お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

[初耳学]乳幼児に被害を与える三次喫煙!その対策とは

      2016/01/15

27日の初耳学は
「2015年、林先生が驚いた10大ニュース」でした。
アメリカの研究で血圧目標が120未満と出た
ことについて取り上げられました。

スポンサーリンク

アメリカの研究で血圧目標が120未満へ

脳卒中や心臓病の原因ともなる
動脈効果を引き起こす高血圧ですが、
従来は診療の指針として最高血圧の目標値を140としてきました。

今年9月アメリカの権威ある医療機関、アメリカ国立心肺血液研究所が
心臓病リスク軽減の重大な結論として数値の引き下げを目指すことを発表しました。

新たな目標値を120にすべきとしました。

最高血圧を140から120に減らすことにより、
死亡のリスクが25%減少したデータも合わせて発表しています。

日本人の高血圧患者

最高血圧の目標値を120未満とすると
日本で高血圧患者に含まれてしまう人は4割も増加します。

日本の今後のガイドライン設定にも影響が予想されます。

近頃覆った健康の常識

2020年の東京オリンピックに向けて課題となっているのが
日本の喫煙事情です。
年間12万8900人もの人がタバコが原因で
命を落としているとも言われています。

特に申告なのが副流煙による二次喫煙の被害です。
副流煙には200種類以上もの有害物質が含まれています。

近年報告されている三次喫煙とは

タバコから発生する粒子状物質タールの霧が
洋服や髪の毛、口や気管の粘膜に付着して、
それが禁煙の場所に持っていかれると、そこで三次喫煙が発生します。

三次喫煙とは喫煙の場所にいなくても
そのような有害物質を洋服や髪の毛から取り込んでしまう被害です。

この三次喫煙による被害は対策しにくい特徴があります。
例えば飲食店の禁煙席でも夜は喫煙席だったり、
ホテルの禁煙室でも数年前まで喫煙室だったりすると
まだタバコの有害物質が残っている可能性があります。

三次喫煙が乳幼児に影響している

赤ちゃんがまだハイハイしている時期には
カーペットやソファーの上を這いまわり、
発生源の近くに顔があるので大人よりも大きな影響を受けます。

また、赤ちゃんの呼吸数は大人のおよそ2倍もあるので、
タバコの有害物質を更に多く体内に取り込んでしまいます。

三次喫煙を防ぐ方法

タバコの主な有害物質であるタールは
台所のベタベタと同じで油汚れ用の洗剤で選択すれば落ちやすいです。

一番有害物質がこびりついているのは手です。
手をしっかり洗うことで三次喫煙の被害を最小限にくい止めることができます。

 - 健康