お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

山口百恵引退の真相!さよならコンサートを地上波初放送!

      2016/01/15

26日、たけし&安住が贈る!「伝説の芸能60年史」が放送されました。
番組冒頭では1980年の山口百恵引退後、
地上波で初めてさよならコンサートの模様を放送しました。

スポンサーリンク

山口百恵

14歳でデビューし、またたく間にトップアイドルになりました。
7年間の芸能生活で発表したシングルは33枚。
アルバムと合わせて1623万枚を売り上げました。

三浦友和と結婚し、芸能界を引退

人気絶頂のなか、
人気ドラマ赤いシリーズでゴールデンコンビと呼ばれた
三浦友和との結婚を機に芸能界からの完全引退を発表しました。

自宅にはファンが押し寄せ、
近くの電柱には祝福のメッセージが書き込まれました。

さよならコンサート

1980年10月5日、
当時21歳でさよならコンサートを行いました。

デビュー当時から数多くの山口百恵の舞台を手がけ、
さよならコンサートの台本も書いた
構成作家・演出家、宮下康仁さんが番組に出演しました。

百恵本人が曲順や衣装を決め、
演出にも強いこだわりを見せました。
台本には彼女の思いのすべてが反映されました。

番組では1980年引退以降、地上波では初めて
さよならコンサートの映像を流しました。

コンサートは3部構成で、
それぞれ歌手山口百恵が辿った人生の軌跡を
歌で綴る内容となりました。

第一部は原点

故郷横須賀をテーマにしたヒット曲メドレー

  • This is my trial(私の試練)
  • 横須賀サンセット・サンライズ
  • I CAME FROM 横須賀
  • プレイバック Part1
  • プレイバック Part2
  • 絶対絶命
  • イミテイション・ゴールド
  • 愛の嵐
  • 夢前案内人
  • 謝肉祭
  • 横須賀ストーリー
  • 「スター誕生」AGAIN

第二部はアイドル

デビュー曲としごろを含む懐かしい曲をラインアップ

  • ひと夏の経験
  • 禁じられた遊び
  • 冬の色
  • 湖の決心
  • 春風のいたずら
  • 青い果実
  • としごろ
  • ロックンロール・ウィドウ

第三部は伝えたい事

ファンに伝えたいメッセージ
中でも百恵がこだわっていたのは「曼珠沙華」でした。

ヒット曲ではないこの歌を通じ、ファンに伝えたかったのは
「歌を歌い続けるか」「人を愛するか」それを両方一緒にはできない
ということでした。

最後の曲「さよならの向う側」の台本には
何も書かれていませんでした。
普通のコンサートでは書いてあることが多いそうです。

  • いい日旅立ち
  • 一恵
  • 曼珠沙華
  • 秋桜
  • イントロダクション・春
  • 不死鳥伝説
  • 歌い継がれてゆく歌のように
  • さよならの向う側

山口百恵は「さよならの向う側」の前に
「私のわがまま許してくれてありがとう。幸せになります。」
と語りました。

 - お得情報