お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

糖分が筋肉を増強!?ガッテンが意外な筋力アップ法を紹介!

   

4月20日のガッテンは効率的な
筋肉アップ術について特集しました。
3月に21年続いた「ためしてガッテン」が終了し、
リニューアルされてから2回目の放送となりました。
筋肉アップ効果が期待できる意外な成分を紹介しました。

スポンサーリンク

筋肉の健康効果

筋肉が増えると免疫力がアップして
がん細胞などをやっつけてくれます。
さらに、認知症を予防する効果もあります。

筋肉はたくさんの水分を保持してくれるので、
熱中症になりにくく、
また、たくさんの熱を生み出してくれるので
冷え性になりにくい効果もあります。

筋肉が生み出すホルモンは
認知症や糖尿病を防いでくれるという
研究もあります。

ガッテンでは効率良く筋肉をアップさせてくれる
とっておきの方法を紹介しました。
それはある食べ物を食べることでした。

出演者

  • 立川志の輔
  • 小野文惠
  • 柴田理恵
  • 上島竜平
  • 指原莉乃

たんぱく質

筋肉をつける食べ物の1つ目は
たんぱく質です。

たんぱく質は魚や肉、牛乳などに含まれており
筋肉の材料になる成分です。

マシュマロ?

インドのニューデリーから
車で1時間の場所に
筋肉村とも呼ばれるアソラ村があります。

ここで暮らす男の多くがムキムキで、
警備員やSPの仕事に引っ張りだこだそうです。

筋肉村の男の人は
食事でバナナを10本程食べます。

また、トレーニングの後に
おやつとしてキールを食べます。
キールは牛乳とお米と砂糖でできています。

バナナやキールと同様、
マシュマロにも含まれる糖分が
筋肉を増えやすくすると言います。

たんぱく質と糖分が合わさると、
筋肉の増えやすさを
倍増させてくれる効果が期待できます。

糖分とたんぱく質を同時に摂る

甘いものを食べて血液中に糖が入ると、
すい臓からインスリンが分泌され、
糖を脂肪として蓄えます。

運動後は疲労回復のため
筋肉が糖を欲しがり、
エネルギーとして蓄えます。

糖を摂るとインスリンが分泌されますが、
インスリンには筋肉が糖やたんぱく質を
取り込みやすくする働きもあります。

運動後30分以内に適度な糖と
たんぱく質をとることで、
筋肉が増えやすくなり、
疲労回復効果も期待できます。

筋肉でがん予防

札幌医科大学の鳥越俊彦教授は
グルタミンという筋肉が
生み出す白い粉を研究しています。

グルタミン

グルタミンは命の源とも言えるような
生命を維持する上で
非常に重要な成分と言えるそうです。

このグルタミンは筋肉からどんどん分泌され、
免疫力の源であるリンパ球を増やしてくれます。

筋肉をアップさせることで、
がんだけでなく
病気にかかりにくい体を作ることができます。

効果的な筋トレワザ

筋トレには効率の良い方法と
そうでない方法があります。

効率の良い筋トレ法

最もスタンダードな効率の良い筋トレは
10回が何とか上がるくらいで
10回上げきるトレーニングです。

トレーニングで筋肉に様々なストレスがかかると
筋肉は増えようとします。
ストレスがちょうどまんべんなく
かかるのが10回あげきるくらいだと考えられています。

1日たった3分でできるオススメ筋トレ

ガッテンでは具体的な筋トレ法として、
水を入れたペットボトルを丈夫なかばんに入れて
持ち上げる方法を紹介していました。

かばんの重さの目安は
1回目は普通にできるが、
3回目くらいから苦しくなる程度です。

腕のトレーニングは1日おきで
女性は4kg、男性は6kgくらいから
始めるのが良いということでした。

巻き尺で効果測定

効果のある筋トレができると
腕は1cmほど、足は2cmほど太くなります。
筋トレ前後に巻き尺で太さを測ることで
効果的な筋トレが行えているかを確認することができます。

 - 健康