お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

[ダッシュ海岸]アミが大量発生!マコガレイ・ヨコハマを捜索!

   

2月28日の鉄腕ダッシュはダッシュ海岸に
海のカンガルーこと、ニホンイサザアミが大量発生しました。
ニホンイサザアミを求めてダッシュ海岸に集まった魚を調査した他、
ヨコハマと呼ばれるマコガレイを求めてTOKIOが三番瀬へ行きました。

スポンサーリンク

ニホンイサザアミが大量発生

エビはお腹の中に1000個以上の卵を抱えますが、
アミはお腹からぶら下がった
「育児のう」という袋を持ち、数匹の赤ちゃんを育てます。

昭和30年代までは東京湾にたくさんいて、
アミをすくって佃煮にして夕飯で食べたりしていました。

しかし、高度経済成長期の水質汚染により、
その数は激減してしまいました。

生態系を支える重要な存在

アミの大群は体長15cmのメバルから
10mのジンベエザメの胃袋を満たす大事な食料です。

ダッシュ海岸にもアミの群れを追って
生き物が来ているはずです。

城島さんと山口さんは海にもぐって
生き物を探しました。

何種類もの魚を発見

アミメハギ

山口さんはアミメハギを見つけました。
アミメハギはマイペースな性格で、
山口さんが目の前にいても海藻を加えて眠ってしまいました。

クロダイ

大きくなれば60cmにもなる釣り人達の憧れである
クロダイもアミが大好きです。
聴覚に優れ、音に敏感なため釣りあげるのが難しい魚です。

干しナマコ

ナマコはアミを食べたクロダイやアミメハギが出した
食べかすなどのゴミを砂ごと食べて
砂だけをきれいな状態にして差し出す海のお掃除屋さんです。

別名、海の黒いダイヤと呼ばれ、
乾燥ナマコにすると1kg30万円位にもなります。

滋養強壮に効果がある栄養の固まりで、
中国では海参(ハイシェン)=海の朝鮮人参とも呼ばれる
高級食材です。

その中でも北海道産は世界最高級品と呼ばれていますが、
元々横浜は江戸時代から中国に輸出していた有数のナマコの産地でした。

ヨコハマ

横浜名物の中には他にも
学名でyokohamaという生き物がいます。

環境が悪くなったことでその数は激減してしまいましたが、
東京湾のさらに奥に、ヨコハマという生き物が生息する砂地が残っています。

TOKIOはヨコハマを探しに
千葉の三番瀬へ行きました。

水中カメラで捜索

水中カメラのうみなかみるぞう君で海底調査を行ったところ、
通称アカメと呼ばれるヒガンフグの姿がありました。

値段はトラフグに比べてお手頃ですが、
シコシコとした歯ごたえでトラフグに匹敵するほど美味しいそうです。

ヨコハマを発見

砂に潜ったヨコハマを発見することができました。
底びき網でヨコハマを引き上げました。

マコガレイ

ヨコハマはカレイの王様とも呼ばれるマコガレイです。
マコガレイは徳川歴代将軍も愛した
大きく丸々としたカレイで、
江戸前寿司では一貫800円ほどもする高級魚です。

築地では1万円程で取引きされています。

カレイの華麗なる進化

普段はエサが来るのを待ち構えるために
砂の中に潜り、目だけ出してエサを待ち伏せます。

平べったくなることで砂に潜りやすくなり、
目を片側に移動させることで180度以上見渡すことができます。

これがカレイの華麗なる進化とも言われています。

マコガレイを食べる!

千葉県市川市にある行徳漁協で
マコガレイを料理してもらいました。

  • マコガレイの薄造りエンガワのせ
  • マコガレイの煮付け

 - ザ!鉄腕!DASH!!