お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

福山雅治がファン離れでSCOOP興行収入は?好感度ランキングは急落?

      2016/12/08

2016年8月度のテレビタレントイメージ調査が
視聴率調査会社のビデオリサーチ社によって発表され、
福山雅治さんの順位は16位という結果でした。
前回2016年2月度の調査では6位だっただけに
好感度が一気に落ちてしまったように見えます。
その理由は一体何なのでしょうか。

スポンサーリンク

2015年秋に吹石一恵と結婚

福山さんは2015年9月28日に
女優の吹石一恵さんと結婚したことを発表しました。

発表当時は「福山ショック」、「ましゃロス」などとも言われ
会社に行けなくなる女性達が続出しましたが、
2016年2月の段階では好感度6位だったので
結婚が好感度下落に直接影響したとは考えにくそうですね。

2016年8月末には妊娠を報告

2016年8月28日には吹石さんが妊娠しており、
2016年の冬に出産予定であることが発表されました。

好感度調査の時期は2016年8月なので
この調査が妊娠発表前に行われたのか、
妊娠発表後に行われたのか微妙ではありますが
妊娠発表で一気に好感度が下落というケースはあまりないと思いますし、
こちらも影響はあまりなさそうです。

結婚による損害額は40億円超?

とはいえ、福山さん結婚による事務所のダメージは大きく、
一部報道では損害額は40億円とも100億円とも言われています。

福山さんのタレントイメージも大きく変化しており、
以前は絶世のイケメンが下ネタを言うキャラクターがウケていましが、
最近では否定的な意見も多く見受けられるようになりました。

年齢的な要素もあるのかもしれませんが、
下ネタ発言の裏にはどうしても
吹石さんの影がちらついてしまうという点も否定できません。

離れてしまったファンはどこへ?

福山さんの元を去ってしまったファン達は
一体どこへ行ってしまったのでしょうか。

ネットでは同じ事務所の星野源さんや
イケメンのディーンフジオカさん、斎藤工さんらの名前が挙がっていました。

星野源

星野源さんは2015年頃からシンガーソングライターとして
急速に人気を拡大していましたが、ブレイクの決定的な要因は
2016年10月期放送のドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」への出演でした。

ドラマの視聴率は回を追うごとに右肩上がりで、
新垣結衣さんらと踊る通称「恋ダンス」は若者を中心に大流行しました。

「歌が歌えて演技もできる」という点は福山さんと共通し、
同じ事務所であることからも
福山さんのファンが星野源さんに乗り換えている可能性は高いのかもしれません。

note

2016年上半期はトラブル続き

2016年上半期に福山さんの身に起きたことを振り返ってみると、
さまざまなトラブルに巻き込まれています。

月9ドラマ「ラブソング」が歴代最低視聴率

4月から6月に放送された
月9ドラマ「ラブソング」で福山さんは主演を務めましたが、
平均視聴率は何と月9史上最低を記録してしまいました。

「ラブソング」のヒロインは当時まだ
ほとんど世に知られていなかった藤原さくらさんでした。

ドラマクランクイン前にはヒロインを決めるための
大規模なオーディションが行われましたが、
結局ヒロインに決まったのは福山さんと同じ事務所の新人、
藤原さくらさんであったため批判の声も聞こえてきました。

主演の福山さんがドラマの低視聴率の
原因の一端となったのかもしれませんが、
一方でヒロインの力不足やその決定方法にも
問題があったのかもしれません。

コンシェルジュが自宅侵入

5月には福山さんの自宅マンションの
コンシェルジュとして働いていた女性が持っていた合鍵を使って
福山さんの自宅に侵入するという事件が起きました。

侵入直後のコンシェルジュとすれ違った吹石さんは
大きな衝撃を受けたといいます。

当時はまだ発表されていませんでしたが、
吹石さんはこの頃すでに妊娠していたと思われるため
福山さんも相当に肝を冷やしたに違いありません。

下半期に入っても続いたトラブル

9月25日、26日に行われた福山さんのコンサートでは
キャノン砲から発射されたテープが女性スタッフを直撃し、
怪我をさせてしまうという事故が発生しました。

福山さんに非はないにしても結婚後相次ぐこういったトラブルによって、
何とはなしに好感度に少なからず影響が出てしまったのでしょうか。

事務所の傲慢も

中でも最も目をひいてしまうのが、
やはり月9ドラマの低視聴率です。

長らくドラマ業界を牽引し、「月9」というブランドを誇ってきた
フジテレビの月曜9時のドラマ枠ですが、
近年では低視聴率にあえいでします。

そんな中、ドラマ「ガリレオ」で高視聴率を記録した実績のある
福山さんを主演に据え、
テレビ局としてもスポンサー企業としても
大きな期待をかけて制作されていたことと思われます。

ところが蓋を開けてみればまさかの
月9史上最低の視聴率を記録してしまったわけです。

その背景には新人タレントを福山さんのバーターとして
ねじ込んだ事務所の傲慢戦略がありました。

主演映画「SCOOP」の興行収入

2016年10月1日には福山さん主演の映画「SCOOP」が公開されました。

普段は狙われる側の福山さんが
スクープを狙うカメラマンの役ということでも注目を集めましたが、
オープニング2日間の興行収入は1.5億円で
映画ランキングは4位という結果でした。

  • そして父になる
  • 真夏の方程式
  • 容疑者Xの献身

などが大ヒットしたことから鑑みれば、
物寂しい結果となってしまいました。

2016年の運勢が良くない?

好感度順位の下落も相次ぐトラブルの一端と考えれば、
2016年の福山さんの運勢が良くないという見方もできます。

しかし、長年に渡って人気俳優、人気歌手としての
地位を築き上げてきた福山さんですから
きっとまた好感度を取り戻し、
素晴らしいドラマや歌を届けてくれることでしょう。

 - お得情報