お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

[初耳学]二重あごを撃退する効果的なストレッチとは

      2016/01/15

27日の初耳学は
「2015年、林先生が驚いた10大ニュース」でした。
中国人の爆買いについて取り上げられました。

スポンサーリンク

中国人の爆買い

円安の影響で日本に多数の中国人旅行客が来て、
大量に商品を買う「爆買い」が話題になりました。
炊飯器、魔法瓶、温水便座など、家電製品を中心に
今年だけで1兆円以上を爆買いしました。

関連記事:[ノンストップくらべるニュース]爆買いの昔と今を比較

中国の旧正月「春節」

特に2月18日からの1週間で
中国人45万人が来日1140億円を爆買いされました。
今年の特徴は化粧品の爆買いでした。

成城石井

日本人もチアシードやキヌア、ココナッツオイルなど
ちょっと高級な美容に関する食材を食べるようになった年でした。

以前に比べてそういったブームが広がるスピードが早まったように
林先生は考えます。
その流れの一つの重要なキーワードが「成城石井」と考えています。

テレビで情報が流される
→それを成城石井が売る
→インターネットで広がる
といった新しい商品の流れが出来てきています。

枕の選び方を間違えると二重あごになる?

標準的な体型でも
枕選びを間違えると二重あごになることがあります。
二重あごになってしまうのは柔らかい枕です。

硬い枕と比べると、柔らかい枕は頭が沈み込みます。
そうなると前の筋膜が伸びてしまいます。
ゴムが伸ばされてしまうので力が弱くなってしまいます。
これが二重あごになる原因です。

高い枕も二重あごになる原因です。
高い枕はあごが下向きになり
気道が圧迫され、血液やリンパの流れが悪化します。
むくみやたるみを引き起こし、
二重あごの原因になります。

バスタオルで二重あご撃退枕を作る

バスタオルで二重あご撃退に最適な枕を作ることができます。
バスタオルを4つ折りにします。
6つ折りしたタオルを2〜3枚重ねます。

あごを伸ばすストレッチは逆効果

美容雑誌などで
あごを上げてたるみを伸ばすストレッチ
が推奨されていることがありますが、
これは逆効果です。

伸びたゴムを更に伸ばすことになりますので、
時間が経つと二重あごが更にひどくなります。

効果的な二重あご撃退ストレッチとは

両手を後頭部に置きます。
あごをのど元に付くように引いて5秒キープします。

この動きを1日に3回、2週間続けると
伸びきってしまったあごの下の筋膜が鍛えられ、
二重あご解消の効果が期待できます。

 - ダイエット