1956年の古川勝選手は水泳の平泳ぎで
50mほど潜水して泳いだそうです。

この潜水により金メダルをとることができましたが、
即座に禁止とするルールができました。

鈴木大地さんも潜水で長距離を潜水して
金メダルをとりましたが、
すぐに禁止となってしまいました。

バタフライでも青山綾里選手が
長距離の潜水により
世界選手権で銀メダルをとりましたが、
禁止ルールになりました。

日本の技術が輸出禁止に?

アメリカとソ連が技術競争をしていた際に
ソ連の潜水艦のスクリュー音が突然小さくなった時、
アメリカはこんな加工をできるのは
日本人ではないかと考えました。

アメリカが日本を調査したところ、
実際に日本の工作機と判明し、
政府を通じて輸出禁止となったことがあるそうです。

日本人は世界的に優しい性格

  • アメリカ
  • 日本
  • 中国
  • イギリス

の人に喜怒哀楽の感情があるドラマを見せ、
一週間後にどういうシーンを覚えていたかを
質問するという実験を行ったところ、
日本以外の人は楽しいシーンなどを答えましたが、
日本人は主人公が寂しそうだったシーンと答えたそうです。

日本人は他人の悲しさや寂しさが
強く印象に残る民族であると考えられます。

海外のジャーナルではその理由として、
日本人は地震や災害を多く経験したことで
支え合う精神がDNAレベルまで組み込まれている
と考察しているそうです。

日本人の笑顔はバラエティに富んでいる

同じ理由から外国人に比べて
日本人は本心で笑うことが多いとも言われています。
また、日本人の笑顔ほど
バラエティに富んだ笑顔はないと言われています。

アメリカなど大陸の国民の笑顔は
友好や喜びの表現が多いそうですが、
日本人は友好や喜びに加え、
敬意を表す時に微笑み、失敗した時に笑います。

大陸では多くの民族がいるため、
友好関係が大事になってきますが、
日本は島国のため上下関係が大事になってきました。

そのため笑顔で尊敬などの意味も表すようになったと
考えられています。

日本食が驚異的な体力に?

日本食しか食べていなかった時代の
日本人の体力は驚異的だったといいます。

明治初期に東京大学に招へいされたドイツのベルツ博士は
夏の夜に東京から日光(110km)を旅行した時に
6回馬を乗り換えて14時間かかりまいした。

同じ時間に東京を旅立った52kgの日本人を
1人の車夫が引っ張り、
14時間半で走破してしまったそうです。

これに驚いたベルツ博士はドイツの最新の栄養学に則り、
肉を食べさせたらどれだけスゴくなるかを実験しました。

その車夫は普段

  • 玄米
  • 梅干し
  • 味噌大根の千切り
  • たくあん

を食べていたといいます。

実験の結果、人力車を40km引っ張ったところ、
3日でダメになってしまった車夫は
「お願いですから元の食事に戻してください」
とお願いしたといいます。

そして元の食事に戻すと
また驚異的な体力を発揮したといいます。

当時の食生活環境が身体にベストな
適応をもたらしていた可能性が考えられ、
現代の日本人に対しても
同じ結果が得られるかどうかは分からないそうです。

 - ホンマでっかTV