お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

[出川哲朗の充電]メイン曲のさすらいがスピッツ版の理由とは?

   

2017年4月からレギュラー化され、今や大人気番組となった
「出川哲朗の充電させてもらえませんか?」。
フジテレビのめちゃイケやNHKのブラタモリなど強力な裏番組がひしめく
土曜8時の激戦区にあって十分な存在感を誇っています。
番組内で流れる懐かしの名曲たちも人気の要因です。

スポンサーリンク

出川哲朗の充電させてもらえませんか?

出川さんの地上波初冠番組と銘打った特別番組、
「出川哲朗のリアルガチ」がテレビ東京で
初めて放送されたのが2014年の8月のことでした。

時を同じくして放送されたのが
「出川哲郎の充電させてもらえませんか?」の前身番組である
「充電させてもらえませんか?」でした。

その後何度か特別番組として放送されその度に大きな反響を生んだ
「充電させてもらえませんか?」は
2017年4月についにレギュラー番組となりました。

人情味溢れる出川さんの人柄が大人気

出川さんは長年リアクション芸人として、
はたまた抱かれたくない男として活躍してきましたが、
最近では好感度芸人として知られるようになっています。

その要因はこのご時世にあって視聴率20%を記録することもある
大人気番組「世界の果てまでイッテQ!」の影響が大きいかとも思いますが、
この「出川哲郎の充電させてもらえませんか?」で垣間見える
出川さんの人情味溢れる優しい人間性が要因の一端になっているものと思われます。

ある日の放送では長年営んできた薬局の閉店日に訪れた出川さんと
店主のお父さんとのやり取りが「泣ける!」と話題になりました。

懐かしのBGMも話題

出川さんの人柄に合わせて番組の人気を支えているのが
番組内で頻繁に流れる懐かしのBGMです。

それはジブリの曲やドラえもん、ジュリーやピタゴラスイッチなど多岐に渡ります。
その中でもテーマソングとしてたびたび流れるのが「さすらい」です。

さすらいは1998年に奥田民生さんが発表した大ヒット曲です。
しかし番組で使用されているのは奥田民生さんの「さすらい」ではなく、
スピッツが歌う「さすらい」なのです。
その理由は何なのでしょうか。

さすらいがスピッツ版なのはなぜ?

スピッツは2007年に発売されたアルバム「奥田民生・カバーズ」で
「さすらい」をカバーしています。

「さすらい」はその後2012年に発売されたスピッツのアルバム、
「おるたな」にも収録されています。

「出川哲郎の充電させてもらえませんか?」は
出川さんが充電式のバイクで全国を旅する番組ですので、
そのメインテーマとして「さすらい」はぴったりの曲です。

ただ、不思議なのはこの「さすらい」がスピッツの歌う「さすらい」なのです。
その理由は番組で特に言及されたことはありませんが、
想像するにビッグダディの影響なのかと思います。

2006年から2013年まで放送されていた「痛快!ビッグダディ」。
この番組のメインテーマだった曲が奥田民生さんが歌う「さすらい」でした。

「出川哲郎の充電させてもらえませんか?」の
イメージにぴったりだった「さすらい」ですが、
この「さすらい」はビッグダディのイメージが強いと考えたスタッフが
あえてスピッツが歌う「さすらい」をメインテーマにしたのではないでしょうか。

 - お得情報