お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

土井善晴が教えるお鍋の正しい食べ方!初耳学で紹介!

   

2月21日の林先生が驚く初耳学に土井善晴先生が出演し、
日本人が今、知っておきたい和食の話で
お鍋に関する初耳学を紹介しました。
お鍋の美味しい作り方とは!?

スポンサーリンク

お鍋に具材を全部同時に入れるのは間違い!

冬にぴったりな料理であるお鍋は
具材を全部入れてふたを取ったら出来上がり、
さあ食べようかというのが世間一般の食べ方です。

しかし、お鍋に具材を全部同時に入れるのは間違いです。

nabe1

お鍋の起源

「お鍋」は豚汁などの「汁物」と味わい方が異なります。
お鍋の起源は汁を楽しむのではなく、
食材の灰汁を抜いて食べることです。

お鍋の正しい作り方

鶏肉など、骨がついている者から先に入れ、
出汁のベースを作ってしまいます。

最後は入れた具材全てをよそって食べます。

食材を最高の状態で食べる

最初に全部具材を入れてしまうと
それぞれの食材にとって一番美味しい状態を逃してしまいます。

大切なのは食材を最高の状態で食べることです。
一気に具材を入れると食材の味を損ねてしまいます。

日本人とお鍋の関係

日本人とお鍋の関係は古く、
その起源は縄文時代です。

当時、茹でて灰汁を抜く調理法が普及し、
食材の幅が広がりました。

毒を持っている植物の灰汁抜きをして食べるということが
日本の食文化の土台になっていると考えられています。

「一気に投入」は豚汁の食べ方

全食材を一気に入れて食べるという食べ方は
汁物の豚汁のような食べ方であって、鍋ではない
と土井先生は言います。

鍋料理と汁物は味わい方が根本的に違っています。

汁物は豚汁のように旨味がしみ出た汁を味わう料理です。
鍋料理は灰汁を取りながら出汁をしみ込ませ
食材の味一つ一つを堪能する料理です。

シメの雑炊も絶品に

正しい鍋の食べ方をすると出汁が濁らないため、
シメの雑炊もおいしく食べられるそうです。

 - 林先生が驚く初耳学