お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

[鉄腕ダッシュ]DASH海岸でスタッフを襲った危険生物とは!?

   

1月17日の鉄腕ダッシュでは
DASH海岸〜ドロの海を再生したい〜が放送されました。
スタッフを襲った危険生物とは何だったのでしょうか。

スポンサーリンク

横浜DASH海岸で事件が発生

スタッフの小笠原将さんの胴長に穴が空き、貫通していました。

掃除をしていた時に衝撃があったということです。

観測用定点カメラの映像が残っており、
ゴミの回収を始めた小笠原さんが急に「痛っ!」と言って倒れてしまいました。
くつ下が切れていましたが、足首は無事でした。

犯人はアカエイ!?

1時間経っても足首が腫れることがなかったため、
アカエイではなさそうです。

今後安全に作業をするため、
そして、せっかく出来上がってきた生態系に
悪影響を及ぼさないためにも犯人を特定する必要があります。

当日は3時間捜索しましたが、
それらしい生き物は見つけることができませんでした。

1週間後正体が判明

正体が分かったのは1週間後でした。
しかけておいた小型定置網の中に
全長50cmをゆうに超えているノコギリガザミでした。

大発見!

ノコギリガザミ東京湾での発見例は過去30年で7件のみです。
見つかれば新聞に掲載される程の大発見です。

国内のカニで一番力強いそうです。
その力はおよそ1トン。ワニの噛む力程だそうです。

生物の生態系を守るため、海に離してあげました。

海のギャングを捕まえたい!

城島さんは館山へ海のギャング
「なまだ」を捕まえに行きました。

つつんぼで捕まえる!

竹で編んだ1m20cmの円柱、つつんぼで捕まえます。
仕組みはうなぎ筒と同じです。

つつんぼの中にエサを入れて、海に投入。
においにつられてつつんぼの中に入るともう外には出られません。

エサはイワシのぶつ切り

エサは脂が多く、海の溶けてなまだを誘う
イワシのぶつ切りを使います。

潜水山口くん1号・2号を取り付ける

城島さんはイワシのぶつ切りを入れたつつんぼを海に放り投げました。
つつんぼの先と中に「潜水山口くん1号・2号」を取り付けて
なまだが入っていくところを撮影しようと試みます。

引き上げ

30分後、ウインチで引き上げたところ、なまだが捕まっていました。
なまだとは最大で1.3mにもなる危険生物の代表格、ウツボでした。
館山は相当の数のウツボがいて、ウツボ天国とも言われているそうです。

潜水山口くんを取り付けたつつんぼを引き上げると
ぐちゃぐちゃに噛まれていました。
撮影した映像を確認すると、
つつんぼに入っていくウツボの様子がしっかりと映っていました。

ウツボを食す!

ウツボは料理が難しいため、食べられている地域が少ないそうです。
まず塩をまぶしたウツボを海水でかき混ぜます。

ヌメリが取れたウツボを開き、たわしで洗います。
城島さんも体験していました。

刺し身を食べた城島さんは「すごい弾力」と話しました。

続いて鍋に入れて食べました。
だしは一切使わず、水だけで煮込みます。
強い旨味とコラーゲンが溶け出すそうです。

ウツボを焼いた、なまだの開きも食べました。
「これは美味しいなあ」と城島さんは驚いていました。

最後にはおしいいと思ってました?
思「うつぼ」ですね。とダジャレをかました城島さんでした。

 - ザ!鉄腕!DASH!!