お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

フライパンを長持ちさせる方法や復活させる方法とは!?

   

5月25日のあさイチ!ではフライパンを長持ちさせる方法を特集しました。
鉄と銅とアルミのフライパン買うならどれが良い!?
選び方のポイントなども紹介します。

スポンサーリンク

フライパンの寿命

アンケートの結果76%もの人が
アルミ製のフッ素樹脂加工のフライパンを使用されているという結果が出ました。
しかしフッ素樹脂加工は剥がれやすく
6割以上の人が1年ほどで買い替えをしているという実態も明らかになりました。

フライパンの種類

  • フッ素樹脂加工のフライパン
  • 鉄のフライパン
  • 銅のフライパン
  • セラミックのフライパン

フッ素樹脂加工のフライパン

フッ素樹脂にはマーブルコート(マーブル加工)や
ダイヤモンドコートなどがあります。
焦げ付きにくいという便利な面もありますが
フッ素樹脂加工が剥がれてしまうと、焦げ付きが発生し
寿命が比較的短いです。

鉄のフライパン

手入れが面倒なイメージを持つ方が多いかもしれませんが
お手入れさえしっかりすればとても長持ちし
料理も美味しく仕上がるのが鉄製のフライパンです。

炒め物や焼き物の料理などにおすすめです。
しかし焦げ付きやすいので初心者には扱いにくいという特徴があります。

銅のフライパン

熱を均一に伝えることが出来るので
だし巻き卵など、日本料理に使用することが多い素材です。

銅サビなどが発生するのでそれが苦手だという方も多いかもしれませんが
料理好きの間では銅製のフライパンは人気が高いそうです。

セラミックのフライパン

最近増えてきたのがセラミックのフライパンです。
焦げ付きにくく、耐熱温度も高いのですが
フッ素樹脂加工と同じでだんだんと使い難くなってきてしまいます。
しかしフライパン自体が白い物が多いので
お皿に載せた時のイメージなどをしやすいという特徴もあります。
すこし重ためというデメリットもあります。

選び方のポイント

安いフライパンを何度も買い換えるのあれば
鉄や銅ならば一度買えば10年20年と長持ちします。

重さやお手入れの方法など
自分にあったフライパンを選ぶことが大切です。

フッ素樹脂加工を長持ちさせる方法

そんななかでも一番身近で手軽なのが
フッ素樹脂加工のフライパンです。
フッ素樹脂加工が長持ちさせるためには
以下の点に気をつけてください。

  • 鉄製のヘラは使用しない
  • 火力は中火以下
  • 料理の作り置きをしない

フッ素樹脂は260度が耐熱温度だと言われています。
高温の状態でヘラで削ってしまうとフッ素樹脂加工が取れやすくなります。

また食材を入れっぱなしにすることを繰り返しおこなっていると
料理に含まれる酸がフライパンのアルミを剥がれやすくしてしまいます。

フッ素樹脂加工を復活させる方法

洗剤などでは取りにくい汚れを取り除くために
1週間に1度程度10分ほど煮沸します。

フッ素樹脂加工が剥がれたのではなく
汚れがついていてくっつきやすくなっている場合には効果があります。

フッ素樹脂の安全性

フッ素樹脂加工はだんだんと剥がれてしまうということで
料理と一緒に体内に入ってしまうことが懸念されますが
内閣府食品安全委員会が発表していいる
フッ素樹脂の安全性についてしらべてみると特に人体への影響はないということでした。

・万が一体内に入っても吸収されることはなく
人体には影響を及ぼすことはありません。

・熱し過ぎると(300度以上)有害な蒸気が発生する場合がありますが
普通に調理する場合には問題ありません。

・空で3分以上は加熱しない。

 - お役立ち情報