お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

[あさイチ]スーパーでの袋詰やピーマンの肉詰が剥がれない方法!

   

3月15日放送のあさイチでは詰物の極意を放送しました。
スーパーでの袋詰、ピーマンの肉詰め、
スーツケースで服をシワにしない詰め方などを教えてくれました。

スポンサーリンク

スーパーでの袋詰め

スーパーでの袋詰めでのお悩みといえば

  • 卵が割れる
  • イチゴがつぶれる
  • 肉のドリップがこぼれる

などがあります。
これを解消できる詰め方を教えてくれました。

土台を作る

初めにしっかりとした土台を作ってあげることが大切です。

  • 牛乳は横向きに
  • パック飲料は横に倒した状態で袋に入れます。

  • 卵は18kgまで耐えられる
  • 割れやすい卵ですが、横からの衝撃には弱いのですが
    上からの衝撃には強いようにパックが設計されています。
    そのため袋の下の方に入れて、真上から圧がかかるようにします。

土台にするのものは「重くて、固い潰れにくいもの」がおすすめです。
ペットボトルや缶詰、砂糖や塩、玉ねぎなどです。

瓶の場合は下に置くと割れやすくなるので立てて入れます。

冷凍食品の注意

冷凍食品を詰めるときは、寒さに弱い食材は離すようにします。
お肉や魚などを挟むことで、保冷剤の役割も果たすので一石二鳥です。

冷凍食品の近くがNG

  • パン
  • なす

お肉パックの詰め方

複数個パック系の食品を買った時は
小さいパックを下に、大きいパックを上にして詰めます。

小さいパックを上に置いてしまうと
下の肉が潰れてしまいます。
するとドリップや変色の原因になってしまうのです。

いちごの詰め方

いちごのなど潰れやすい食品は
スーパーの薄いビニール袋に空気を入れるようにして
風船にしてから結びます。
するとクッションの役割を果たし、いちごが潰れません。

ピーマンの肉詰めが剥がれない方法

ポイントは種やわたを取らないことです。
種やわたは食べる事が出来るそうで
食感なども気になりません。
しかしヘタは固くて食べにくいので包丁で取り除きます。

肉種をワタの後ろまで押しこむように詰め込むことで
肉種が種やワタと絡み、はがれにくくなります。

スーツケースに入れた服をシワにしない方法

持ち手のバーによる凹凸を埋める

スーツケースの内側には持ち手のバーが格納されるため
凹凸があります。
その凹凸をキャミソールや薄手でシワになりにくい衣類を丸めて詰め
その上にクッションとなる部屋着などを乗せます。
その上にドライヤーや化粧ポーチなど重たい物を乗せます。

持った時に下にくるキャスター側に
重い物を詰めることで、重心が安定します。

洗濯ネットを使用

靴下や下着類などは専用の洗濯ネットに入れれば
女性の下着も型くずれしにくくまりますし、
帰ってきた時にそのまま洗濯できるというメリットもあります。

フタ側には洋服などを詰めていきます。
シワになりにくいものとなりやすいものを分けます。

シワになりやすいものを、まるめて上の方につめ
空いた下の方にシワになりにくい洋服をつめます。

シワになりやすいもの

綿素材のスカートやパンツ、プリーツのついたワンピースなどは
シワになりやすい服です。

まずスカートは裏返して、同じ幅になるように折ります。
パンツは折り目にそってたたみ
そして腰側から、くるくると丸めて行きます。
プリーツは、プリーツに沿った方向にまるめて行きます。

その洋服をスーツケースの上の方に縦にして詰めます。
(横に詰めると、運んだ時に上にきた洋服の重みで
せっかく丸めたスカートも潰れてしまいシワができやすくなります。)

シワになりにくいもの

セーターやカーディガンなどはシワになりにくいです。

 - お役立ち情報