お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

[初耳学]チュロスがギザギザの形をしている秘密とは

      2016/01/15

27日の初耳学は
「2015年、林先生が驚いた10大ニュース」でした。
USJの単月の入場者数がディズニーを超えたことが
取り上げられました。

スポンサーリンク

USJの入場者がディズニー超え

2015年10月、USJの単月入場者数が過去最高の175万人超えを記録しました。
対する東京ディズニーランドは160万人だったことから
一月あたりの入場者数で2001年の開業以来、
初めてUSJがディズニーランドを超えました。

ディズニーか、USJか

1位、2位に入ることが重要で
どっちにしようという状況を作った時点で勝者です。
林先生はディズニーと並ぶという状況を作ったことが
すごいと考えています。

No12(ワンツー)戦略

エジソンが作ったアメリカの巨大複合企業GE社の
最高経営責任者を務めた実業家、ジャック・ウェルチという人がいます。

GEの経営が厳しくなった時に大リストラをやりました。
40万人いた社員を30万人リストラしました。

GEはいろんな分野に手を出していたのですが、
No12戦略といって、その分野で1位か2位になっている分野だけを残し
3位以下の分野を切り捨てました。

それで会社が立て直りました。

そのジャンルで1位か2位になっていかないと
これからの厳しい世の中では生き残っていけない、
という戦略です。

USJで光る職人の技

ディズニーランドと双璧をなすUSJには
アトラクションだけでなくプロ達による緻密な計算があります。

ハリーポッターエリアのホグワーツ城は
その迫力を最大限に引き出すため、
太陽の1日の動きを計算して
その陰影が最も効果的になる位置に建設されています。

1930年代のアメリカの街並みを再現したニューヨーク・エリアにある
錆や汚れは美術スタッフが絵の具で書いたものです。

チュロスにギザギザがなかったら爆発する!?

遊園地で食べるお菓子の定番といえば、ポップコーンとチュロスですが、
チュロスにギザギザがないと爆発してしまいます。

チュロスは小麦と油脂を練り合わせて揚げますが、
早めに表面が揚がってしまいます。
中心部では温度が上がりきらず、水分が残っています。

高温の油が中心部に残った水分に触れると
チュロスは破裂しやすくなります。

早めに水分が逃げられるようにギザギザに作られています。
あの形はオシャレというだけではなく、調理上の都合があります。

 - 林先生が驚く初耳学