お笑い観測所

お笑いや芸能ニュースについて書いています。

夏目三久妊娠中の報道は誤報?有吉と破局?謝罪記事の裏側とは?

   

8月24日、日刊スポーツはお笑いタレントの有吉弘行さんと
フリーアナウンサーの夏目三久さんが交際しており、
夏目さんは妊娠中であることを報じました。
しかし、11月24日にはこの報道が誤報であったとして、
日刊スポーツは謝罪記事を掲載しました。

スポンサーリンク

出会いのきっかけは怒り新党での共演

有吉さんと夏目さんの出会いのきっかけは
「マツコ&有吉の怒り新党」での共演です。

怒り新党は2011年4月5日から始まった
トークバラエティ番組です。

夏目さんが視聴者からの投稿メールを紹介し、
有吉さんとマツコさんがメールの内容について討論します。

芸能界でも指折りの曲者である
有吉さんとマツコさんからはしばしば
過激な発言が飛び出すこともあり、
それを巧みにかわす夏目さんの話術が
大変な人気を博していました。

夏目三久

夏目さんは2007年に日本テレビにアナウンサーとして入社しました。
入社直後から昼の帯番組「おもいッきりイイ!!テレビ」を担当し、
日本テレビ開局55年プロジェクトのキャンペーンガールに抜擢され
CDデビューまで果たすなど、順調に人気を獲得していきました。

週刊誌「FLASH」によるスキャンダル報道

順風満帆にキャリアを積んでいた夏目さんでしたが、
2009年に週刊誌「FLASH」に
夏目さんの元彼との親密な写真が掲載されてしまいます。

アイドルアナウンサーとして売り出されていた夏目さんは
これにより大きなイメージダウンは避けられず、
追われるようにして日本テレビを退社します。
2011年1月31日付けでの退社でした。

怒り新党に抜擢される

怒り新党が始まったのは2011年4月5日でした。
夏目さんが日本テレビを退社した直後ですね。

怒り新党は夏目さんが日本テレビを退社してから
初めてのレギュラー番組であり、
他局への出演も初めてのことでした。

スキャンダルによって干されるような形で
日本テレビを辞めなければならなかった夏目さんにとって
まさに千載一遇のチャンスだったと言えると思います。

今年3月に怒り新党を卒業

夏目三久さんは2016年3月30日の放送をもって、
「マツコ&有吉の怒り新党」を卒業しました。

夏目さん、有吉さん、マツコさんの3人の絶妙な掛け合いが
大きな見所の一つであったため、
ネットからは卒業を惜しむ多くの声が聞かれました。

「今の私があるのも、この番組のおかげだと言い切れます」

怒り新党は深夜の放送にも関わらず
10%以上の視聴率を獲得するなど、
瞬く間に人気番組となりました。

それに伴い、夏目さんもフリーアナウンサーとしての地位を確立し、
その後は日本テレビ「真相報道 バンキシャ!」や
TBS「あさチャン!」にレギュラー出演するようになりました。

夏目さんは怒り新党卒業に際し、

「今の私があるのも、この番組のおかげだと言い切れます」

とコメントしていました。

どん底にいた夏目さんを救ったとも言える怒り新党ですから、
夏目さんのコメントにも納得できますね。

怒り新党卒業の理由は?

惜しまれながら怒り新党を卒業してしまった夏目さんですが、
卒業の理由は一体何なのでしょうか。

トラブル?不仲?

卒業の理由としてまず考えられるのは
最近では「開運!なんでも鑑定団」の石坂浩二さんのように
何らかのトラブルや番組関係者との不仲です。

しかし、ネット記事によれば
夏目さんは今後もスペシャル放送などには出演するとされています。

トラブルが原因の場合であれば
スペシャル回であっても出演することはないと思います。

なので卒業理由はトラブルではなさそうですね。

制作費削減?

もう一つの卒業理由として考えうるのが
制作費の削減です。

スポンサー離れが深刻化する昨今のテレビ業界では
制作費や出演者のギャラの削減を進めています。
夏目さんはもはや指折りの人気フリーアナウンサーであるため、
制作費の削減のため、卒業となったのかもしれません。

スペシャルの時は普段よりも制作費が使えるため
夏目さんを出演させることができる、
ということなのかもしれませんね。

有吉との交際

今になって思えば、夏目さんの怒り新党卒業には
有吉さんとの交際が影響していのかもしれませんね。

ネプチューンの名倉さんも「銭形金太郎」で共演していた
渡辺満里奈さんと結婚し、
その後渡辺満里奈さんは番組を卒業しています。

芸能界には共演者同士が結婚すると
どちらかが卒業せざるをえないという
不文律があるのかもしれませんね。

有吉との交際報道

8月24日、日刊スポーツが夏目さんと有吉さんの熱愛を一面で報じました。
同日に「あさチャン!」に生出演した夏目さんは一切コメントすることはなく、
双方の関係者は「事実無根」とこの報道を完全否定しました。

有吉さんは自身のレギュラー番組、有吉反省会にて
「これを狐につままれたような気分というのか」
とコメントし、やはり報道を否定していました。

誤報を謝罪

人気者同志の熱愛報道にネットは一時騒然となりましたが、
続報がないまま時間だけが過ぎていきました。

そして11月24日、日刊スポーツは突如

一連の記事には事実と異なるところがありました。
この記事を契機に流されたさまざまな臆測を含め、
夏目さんには深刻かつ多大なご迷惑をおかけいたしました。

といった謝罪記事を掲載しました。

謝罪記事の裏側

謝罪記事の中で日刊スポーツは夏目さんに対して謝罪していますが、
有吉さんに対しては謝罪していません。
そこには夏目さんの所属事務所が大きく関連しているようです。

今回の夏目さん有吉さんの交際報道は日刊スポーツでは大きく報じられたものの、
ワイドショーなどではほとんど扱われることはありませんでした。

夏目さんの所属事務所である田辺エージェンシーは
芸能界で大きな力を持っていると言われています。

テレビで扱われなかったのは夏目さんの事務所が
各局にかん口令をしいたためと考えられます。

日刊スポーツが謝罪記事を掲載せざるをえなかったのも
夏目さんの事務所の力によるところが大きいといえます。

交際は事実、でも別れさせられた?

一部報道では
「過去に交際の事実はあったが別れさせられた」
との情報もありました。

この情報が真実なのかどうかは分かりません。
仮に真実だったとして、
別れざるをえなかったのが交際報道よりも前なのか後なのかは
定かではありません。

とはいえ大手メディアである日刊スポーツが
謝罪までしなければならなかった裏には
一般には知りえない芸能界の力学が働いているように思えてなりません。

 - お得情報